The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

AKIYAMAさんの講義 下

2016-10-31 05:08:32 | 世界経済
      
 外人部隊が息を殺している、
 「かわいいだけの少女が さまざまの試練を経て 一人前の女性になる」
 「これこそが 錬金術なのですよ」

 「ニッポンには 女性がいいない」
 「・・・」
 「ニッポンのムスメは たちまち母親になってしまうからです」

 「あれやこれや指示する 面倒をみたがる そう 母親なんです」
 「おとことおんなの緊張関係 相手をおもい事実を見つめ会話を楽しむ これがない」
 息を殺している、外人部隊の面々、
 「だから ニッポンのオンナほど政治的なオンナはいない つねに盲目的な支配力が働いてしまう」

 「自分の夫の世話をする 傍目(はため)には美しい光景だ しかし 夫はそれに慣れ わがままイッパイになる」
 「夫が家族を支配しているように見える」
 「・・・」 
 「このオトコ 自分勝手が骨身に徹してしまう」
 「・・・」
 「だから」  
 「どうなんですか」
 「他では通用しない人間になる 誰も相手にしない 相手にできない」
 「つまり そのオンナしか相手にしてくれない」
 「・・・」
 「そう 実はそのオンナにコントロールされているんですよ」

 「こうなるともう成長はムリ 精神の自立はムリ ただ歳をとっていくだけなんですよ」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AKIYAMAさんの講義 上 | トップ | Mechanism of Clinton founda... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。