The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

Washington flourished and people became thinーワシントン栄えて国民は痩せる 中

2017-02-08 19:14:07 | 世界経済

Sea thousand and Mountain thousand の大人たちは、めったなコトでは動かない、生命の危険か生活の危機、ところが、アメリカの半数がトランプを支持している。

 それだけ追い詰められているんだろう、巧妙に構築された「高度情報管理社会」を変えるのは、そんなにカンタンではない、アメリカの人々、分かっているようだ。

 翻(ひるがえ)ってニッポン、中国に工場を作り・中国人を雇用し・中国の経済成長を助ける、「経済力の増大は軍事力の増強」、ヘンな自信をつけさせてしまった、南シナ海での領有権の主張、漸(ようや)くにしてキバをむきはじめた、この一連のプロセスを報道しなかったマスコミ、特にNHKと日本経済新聞の罪は深い、それと、自民党のあのセンセイたち。
      
 さすが暴言王、これまでの大統領が言わなかった、
" Washington flourished but the people did not share in its wealth ."
 ワシントンが栄えても 国民はその恩恵を これっぽっちも受けていないのだ。

 いならぶ歴代の大統領の前での発言、さぞかし耳が痛かっただろう、グローバリズムで巨万の利益を得た企業・社長・投資家・金融業者つまりアッパー・クラス、そして、そのオコボレに預かろうとするハイエナ・マスコミ、ニッポンも同じかもしれない。

" Politicians prospered but the people did not share in its wealth , the jobs left and the factories closed ."
 政治家は肥(ふと)ったが、国民はその富の分け前を受け取っていない、それどころか、職を失い工場は閉鎖だ。  

 あのオバマも、その Politician(政治屋)の1人、それにしても、こんなに言ってもいいのだろうか、暗殺されないか。

" The establishment protected itself but not the citizens of our country ."   
 支配層は財産を守り通したが、我々の国民は、そうではなかったのだ。

 ”but not the citizens of our country "の "our country"特に "our"に新大統領の万感の思いが込められている、この一句が光っている、輝いている、多くのアメリカ人が、暴言と迷走と混乱の中に、これを見ている、これを感じている。

 「少年のような正義感」では無さそうだが、アメリカン・シチズンの半分が支持しているのは事実、どうなるんだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Washington flourished and p... | トップ | Globalism made Red China bi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。