The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

9万人のダンチョネ節 2

2017-04-17 04:40:22 | 世界経済
       
 北朝鮮は、
 「ソウルを 火の海にする」

 米・韓軍は、これに備えて万全の準備をしている、北がミサイルを発射する前に、あるいは直後、数十カ所から数百発の巡行ミサイル攻撃、基地を叩いてからヒコーキを出す、ステルスをはじめ各種の戦闘爆撃機の総攻撃だ。

 アメリカ軍の基地で働いていたBさんはギャンブル好きで退職金の800万円をすってしまった、なんと、このワタクシに、
 「いっしょに行きましょうよ」
 「・・・」    
 「開店 大サービス ねっ」
 「うっうっうっ」
 「バクレツ台が 待ってまーす」
 「おベンキョーがあるので この次にしてくらさあーい」

 かつてパチスロに凝(こ)ったことがあり、「東海道パチスロ旅行」を決行、東海道の宿場町でパチスロをしてパチンコのメッカ・ナゴヤになだれこむ、これが、サンザンな目にあった、だから、Bさんの気持ちは痛いほど分かる、
   パチスロに狂うおのれがあわれなり   
      オトコ盛りの 春は暮れゆく     

 そのBさん、
 「ショーブになりませんよ」
 「・・・」
 「ヒコーキの燃料からして ちがうんです」
 「へー」
 「自衛隊機よりも ランクが上なんですよ」    
 「あっという間でしょうね」

 それにしても北朝鮮、なんて面白い国なんだろう。GDPが数百倍の国に対等の口を利(き)こうとする、
 「コッケイである」

 国民の生活を犠牲にして軍備の拡張、となりの家で肉を焼くニオイ、 
 「極貧(ごくひん)のあの家が 肉を買えるはずがない さては・・・」
 この「さては」とは、そう、人間の・・・である。
 だから、警察と一緒に踏みこんだ、すると、
 「ネズミの肉だったんですよ」

 国民をそんなにしてまで、自分と自分一族の利権を守りたいのだ、なんとみじめな人間たちだろう、
 「鬼か蛇の 世界なんだナ」
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9万人のダンチョネ節 1 | トップ | 9万人のダンチョネ節 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。