The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

昭和晩期の早稲田大学周辺 上

2017-06-16 04:39:45 | 世界経済
 
 昭和晩期の早稲田大学周辺には、やや左翼的なオトコたちがいた、もう、いないだろう。

 「あの戦争 敗けてよかったんですよ」
 「・・・」
 「勝っていたら 軍人がえばってしょうがなかった」
 学生の私に話しかけてきた、
 「町内で竹ヤリ訓練をさせられたんです」
 「2メートルの竹ヤリで 5000メートル上空のB29をどうしようというんですか」
 「ちょっと とどきませんね」
 「はいはい とどきませんよ」

 「町内会のボスがなんと言ったと思います」
 「さあー」
 「ニッポンには 大和魂(やまとだましい)がある おまえは非国民(ひこくみん)だ」
 「すごいですね」
 「そんな連中が えばっていたんですよ」

 明治憲法では、統治権と統帥権が分かれており、統治権は行政で警察、統帥権は軍隊、だから警察と軍隊は仲が悪かった、
 「双頭の鷲(わし)ですか」
 「いや 双頭のヘビですよ」

 「その上に天皇がいたが この二つを統御するのは難しかった ひとり明治天皇の力量によってのみ可能だったのではあるまいか」
 「・・・」
 「それでも晩年はどうか あの大逆事件を御存じで在らせられたか あの事件に関して天皇の大英断が欲しかった どうしたものだったか」

 私が、
 「大審院の記録は門外不出だが 当時朝日新聞にいた石川啄木は 判事の所持していた記録を徹夜で読んで この事件のカラクリを見破った だから 大逆事件の真相を知った唯一の知識人になる」
 「・・・」
 「啄木は 
   この国は ダメだ
  石川啄木は ただの歌人ではなかったんですね」

 そんな会話によって、ワタシはすっかり親しくさせてもらった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Christian influence seems t... | トップ | 昭和晩期の早稲田大学周辺 中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。