日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の記念すべき日 其の二十 8月31日 東 善作 日本人初の米欧亜三大陸横断飛行に成功

2007-08-31 00:35:49 | Weblog
◎18000kmを飛んで、立川飛行場に無事着陸 「日本のリンドバーグ」と呼ばれる
 (昭和5年:1930年)

東善作は明治26年(1893年)石川県羽咋郡南大海村中沼(現在のかほく市中沼町)に生まれました。高等小学校卒業後、朝鮮半島に渡り、その後岡山に移って関西中学を卒業。石川県に戻り、新聞記者となりました。
ある時、金沢を訪れていた米国人曲芸飛行家アート・スミスを取材。その曲芸飛行を見て、飛行家になることを志し、大正5年(1916年)に渡米しました。働きながら民間の飛行学校に通い、第1次大戦が起こると米国陸軍航空学校に入隊して操縦士となりました。除隊後、ロサンゼルスで遊覧飛行業を営み、大正12年(1923年)の関東大震災の際には、ロス上空からビラをまいて、日本救援を呼び掛け、援助金を集めるという活動もしています。
昭和2年(1927年)米国のリンドバーグが世界初の大西洋横断無着陸飛行に成功。それに刺激された東は、飛行機仲間の後藤正志とアメリカ・ヨーロッパ・アジアの三大陸横断飛行を計画しますが、先に挑戦した後藤は昭和4年(1929年)、飛行中にロッキー山脈で遭難してしまいます。そこで東は自ら挑戦することを決意、中古の小型複葉機を自費で購入しました。
昭和5年(1930年)6月22日、東の飛行機はロサンゼルス空港を飛び立ちました。西海岸から東海岸までを飛行し、大西洋は船で超えましたが、ヨーロッパを横断飛行し、シベリアを渡って、8月31日夕刻、東京の立川飛行場に無事着陸しました。70日間掛けて、計18000kmの単独飛行成功のニュースは世界を驚かせ、東はそれ以降「日本のリンドバーグ」と呼ばれるようになりました。

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の記念すべき日 其の十九 8月30日 戦後初の国産旅客機 YS-11が初飛行

2007-08-30 00:20:38 | Weblog
◎現在も飛び続ける名機が初めてのフライト(昭和37年:1962年)

太平洋戦争の敗戦後、我が国は連合国占領軍総司令部 (GHQ)によって、民間機を含めた航空機の開発・生産等を一切禁止されました。さらに中島飛行機など世界有数の航空機メーカーが解体され、世界のトップレベルにあった我が国の航空機産業は崩壊してしまいました。
1956年、航空禁止令が全面解除されると、当時の通商産業省は「中型輸送機の国産化計画構想」を発表。1957年5月、「財団法人 輸送機設計研究協会」(輸研)が設立され、我が国戦後初の小型旅客輸送機の設計が始まりました。設計には戦前に零戦や隼などの名機を設計した5人のエンジニアが参加し、1958年12月「YS-11」と名付けられた機体のモックアップ(実物大模型)が発表されました。
1959年6月、日本航空機製造株式会社が設立されて、輸研から開発を引継ぎ、本格的な開発作業が始まりました。試作1号機は1962年7月11日に完成。1ヶ月に亘る各種検査を経て、8月14日にエンジンに初点火。その後、滑走路での各種試験が行なわれました。そして8月30日、YS-11試作1号機は愛知県小牧の名古屋空港から離陸。伊勢湾上空を56分間飛行して、戦後初の国産旅客機は無事、初飛行に成功しました。10月には全日本空輸から初めて20機の受注を受け、量産を開始。1973年5月の生産終了までに182機が製造されました。
YS-11は操縦面でやや難がありましたが、耐久性が非常に優れた旅客機でした。また1200mの短い滑走路から離発着出来、最大64名の乗客を搭乗できる点で、当時の同クラスの外国機に勝っていました。ですので、世界に誇れる名機と言っていいと思います。しかし残念なことに、営業面での失敗で赤字が重なり、製造中止に追い込まれてしまいました。更にYS-11に続く国産旅客機開発計画が進まないまま、1982年に日本航空機製造は解散し、我が国の航空機産業は停滞したまま現在に至っています。
2006年9月30日、日本エアコミューターの沖永良部~鹿児島間のフライトを以って、YS-11は国内の民間定期路線より引退しました。しかし、その頑丈さ故に自衛隊や海外では現在も飛行を続けています。
(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界初、新規開通した道路を即時に読み込むカーナビシステムを開発 ホンダ

2007-08-28 22:16:48 | Weblog
先月4日、ホンダは世界で初めて、新規開通した主要道路を即時に読み込んで、ナビゲーションシステムのルート誘導に反映できる「主要道リアルタイム地図更新」を開発したと発表しました。
「主要道リアルタイム地図更新」は、携帯電話の通信を利用して、目的地までのルート周辺に新規に開通した主要道路を、数分で地図データに反映することが可能とのことです。
同様のサービスはトヨタが5月から提供しているとのことですが、トヨタのシステムは更新に1週間程度の時間が必要とのことで、ホンダのシステムが圧倒的に速いです。
このシステムはまず、今年秋に発売される新型フィットに搭載されるとのことです。
カーナビシステムの開発でも世界をリードする我が国ですが、1990年にパイオニアが世界で初めてGPSカーナビを発売して以来、その進化は著しいものがあります。将来、目的地を入力すると自動的にそこまで運転してくれる「本当の自動車」が出来るかもしれませんね。

http://www.honda.co.jp/news/2007/4070704a.html
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200707050007a.nwc
http://car.nikkei.co.jp/release/index.cfm?i=164200

(信)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「青森ねぶた祭」ロサンゼルスに登場

2007-08-26 09:24:37 | Weblog
19日、米ロサンゼルスの日本人街、リトルトーキョーに「青森ねぶた祭」のねぶたが登場し、ロスの夜の街を練り歩きました。米国本土でねぶたが披露されるのは初めてのことだそうです。
今回披露されたねぶたは、ねぶた師竹浪比呂央さんが今回の催しのために制作した、高さ約5メートル、幅約9メートルの大型ねぶた「信玄」。武田信玄が軍配を振り上げた姿を題材にしました。
当日午後8時、ねぶた1台とハネト(踊り手)約200人が巡行を開始、9時半頃までにリトルトーキョーを約1.2km練り歩きました。ハネトの「ラッセラー、ラッセラー」の掛け声と共に練り歩く山車の姿に、大勢の人が集まった沿道からは大歓声が上がり、本場さながらの熱気に包まれました。
今回の催しはリトルトーキョーで毎年夏開かれている「二世ウイークフェスティバル」のパレードの目玉として招請され、2年間準備を進めて、やっと今回参加の運びとなったそうです。
こういった催しはこれからもどんどん海外で開催して、日本の伝統文化を世界にPRしていってほしいですね。

http://www.mutusinpou.co.jp/news/07081902.html
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070820STXKB002720082007.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007082000560

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F1東京GP開催か? FIA副会長が構想を語る

2007-08-24 00:19:38 | Weblog
4日、国際自動車連盟(FIA)のバーニー・エクレストン副会長は、ハンガリーGPが開催されていたハンガロリンクで、F1レースを東京都心で開催する構想を明らかにしました。
F1シリーズの開催地決定に大きな影響力を持つエクレストン副会長は「東京の都心でレースをやりたい。日本での市街地レースには強い興味がある」「日本では毎年1レースは続ける。だが、東京都心でレースを行うなら話は別だ。私は日本のテレビ局と、このアイデアの実現性を探っている」と語りました。
日本ではF1が初めて開催されたのは1977年、静岡県の富士スピードウェイでした。その後、1987年から三重県の鈴鹿サーキットで日本GPが毎年開催されるようになり、今年からまた富士スピードウェイでの開催となりましたが、東京でのレース開催は当然のことですが、これまでに例がありません。
F1の市街地レースと言えば、言うまでもなく「モナコグランプリ」ですが、あの光景が東京都心で実現すれば、すごいことですね。皇居の廻りや、丸の内のオフィス街をフェラーリやマクラーレンのマシンが走り抜けると思うと、ゾクゾクします。是非、実現してほしいですね!!

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20070805-OHT1T00091.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
20070804k0000e050074000c.html
http://www.sankei.co.jp/sports/sports/070804/spt070804000.htm

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タカラトミーのロボットが「世界最小」とギネスに認定

2007-08-22 00:15:13 | Weblog
先月20日、タカラトミーは10月25日に発売される小型ロボット「Omnibot17μ i-SOBOT((オムニボット ワンセブンミュー アイソボット)」が、6月に「世界で最も小さな量産されている人型ロボット」としてギネス世界記録に認定されたと発表しました。2008年版ギネスブックに掲載される予定とのことです。
「i-SOBOT」は高さが16.5cmと小型ですが、二足歩行が可能で、「こんにちは」「さようなら」「誕生日おめでとう」など180の言葉を話し、200種類の動きが出来るそうです。
価格は税込みで3万1290円。国内だけでなく、北米や欧州でも販売され、世界で年間30万台(国内5万台)の販売を目指すとのことです。
これまでの二足歩行ロボットは10万円以上するものが多く、気軽に買えるものではありませんでしたが、これは手に入れやすい価格ですので、結構評判になるかもしれません。それに、この価格でこれだけの言葉や動きの数はすごいです。大ヒットするかもしれませんね。

http://prw.kyodonews.jp/open/nfrelease.do?r=200707191244
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070721/sng070721002.htm
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/kz/0000449991.shtml

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界129ヶ国での公開決定!! フルCGアニメ「ベクシル-2077 日本鎖国-」

2007-08-20 00:08:09 | Weblog
18日、今から70年後の日本を舞台にした3DフルCG SFアニメ「ベクシル-2077 日本鎖国-」が、全国で封切られました。映画「タイタニック」のCGを担当した曽利文彦さんが監督を務めるこの作品は、日本独自のアニメスタイルである「3Dライブアニメ」という手法で描かれ、迫力ある立体映像が特徴です。先日、スイスで開催された第60回ロカルノ国際映画祭では特別招待作品としてオープニングで上映され(過去のオープニング作品は「X-MEN」や「マトリックス」などだそうです)、来月6日から始まる第32回トロント国際映画祭に出品されることも決定しています。公開初日のこの日、世界129ヶ国での公開が決定したことも発表されました。

(ストーリー)
21世紀初頭、日本はバイオ技術とロボット産業の急激な発達で世界を大きくリードしていた。それを危険視した世界各国は厳しい規制を設けた国際協定を結ぶが、これに反発した日本は2067年、国際連合を脱退し、ハイテク技術を駆使して鎖国をスタート。10年後の2077年、米国特殊部隊「SWORD」所属の女性兵士、ベクシルは鎖国の日本への潜入に成功した。しかし、そこでベクシルが目にした光景は・・・

曽利監督は初めて「3Dライブアニメ」の手法で制作された、2004年公開のアニメ「APPLESEED」のプロデュースも務めていますが、本作品は「APPLESEED」より更に進化した映像が見られるということです。
世界をリードする日本のアニメに、また一つすごい作品が登場しました。ロカルノ国際映画祭でも大好評だったようで、公開後の世界の反応が楽しみです。

・ベクシル -2077日本鎖国- Vexille 公式サイト
http://www.vexille.jp/

http://www.sankei.co.jp/culture/enterme/070817/ent070817000.htm
http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/cinema/pickup/20070809/
20070809_001.shtml
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2007/08/2267/

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シドニー湾攻撃の日豪合同慰霊祭が初の開催

2007-08-18 00:03:15 | Weblog
第二次大戦中の1942年5月31日から6月1日にかけて、日本海軍の特殊潜航艇3隻がシドニー湾に侵入し、豪海軍の宿泊用艦船「クッタバル」を撃沈した「シドニー湾攻撃」で亡くなった日英豪の戦死者27名を追悼する日豪合同慰霊祭が6日、豪海軍の主催によりシドニーのガーデンアイランド海軍基地で行われました。日豪合同での慰霊祭開催は初めてのことです。
式典は「クッタバル」の慰霊碑の前で行われ、日本からは亡くなった特殊潜航艇乗組員の遺族と上田秀明駐豪大使、シドニーに寄港した海上自衛隊練習艦隊の乗組員らが参列。約180人の海自乗組員が「海ゆかば」と「ふるさと」を斉唱すると、遺族が目頭を押さえる光景も見られました。
昨年11月、特殊潜航艇3隻のうち唯一行方不明だった伴勝久中尉と芦辺守1等兵曹が乗り組んだ艇が、地元ダイバーによってシドニー湾外の海底で発見されました。遺族はその発見された海域も訪れ、海に花束を投げ入れて、日本酒を注ぎ、冥福を祈りました。
式典終了後、遺族はクッタバル号の元乗組員ニール・ロバーツさん(83)と対面。ロバーツさんは「日本の潜航艇の乗組員は非常に勇敢だった」と称え、遺族と握手を交わしました。遺族の一人、伴中尉の弟和友さん(74)は「(豪州の方に)ここまでしていただいて、お礼の言葉もありません」と謝意を表わしました。
先日お伝えした元特攻隊員と元米兵の対面に続く、かつての敵味方同士の和解の対面をとても喜ばしく思います。豪州の方々のご協力に心より感謝申し上げます。

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070806AT1G0602306082007.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/
20070807k0000e040056000c.html
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/070807_2.htm

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界初、ハイブリッド車が自動車レース優勝

2007-08-16 00:21:44 | Weblog
先月15日から16日にかけて、北海道十勝管内更別村の十勝インターナショナルスピードウェイで行われた自動車耐久レース「第14回十勝24時間レース」で、レース専用のハイブリッドシステムを搭載した「トヨタ スープラ HV―R」が総合優勝しました。準国際格式以上の自動車レースでハイブリッド車が総合優勝したのは、世界で初めてのことです。
レースは7つのカテゴリーに計36台が出走し、15日午後3時スタート。トップカテゴリーのGTクラスで出走した
「トヨタ スープラ HV―R」は1周目の途中で他車に先行を許したものの、すぐに抜き返し、その後は終始トップを独走。24時間後の翌16日午後3時、1周5.1kmのコースを616周(3136km)してチェッカーフラッグを受けました。2位に19周差を付ける圧勝でした。(完走は31台)
またハイブリッドシステムにより、燃費は従来型車両より10%以上向上したということです。
自動車レースというと、環境問題や省エネとは対極にあるというイメージがありましたが、時代が変わったということでしょうか。そのうちF1でも電気自動車がガソリンエンジン車を打ち負かす日が来るかもしれませんね。

http://www2.neweb.ne.jp/wd/tms/tokachi/index.html
http://www.tokachi.co.jp/kachi/0707/07_17.htm
http://www.chunichi.co.jp/article/car/news/CK2007071802033341.html

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の記念すべき日 其の十八 8月14日 西竹一中尉 ロス五輪馬術大障害で金メダル獲得

2007-08-14 09:06:38 | Weblog
◎「We Won」 愛馬ウラヌスと共に勝ち得た金メダル
 (昭和7年:1932年)

1930年代に入り、時代の波が日本を翻弄し始めていました。1931年、満州事変が勃発。日本は世界中から非難を浴び、国際的孤立を徐々に深めておりました。
そんな中、1932年に開催されたロサンゼルス・オリンピックに日本は過去最多の192人の大選手団を派遣しました。開催地アメリカでは一般市民の間にも反日感情が吹き荒れる中、日本選手はこれまでにない好成績を上げ、最終日までに水泳と陸上で6個の金メダルを獲得しました。
そして8月14日、閉会式前の最終種目である馬術大障害飛越競技が行われ、日本からは西竹一中尉が愛馬ウラヌス号と共に参加しました。
参加は全部で11名でしたが、皆一様に難コースにてこずり、10番目までで完走出来たのはたったの4名だけでした。最後の11番目にスタートした西は次々と障害をクリアし、19個の障害のうち6番目を落とした以外は全てクリアして、ゴールしました。減点は僅かに8点でトップだったアメリカのチェンバレン選手を上回り、金メダルに輝きました。10万を超えるオリンピックスタジアムの観衆は総立ちで西に拍手を送ったと言われています。
終了後の記者会見で西は「We Won(我々は勝った)」と答え、自分一人の勝利ではないとして、愛馬ウラヌス号を称えました。この言葉が人々を感動させ、反日感情に溢れていた地元の新聞までもが西の偉業を賞賛しました。
残念ながらその後、西も日本と共に時代の波に飲み込まれていきました。1945年3月、硫黄島でアメリカ軍に包囲された西は、玉砕して最期を遂げました。その数日後、愛馬ウラヌス号も西の跡を追うように息を引き取ったそうです。
(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「宇宙地図」が24年振りに更新 宇宙航空研究開発機構

2007-08-13 06:59:37 | Weblog
先月11日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は赤外線天文衛星「あかり」によって観測された宇宙の全天地図(画像)を公開しました。これまで使われていた宇宙地図は、1983年に米英蘭が共同で打ち上げた世界初の赤外線天文衛星IRASが観測したものでしたが、「あかり」の解像度はその数倍で、24年振りに宇宙地図が更新されました。
可視光だと高温のガスやチリは見えにくいのですが、赤外線ではよく捉えることが出来ます。新しく出来た星の近くではチリが暖められて強い赤外線を放つため、はっきりと観測されています。(画像をお見せ出来ないのが残念です)
「あかり」は2006年2月に打ち上げられ、同年5月から本格的な観測を開始、9月頃まで今の方法で観測を続ける予定です。これまでに、既に宇宙の90%以上の領域を2回以上観測し終えたとのことで、月に隠れるなどで観測が終わっていない部分を今後観測するとのことです。
宇宙の大きさというと想像が付かないのですが、全天地図の画像を見ると、銀河系のすぐ近くにアンドロメダ星雲があったり、またオリオン座の画像を見ると、可視光では見えないガス状のものが大量に写っていて、大変驚かされます。これからどんな新発見があるのか、楽しみですね。

・JAXAプレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2007/07/20070711_sac_akari.pdf

http://www.astroarts.co.jp/news/2007/07/11akari/index-j.shtml
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/
20070712k0000m040042000c.html
http://www.asahi.com/science/update/0712/TKY200707120059.html

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産登録を目指す小笠原諸島 南硫黄島で新種の貝を発見

2007-08-11 00:00:35 | Weblog
先月27日、東京都は首都大学東京と合同で6月に実施した、小笠原諸島 南硫黄島(小笠原村)の自然環境調査結果を発表しました。それによりますと、陸上の樹木に生息するキバサナギガイ属などの、新種とみられる体長2~3ミリの貝類を4種類発見した他、絶滅危惧種に指定されている小笠原固有種クロウミツバメの生息も確認しました。外来生物が入ることなく、独自の生態系を維持しているのは奇跡に近いということです。
南硫黄島は東京都心から約1300キロ南にある無人島で、父島から南西に約330キロ、硫黄島からも南に約80キロ離れた、正に絶海の孤島と言える島です。ピラミッド状の火山島で、標高は916m、面積は約3.54km2で、皇居と大体同じ大きさということです。
同島の環境調査は、1982年に当時の環境庁が実施して以来25年振りのことで、今回の調査は世界遺産の登録推薦準備の一環として実施されました。政府は2011年に、小笠原諸島の世界自然遺産登録を目指しています。
小笠原諸島は遠く離れていますが、東京都ですので、もし世界遺産登録がされれば、G8各国の首都で初の登録になるということです。東京に世界遺産、それも自然遺産があるというのは何とも素晴らしいですね。更に世界に誇れる東京になってくれることを期待して、小笠原諸島の世界遺産登録を心待ちにしています。

http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070727/wdi070727010.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070728AT1G2702D27072007.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007072700869

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平均寿命 日本人女性は22年連続世界一!!

2007-08-10 07:37:34 | Weblog
先月26日、厚生労働省は2006年の日本人の平均寿命を発表しました。発表された「06年簡易生命表」によりますと、男性の平均寿命は79.00歳で、アイスランド(79.4歳)に続く第2位。女性は85.81歳で、22年連続で世界一となりました。
05年と比べて、男性は0.44歳、女性は0.29歳、寿命が延び、いずれも過去最高となりました。05年に流行したインフルエンザが昨年はあまり流行しなかったことと、がん、心疾患、脳血管疾患の3大疾患の治療成績が向上したことが、寿命が延びた原因と厚生労働省は見ています。
女性の22年連続世界一というのはすごいですね。勿論、病気の治療成績が良くなっていることも日本人の長生きの一因なのでしょうが、やはり日本食の効能というのが大きいのではないかと思います。ヘルシーさが受けて、今、世界的に日本食ブームのようですし、今回の発表を日本食の良さと合わせて、世界にアピール出来るといいのではと思います。

http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070727/wdi070727000.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070726it13.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070726AT1C2600426072007.html

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喫煙が関係する新たな肺がん遺伝子を発見 

2007-08-08 00:06:54 | Weblog
先月12日、自治医科大学の間野博行教授らと科学技術振興機構の研究グループは、肺がんを引き起こす新たな原因遺伝子を、喫煙者の肺がん細胞から発見したことを、英科学誌ネイチャー電子版で発表しました。
研究グループは、喫煙歴のある62歳の男性肺がん患者のがん細胞から採取した多数の遺伝子を、正常細胞に組み込み、がん化を引き起こす遺伝子を探したところ、2番染色体にある「ALK」と「EML4」という二つの遺伝子の一部が融合した異常な遺伝子を発見し、この遺伝子は細胞を異常増殖させる働きを持つことを確認しました。
更に、他の肺がん患者75人を調べたところ、約7%にあたる5人がこの遺伝子を持っており、うち4人が喫煙者でした。この結果から、この遺伝子は喫煙が原因で出来たと考えられるということです。
これまで、EGFRという遺伝子が肺がん発生に関与することは知られていましたが、この遺伝子の変異は非喫煙者に多く、喫煙者の肺がんに関与する遺伝子は分かっていませんでした。
この異常遺伝子は痰(たん)や血液の検査で確認出来ることから、従来よりも肺がんを早期に発見することが可能となり、またこの遺伝子の働きを阻害する新たな治療薬の開発も期待出来るということです。
肺がんは日本人の死因の第1位ということですので、早くこの診断方法が医療現場に取り入れられ、肺がんの治療に生かされることを望みます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/
20070712k0000e040022000c.html
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070712i501.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070712AT1G1101L11072007.html

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ワールドバリスタチャンピオンシップ」で宮前みゆきさんが4位に入賞

2007-08-06 00:49:39 | Weblog
先月31日から今月2日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された、コーヒーを淹れる技術の世界一を競う大会「ワールドバリスタチャンピオンシップ2007」で、日本代表の宮前みゆきさん(26)が4位に入賞しました。
今回が8回目となる同大会には45ヶ国の代表が参加して、1日に予選が行われ、宮前さんは見事に上位6人に勝ち残り、翌2日の決勝に進出。決勝では惜しくも優勝は逃しましたが、見事「ベストカプチーノ賞」を獲得しました。
「いろいろな人たちに支えられてやってきたので、無事終わってほっとしてます」という宮前さん、これからも美味しいコーヒーを入れ続けて下さいね。

http://www.ucc.co.jp/company/news/2007/rel070802a.html
http://www.daily.co.jp/newsflash/2007/08/02/0000507203.shtml
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/kz/0000508859.shtml

(信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加