日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

去り行く『皇帝』に感謝!! ブリヂストンと共に戦った8年間

2006-10-25 00:54:26 | Weblog
22日、F1の今シーズン最終戦ブラジルGPが行われ、F1史上最多の7度の総合優勝を誇る『皇帝』ミヒャエル・シューマッハが本レースを最後に引退しました。
シューマッハが96年から所属したフェラーリは99年から現在までブリヂストンタイヤを使用し、シューマッハの7度の総合優勝のうち5回はブリヂストンタイヤで獲得したものです。昨年、フェラーリ以外のトップチームが軒並みタイヤをブリヂストンからミシュランに切り替えましたが、フェラーリだけはシューマッハが支持してくれた為、ブリヂストンを使い続けました。お陰で昨年は苦戦しましたが、今シーズンはミシュランと並ぶ8勝を上げることが出来ました。
シューマッハが僅かの差で今シーズンの総合優勝を逃したのはとても残念でしたが、今まで8年間ブリヂストンと共に戦ってくれたことをとても有り難く、そして誇りに思います。
ありがとう、ミヒャエル。去り行く『皇帝』に感謝です!!
(信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR東日本、世界初のハイブ... | トップ | 世界で初めて触覚ディスプレ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL