日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノーベル賞受賞者候補に飯島澄男・名城大学教授と戸塚洋二・東京大学特別栄誉教授

2007-09-18 00:06:55 | Weblog
11日、米の文献データ会社であるトムソン・サイエンティフィックは、毎年恒例のノーベル賞受賞有力候補者を発表しました。17名の研究者が候補となり、日本人では日本電気(NEC)特別主席研究員の飯島澄男・名城大学教授と、高エネルギー加速器研究機構の前機構長である戸塚洋二・東京大学特別栄誉教授の2名が、物理学賞の候補に名を連ねました。
この発表はトムソン社が2002年以来、ノーベル賞の物理、化学、医学生理学、経済学の4部門について毎年、ノーベル賞受賞の発表前に行われているもので、これまで候補に上がった54名のうち4名がノーベル賞を受賞しています。
候補者の推薦理由として、飯島教授は「物理、化学分野の革命を起こすきっかけとなったカーボンナノチューブの先駆的な研究に対して 」、戸塚栄誉教授は「ニュートリノ振動および質量の発見における指導的役割に対して」が挙げられています。
日本人ではこれまでに「エルビウム添加ファイバー増幅器」を半導体レーザで駆動する方法を発明し、昨年候補に上がった中沢正隆氏を始め、5名が選出されています。
2002年に小柴昌俊氏、田中耕一氏が受賞して以来、日本人の受賞はありませんが、5年振りの受賞がなりますでしょうか?期待しています。

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/nobel2007/
http://www.sankei.co.jp/culture/kagaku/070911/kgk070911001.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/
20070912k0000m040060000c.html

(信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の記念すべき日 其の二... | トップ | 世界初、ヤマメにニジマスを... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待していたが (sadakun_d)
2007-10-11 12:42:35
来年に期待します。



名城大学でしたね飯島教授。



ドラフトも名城大学期待されています。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

飯島澄男 (デヴィ夫人 笑っていいとも 中居 倖田)
これは要チェックですね!かなり早い情報ですよ!!ノーベル賞候補 今年も日本人からトムソン・サイエンティフィック恒例の「今年のノーベル賞予想」によると、物理学賞の有力候補に、日本人では飯島澄男氏と戸塚洋二氏が候補に挙がっているそうだ。この妥当性はよくわか...
飯島澄男の最新ニュース (斜め読みニュース局)
斜め読みニュース局より最新ニュースをお届け!飯島澄男名城大教授。ノーベル賞有力候補.(続きを読む) 飯島澄男トムソン・サイエンティフィック恒例の「今年のノーベル賞予想」によると、物理学賞の有力候補に、日本人では飯
飯島澄男 (芸能人人気ブログランキング)
飯島澄男日刊スポーツ米国の学術情報会社、トムソンサイエンティフィックは11日、論文の引用回数などに基づいて独自に予測したノーベル賞の有力候補者を発表、日本人では、飯島澄男名城大教授(68)と戸塚洋二東京大特別栄誉教授(65)の2人が物理学賞に ...(続き...
飯島澄男 (クレジットカード現金化)
学会発表オープンに 学者が市民に分かりやすく説明中日新聞ノーベル賞候補とも言われるカーボンナノチューブ発見者の飯島澄男名城大教授らが最先端の研究を分かりやすく講演した。 学会の市民開放が広がる理由について、日本植物生理学会広報委員の石黒澄衛名古屋大准教授...