日本いきいき倶楽部

地球環境問題から地域創生、少子高齢化など様々な社会問題について、日本いきいき倶楽部で提言いたします。

「日本いきいき倶楽部」(50)人材開発事業1

2017年07月06日 21時41分53秒 | 人口問題
「日本いきいき倶楽部」(50)人材開発事業1
「人材の養成機関」の創設について。

これまで、日本では、深刻な労働不足時代へと入っている、とお話しさせて戴きました。
その解決策として、「海外の人材に頼る道しか無い・・・」ともお話しして来ました。
この問題に取り組むための機構作りについて、思うところをお話しさせて戴きます。
「人材養成機関」は、日本に於いて作る事にしています。
この機関が中心なって、海外展開して行くことにしています。
立ち上げの最初から、留学生の方々などの関係者の参加を促進して行くことにしています。
それは、「日本からの押しつけ」と受け止められないためには、大切な手順となります。
また、「海外の実情を、直接会員の方々が、『共通認識として、頭に入れて戴きますこと』も、大切なこと」になって来ます。
海外の若者には、「共同経営者」として、自覚して貰うことにしています。
そして、「その方の祖国の方々のための、利用施設などの創設も可能であることも、はっきりとお伝えして置くこと」にします。
「その方のお国の人専用の桜の園つくり」「短期、長期に亘っての日本留学や、高齢者の逗留など」が、可能になるような仕組みも作る事にします。
このことによって、「その方のお国とは、兄弟国」となって行くのです。
「日本を、第二の祖国」と皆に思ってもらえるような素晴らしい交流を展開して行きたいものです。
このような事業展開を期するためには、「人材養成機関」の設立が急がれます。
その組織は、「人材不足への危機感を持っておられる、個人事業主の方、または、その団体、農業界からの方方、福祉の関係団体等々、「人材開発事業」に関心を持って下さる方々に参加して戴くことにします。
一見非常に時間が掛るようですが、言葉が少し不自由でも、「このビジネスに関心を持って参加して下さるあちらの方々」が、きっと出て来られます。
案ずるより産むは易し、の例え通り、きっと、それほど時間はかからないうちに、軌道に乗って行くことと思っています。
次稿で、「グローバルフリースクール」について改めてお話しさせて戴きます。
平成29年7月6日
『海外』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本いきいき倶楽部」(49)... | トップ | 「日本いきいき倶楽部」(51)... »

人口問題」カテゴリの最新記事