日本いきいき倶楽部

地球環境問題から地域創生、少子高齢化など様々な社会問題について、日本いきいき倶楽部で提言いたします。

「日本いきいき倶楽部」(44)「日本型移民政策」5

2017年06月28日 13時34分42秒 | 人口問題
「日本いきいき倶楽部」(44)「日本型移民政策」5
「日本型移民政策」の鳥瞰図。

これまで書き進めて来ました「日本型移民政策」ですが、分岐点に差し掛かってから、手が止まってしまいました。
色々と交叉っして来る道を、説明しょうと思いますと、論点が不明瞭になってしまいます。
そこで、一本道を突き進もうとしますと、「日本いきいき倶楽部」が描いています世界は、常識からかなりかけ離れていますので、こんどは、意味不明になってしまいます。
少し時間が掛ってしまいましたが、頭の中を整理させて戴きました。

これまで、「留学生」が持っておられる「社会的エネルギー」を、発揮して貰うための方策についてお話しさせて戴きました。
この先まだまだお話しが続きますが、その前に、「日本が留学生の方々に頼る必要性がある事」から、再度お話しさせて戴きます。

日本の人口減少問題は、日々、その深刻さが募っております。
先日、「健康講座」に参加しましたら、「オリンピック明けから、健康保険制度の大改革が露呈して来ますよ・・・」と、指摘されました。
国の財政事情から、もう既定路線が敷かれているそうです。
「入院時の病床の数の制限」と言う、身近な所から始まって行くそうです。
手術後の抜糸を待たずに、退院する事態にもなるのではないか、と案じておられました。
世界に誇る日本の健康保険制度も、劣化の道をたどるようになるそうです。
お話しの中でも、人口減少問題が避けて通れないものとして肯定的にお話しになられていました。

「日本いきいき倶楽部」は、景気刺激策では、「とても敵わない『社会的な縮小の圧力』が、日毎に高まって来ている・・・」と、思っています。
このことは、これまでもお話ししてきたことですが、この講座を聞いていましても、ひしひしと感じられました。


人口減少問題への解決策は沢山ありましょう。
それらを、「即効性がある方策から並べること」にしますと、留学生の方々のお力に頼ることになってしまいます。
何故、即効性があるか・・・と言いますと、既に沢山の留学生の方々が日本へ来ておられます。
留学生の方々は、母国と日本の懸け橋となって貰える「絶妙の立ち位置」に、スックと立って居られます。
しかも、「これからの御自分の進路を模索しておられる最中」でもあります。
また、学力もおありですし、「日本を肯定的」にとらえて下さっておられます。

「日本いきいき倶楽部」は、この方々へ、「重大な提案」をすることになります。
その方の人生を『後悔の無いものにしなくてはならない・・・』と言う責務を負うことになると思うからです。
『絶対に失敗が無く、しかも、将来ますます発展』して戴かなくてなりません。

そのためには、「日本いきいき倶楽部」が提示する道は、『未来に途切れることなく続いて行く道』を、用意しなくてはいけなくなります。
それは、「ミッションの世界」の中にあると思っています。
「人類が歩んで行く理想の道筋」を、深読みしながら進んで行きたいものと思っています。
次稿から、「留学生」との関係に戻ってお話しさせて戴きます。 平成29年6月28日




『海外』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本いきいき倶楽部」(43)... | トップ | 「日本いきいき倶楽部」(45)... »

人口問題」カテゴリの最新記事