寺のある風景~仏・花々and天竺川の自然

毎日、天竺川に沿って散歩・週末に寺へ(写真付き)

寺のある風景・3回目・播州・清水寺のほとけ・2017.2.19

2017-03-15 12:50:22 | 日記
                  寺のある風景・3回目・
                 播州・清水寺のほとけさま
                          (2017.2.19)

          今日は、暖かくなる予報だったので、朝から寒さがキツイ!!
         寺のある場所は山の上なので寒さがよけいに身に染みる。見ると、
         前夜から降ったのか?雪が融けて仁王門から滴り落ちていた。
          このお寺は、西国三十三か所・二十五番札所なので、冬でも、
         参詣する人達がチラホラと訪れていて、寂しくはない。
          朱印を頂く大講堂へ向かいながら、途中に建つお堂も拝し、
         撮影も・・               (2017.3.15)

        今年も訪れた~まず、朱塗りの楼門~鳳が羽ばたくよう!!
  

        門の左右に仁王さんが、写実的でバランスがイイ~大正時代の作


      参道途中に、薬師堂が~軒の反りが、流麗で美しい
     

      中を覗くと、左側手前から、十二神将の胸像~珍しい
       たいていは、全身像なのに~まず、子年
     

      十二人全部は掲載できないので、次は、辰年~怖い顔
     
  
          正面に、本尊の薬師如来さまが~穏やかなお顔で、安心!
         

                  向って右側に、未年の神将~おどけた感じ
                 

          向って右側手前に、亥年の神将~生真面目な顔
        


           そして、大講堂に~参拝し、朱印を頂く
  

             お堂前に、青銅の燈籠~重そう!
         

       帰りながら、地蔵堂を覗くと・・・
    

          ~慈悲の姿~ 勝手に呼ばせて~母子地蔵さま!
         


       堂裏に、子供たちを見守るように、地蔵さんたちが、居並ぶ
 

     大講堂よりも高台に建つ~根本中堂
 

       根本中堂の裏側を少し下ると、おかげの井戸~こん浄水が湧く
   

     戻る途中に、風流を楽しむ、月見亭を見つけた
   

        もちろん、ほとけさまも屋外に居られた~聖観音さま
       

 
      最後は、大講堂の縁先から見えた風景~なんと、
          遠く、明石大橋と淡路島が、朧に見えた~すご~い、感動!!!
 

   




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天竺川の自然・3回目・2月前... | トップ | 天竺川の自然・4回目・2月後... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。