Wで始まった親の認知症と息子の日常

実父、義父ほぼ同時期に認知症と診断されあっちこっち様子を見ている日常です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

👾義父、倒れた翌日

2016-10-25 09:36:27 | èªçŸ¥ç—‡
どう?
と義父宅に入る

ぼーっとした義父
明らかにいつもと違う

「今日は、調子悪いよ
熱?ああ薬飲まされた」

「昨日はどうなったかわからんのだ」
「朝調子が悪くて、掛かり付けI内科に行って、帰ってきて、また車乗って動かしたら気分が優れなくて、車から降りて道で休んでたらしい」

「らしい⁉」また曖昧ワード

どこまで覚えているのか問いただすと
「わからん」
と‥‥

「I内科は、お金払って来たかもわからん」

I内科に行ったところまでの記憶しかないらしい
診察料会計は、このままだとこの調子のまま運転して行ってしまいそうな雰囲気だったため
I内科に確認しに行った


ジャンル:
ウェブログ
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ‘¾ç¾©çˆ¶ã€å€’れた原因 | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ‘¾ç¾©çˆ¶ã€å€’れた翌日I内科で »
最近の画像[もっと見る]

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。