Wで始まった親の認知症と息子の日常

実父、義父ほぼ同時期に認知症と診断されあっちこっち様子を見ている日常です。

👾義父、倒れた詳細

2016-10-25 09:15:28 | èªçŸ¥ç—‡
旦那から電話

「おやじが倒れた!」
「道に倒れていたところを見つけてもらい救急搬送されたらしい」
「心臓わるいし、意識不明、心電図つけてるらしい」

すべて「らしい」

事実はどこまでだ⁉

問いただすと
「話を聞いた姉もテンパって俺もテンパっているからよくわからん!」

「は?」
事実がどうなのか分からない
そんな内容の用件は義弟嫁に伝えられない

事実は
道で倒れていたところを見つけてもらって救急搬送された
という事のみ

病院でどうなっているのかや、入院するとか帰宅するとかは
旦那たちの空想話しだった

取り敢えず、仕事上がりに義弟とも連絡がとれ事情を話す

後は兄弟で連絡取り合ってください

伝言ゲーム状態のループから抜け出した

ジャンル:
ウェブログ
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ‘¾ç¾©çˆ¶ã€ã€ŒãŠã‚„じがたおれた!」 | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ‘¾ç¾©çˆ¶ã€å€’れた原因 »
最近の画像[もっと見る]

コメントを投稿

「認知症」カテゴリの最新記事