Wで始まった親の認知症と息子の日常

実父、義父ほぼ同時期に認知症と診断されあっちこっち様子を見ている日常です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

👾義父、倒れた翌日I内科で

2016-10-25 09:49:21 | èªçŸ¥ç—‡
I内科受付さんは
「昨日はお腹の調子を見て欲しいと言われ診察して処方されましたよ
いつもと変わらない様子でしたけど」
「あら、薬局には行ってないようです」

お腹の調子⁉昨日は胸の調子が悪くて心臓を診察してもらい異常がなく帰宅したと義父は話したが

違う

受付さんは看護師にも確認してくれたが昨日はお腹の診察のみ

義父、
「医師と今日は話したくない」
と診察拒否薬だけ欲しいと希望し
昨日の処方を再処方してもらい、機嫌よく帰宅


お薬手帳を見ると、定期的に整腸剤が処方されており、
昨日はそれでもスッキリしないとの義父訴えに内服の回数を増やす分の処方だった

よくよく聞けば整腸剤は今飲んでなく
薬の管理をしている娘がどこかにしまってあると

整腸剤が追加処方されたことと、残薬の確認を義姉に問合せると
怒った口調で
「整腸剤はお腹の調子をみて減らしてもやめてもいいんですよ‼」
と‥‥
だから、今は必要なタイミングなんですが‥‥
てか、
排便コントロールしていないと、便秘や頻尿になる原因になるんだから様子は伺って欲しいもの

私の心の中は大発狂だったが
取り敢えず、薬の箱にセッティングした。

お薬手帳をみて、もう一つ気になった
U泌尿器の処方が退院後無い事

泌尿器の薬はもういらなくなったの?
と義父に問うと

あそこはもう行きたくないから
やめた

おしっこはまた回数は多いし
お茶を少しにひかえてるが夜トイレばかりで眠れない

水分ひかえてるのか‥‥

まだ、熱い日が続いているなかで‥‥

脱水症も怖いし、便秘にも水分は必要だと話しお茶を冷蔵庫とベッド脇に補充し帰宅した


ジャンル:
ウェブログ
コメント   ã“の記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ðŸ‘¾ç¾©çˆ¶ã€å€’れた翌日 | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ‘¾ç¾©çˆ¶ã€ãŠã‚Œã¯ä¸Šæ‰‹ãå€’れた! »
最近の画像[もっと見る]

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。