任天堂大好きっ子

日常の日記やゲーム攻略

パリジェンヌ展に行ってきました。

2017年06月15日 21時17分05秒 | 日記
今回の目玉は、マネの『街の歌い手』かな。
70年ぶりの修復を経てから、名古屋ボストン美術館で初公開らしい。
これは、思ってたよりかなり大きい絵画でした。


今回の展覧会も素晴らしかった〜!
お客さんも少なくて、私にとっては至福のとき。
何度も何度もルノワールの絵に戻れて、堪能できました♪混んでたら一度しか見れないからねぇ。
しかし、お客さん少なかったわ……。閉館が近付いてきてるしもっと入ってほしいなぁ。

ルノワールの他に、めちゃくちゃ可愛かったのは、ゲアダ・ヴィーイナのイラスト?(画像のポストカードの右下)
グッズにここに描かれてる黒猫のぬいぐるみキーホルダー?みたいなのがあったんだけど、可愛くないの(笑)
だけど、この絵に魅せられて、最後迷った挙げ句にポストカードを追加で購入したのでした。
本当は、この絵が表紙の一筆箋(450円)が超欲しかったのですが、ものすごく悩んで諦めた(涙)
だって、絶対使わないから。

展覧会は、マネもルノワールも一枚きりだし、後半は写真も多く、ちょっと物足りなかったかも。
だけど、今回もドーミエの最高の一枚があった。
母親が創作に夢中になってる間、子供が大きめなバケツ?に頭から突っ込んでた絵。(死んじゃってるのかしら…)
これ、今と変わらないよね。
ほんと、何ていうか、時代だけだよね。今と違うところって。


あとは、本物のドレスも飾ってあって素敵だった〜!
250年ほど前のドレス。
こういうのほんと憧れるー!可愛い!着たい!
18世紀〜19世紀にかけて、何故だかとっても好き。
フランスとイギリス。

この展覧会、イギリスバージョンもあればいいのになぁ。


あ、そうだ。もう一枚。
ルイ=レオポルド・ボワイの『アイロンをかける若い女性』が素敵だった。
モノたちの質感がよくて、ずっと眺めてても飽きなかった。
この絵はポストカードになってなくて残念。


しかし、楽しかったなぁ。
ドーミエの作品を一度に観たいんだけど、展覧会やらないかなぁ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレフィール×ミスド | トップ | めーいじ!十勝っち! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む