任天堂大好きっ子

日常の日記やゲーム攻略

[映画]ボクの妻と結婚してください。観ました

2016年11月05日 19時12分10秒 | 映画・展覧会
本日公開日!!
初回は間に合いませんでしたが、2回目の上映で鑑賞しました。

お客さんは30人弱!
少ない!
客層は、椿三十郎の時とあまりかわらず、年配の方も多かったな。

60代のご夫婦、奥さんがグッズを買おうとしてたら、旦那さんに「ボールペンなんかいっぱいあるやろ!クリアファイルなんてなんに使うんや!」とか怒られてて結局買わなくて残念&可哀想でした(^^;
確かにそうなんだけど、記念に買ってあげてもいいのにな。せっかく良い映画観たのに。


さて、映画ですが、自分は2回目なのでね、ほとんど涙も出てこず……。
それでも、後半ジワジワきてたんですが。
でも、ほんとかっこよくてかなり満喫。
織田さんの映画久し振りだから目や脳に焼き付けておかなくてはね。
踊るファイナルからもう4年だもの。


前半は、くすくす笑い声、後半は、ぐずぐず鼻をすする音が他の皆さんから聞こえてきて、内心微笑んでました。
満足度は高いんじゃないかな?

ラブストーリーとしてなら、私は県庁の星の方が好きなんだけどね。
だって、こっちは死んじゃうんだもん。
すい臓癌って本当に怖い……。早い段階で見付かる人っているんだろうか。
ブログ検索すると、1年以上生きてらっしゃる人もいらっしゃるんだけど、ほとんど助からないって言われてる癌。
自分がすい臓癌だったら、愛する人のために、何が出来るんだろうか、って考えさせられる映画。

メイキングで、織田さんは「妻のお見合い相手を探すのはありだと思ったけど実際出来るかはわからない」というような事をおっしゃってた。
わたしなら、旦那さんの彼女を探すのは絶対にいやだー(笑)
死んでからもやだーって思うかも。


キャストは、試写会の時に書かなかったけど、高島礼子は素敵。スタイルめちゃいいよね。背筋もピンとして胸も大きくて足も細くて。キャリアウーマンって感じが似合ってた。
ほんと、あの元旦那はタイミングが悪すぎなんだよね。
ドラマも始まる、映画も公開されるって時に。
でも、無事に公開されて良かったです。


監督の三宅さんや脚本の金子さんは、数多くの大好きなテレビドラマに携わっていて、お名前だけで安心出来ちゃう。

それだけに、やっぱりあのセリフが気になる〜。
修治が彩子に好きなタイプを聞いた時の彩子のセリフに『彩子は顔で選ばないねって友達に言われた』みたいなセリフがあるんですが、これなんかに変えたら良かったのに〜。
だって、織田さんかっこいいじゃん!

メイキングで、原作の樋口さんだって『放送作家にこんなカッコイイ人はいない』っておっしゃってたのに。
まぁ、私はファンだからそこが気になってしまうんでしょうか。


風景はすごく好き。
銀杏の木を歩くシーン(ポスターになってる)がすごく綺麗。
春の桜も良かったけど、修治はいないからね。


そうそう、プロデューサーの方のインタビューで(パンフレット内)、『(中略)あえて小さくこぢんまりしたものにはしたくなかったんです。多くの人に伝えるべき作品だと最初から感じたので、キャストにはこだわりました』って書いてあったのが、複雑、地味にショックでした。
これは、最初に内村光良で舞台とドラマ化した作品だと断った上での発言だったので。
織田さんファンの私はそんな作品に織田さんを選んで下さってほんとに感謝!なんだけど、ウッチャンファンのわたしはウッチャンだって人を呼べるわ!ばかにするな!って思ってしまう(^^;
いや〜ほんと複雑。


でも、これもロングヒットすればいいなぁ。
『君の名は。』が、踊る2を抜かしちゃって、踊る2が5位に下がっちゃったもんね。
わかりやすい映画がヒットするみたいだから、最適なのにな。

グッズは、クリアファイルとボールペン、ノート、ストラップしかないので、少しずつ買い足していこうかな。
ノートは、劇中でロルバーン使ってるんだから、コラボして欲しかったな。
わざわざ違うリングノートも何だかな(笑)
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンの方たちいいぞ!頑張れ! | トップ | スマスマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・展覧会」カテゴリの最新記事