ninjinぽたぽた日記

ぽたりんぐ--気ままに自転車に乗って出かけたい。

さよならアンカー

2016-06-25 23:29:04 | ぽたりんぐ

2006年春に買った、私の最初のロード、アンカーと今日さよならしました。


月日のたつのは早いもので、もう10年。。。。私にとって初めてのロードです。
ロードとしては、かなり安価で、ヘルメットまで揃えて13万円でした。最初は、通勤用として揃えたので、泥よけ、スタンド、なども付いていました。そのうち、ぽたりんぐする楽しさも知って、それからは、むしろ通勤用ではなく、週末の楽しみ、体力アップの道具になりました。

でも、2008年1月につくばの松永さんのところでオーダーした Project M 、Belle Neige 号が完成してからは、アンカーで週末走ることはほとんどなくなりました。やはり、自分のからだにフィットしていること、パーツが良くて走りやすいこと、この上ないです。
ならば、アンカーは最初の目的通りの通勤用に戻そうと、ちょっと改造しました。

パンクしにくい厚めのタイヤに変更。これは、かなり良かったです。路面のラフさを吸収してくれて安定感が増しました。もちろん、重量は増えましたが。

ロードって、当然だけど、前かごとか便利なものがないので、お夕飯のおかず買ったりできるように荷台を取り付けました。が、この荷台では面積が小さくて荷物が載せにくい。ぐらつくことが多くて、結局、荷台は使わなくなり、ザックに入れられる範囲のものだけ買うようなり、汁物とかは諦め、お弁当もダメだ…

さらに、汗問題が。私はかなりの汗っかきなので、6キロ近く走ると顔中びしょ濡れ…。お化粧ははげちゃうし、なんとな~く、いえ、けっこう汗臭くなっちゃうので、そのまま電車に乗って仕事するのも嫌だなぁ。。。

そんなこんなで、アンカーは、通勤用としても乗らなくなっていました。

このアンカーが欲しいという人も現れたのですが、実際に試乗してもらうと、なかなかピッタリとその方の体力や用途にあわない感じ。。。また、タダ同然で譲るとしても、メンテナンスに結構お金がかかってしまうので、それなら、今、10万円と少し出して新車のカーボンフレームの自転車を買ってもらった方がいいのでは、と思います。

で、結局、もう廃棄するしかないな、10年経ったから、もういいなという気持ちになりました。中古自転車屋さんに持って行っても値がつくとは思えないし、僅かばかりの値段がついたとしても、持っていく手間もかかって面倒くさいし…。で、今日、思い切って、市のゴミ処理上に持って行きました。無料で引き取ってもらえました。

ただ、一つだけ、外して手元に置いておくことにしたパーツがあります。105のブレーキです。これは元々アンカーに付いていたのではなく、友人が「このブレーキじゃ危ない」と言って交換した方がいいと譲ってくれたものです。なかなかに良いパーツなので、もしかしたら、今後、また出番が来るかもしれません。そして、アンカーを思い出させてくれることでしょう。

このアンカーで、つくばの不動峠、秩父の峠、黒姫高原、斑尾高原、佐野界隈、シロクマパン、榎本牧場…本当にいろんなところに行きました。自転車の楽しさを教えてもらえました。

さようなら、アンカー。そして、ありがとう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しまなみ海道 *その2*

2016-05-13 01:08:13 | ツーリング

4月24日(日)===しまなみ海道2日目です。

爆睡から目覚めて、隣のMちゃん「からだが痛い…」。Mちゃんは久しぶりに1日たっぷり自転車乗ったし、雨の中だったから緊張して走っていたから、なおさらダメージが強かったかも。

そして、寝床でメールチェック。あ、クロさんからだ。
「これから宿に行きます」。おおっ!!

朝ごはん食べてたら、クロさん颯爽と自転車で登場。大島に駐車して走ってきたそうです。
満面の笑顔で「おはよう」。全然変わってない感じです。
クロさんはつくばの仲間で、今は香川県にお引越ししています。2年ぶりの再会。嬉しいなぁ。クロさん宿泊客じゃないけど、一緒にしっかり朝食いただきました(笑)。

出発前、ボトルの水をお願いしたところ、「あ、いいのがある」と、女将さん奥の棚からはちみつ漬け蜜柑を取り出してきてくれて「これ薄めたらええよ」、とボトルに特製栄養ドリンクをたっぷり入れてくれました。すごーーいスペシャルだ~。さらに、お土産だよと無農薬のレモンとはるかを袋いっぱいに持たせてくれました。ほんと至れり尽くせりの、幸せいっぱいのお宿でした。また、泊まりにきたいなぁ。



平山郁夫美術館に寄りたい~ということで、入館。流石に本物はすばらしかったです。私は、しまなみ海道を描いた大きい絵が、余白が美しく、迫力もあって、緑の鮮やかさと橋の白さの対比が印象的で、いいなぁ、と思いました。

今日は曇り時々晴れで風がなく、絶好の自転車ライド日和。クロさんが幸運を連れてきてくれたようです。


瀬戸田海浜公園の景色は開けていて、静かな瀬戸内海をぐるっと見渡せます。飽きない景色です。


多々羅大橋を渡る手前の丘にはレモンの実がたわわに実っていました。きれいな黄色の雫が美しい。



多々羅大橋を渡り、大三島に行きます。

八重桜咲く道を下り、

道の駅多々羅しまなみ公園で休息とお買い物。

地元の柑橘、お菓子、珍味などをそれぞれ物色。送料は量に関係なく900 円ということで、ちょっといっぱい買っちゃったかも(笑)。特に柑橘類が楽しいです。袋ごとに生産者の名前の書かれたタグが付いています。私は、中の果肉が赤いタロッコ、甘くて爽やかな 味のはるか、無農薬レモンをお買い上げ。買い物の合間には地元のおやつを堪能。


伯方大橋を渡って、伯方島へ。

伯方島外周コースを走ります。天気は薄曇りですが、風はなく、暑くもなくとっても走りやすいです。穏やかな海をずっと見ながら走れるなんて本当に幸せ。

クロさんは、ゆっくりと私たちのシンガリについてサポートしてくれたり、先頭を引いてくれたり、ありがたいです。いつもは高速だから苦行だったかも。スンマセン。。。

さぁ、お昼は伯方の塩らーめんです。「サンワ」さん、けっこう混んでいました。

 


伯方島と大島の間の海では、大潮と満潮が重なったため、海がざわめく、大きなうず潮が見られました。

前回、しまなみに来た時には見られなかった現象ゆえに感動。海賊たちが自在にこの潮の中を漕ぎ出して行った光景みてみたいものです。


今回は、船に乗って渦潮を見る潮流体験が時間があわず、乗船できず、残念でした。でも、近くの海辺からじっくり見られたので、わりと満足です。

伯方・大島大橋を渡り、大島へ。

ここでクロさんとお別れです。



クロさん、お仕事の忙しい合間を縫って、私たちに付き合ってくださり、ほんと、うれしかったです。ありがとうございました。
クロさんは「じゃぁね、気ぃつけてねぁ。来年は香川に来てや~」と軽やかに走り去っていきます。そのすぐ後ろを、塩ラーメンでニンニクパワーをつけたB君が食らいついて並走したのは、一矢報いたかな(笑)。

大島をどんどん南下。


しかし、重い荷物を背負って自転車を漕ぎ続けるのって、ほんとしんどいですよね。スピードダウンで走ります。
今回、私は自転車にリクセンカールのアタッチメントをシートポストに取り付けて、そこに大きな丸バックを固定して荷物を入れられたので、背中があいて、とても楽ちんでした。後ろに大きな荷物が着けられると重くなり、ふられてハンドリングが難しくなるのではないかと心配しましたが、それほどでもなく、快適に走ることができました。丸バックを貸してくださったWさんに感謝です

また、レンタル自転車にはいつものビンディングが付いていないので、お手軽なスニーカーでの走りは引き足が出来ない分、ロングや登りがきつくなります。

こんな負荷がかかった状態で走る2日目は、体力的にかなりきつく、疲労困憊しながらペダルを踏むことになります。そして、大島の南端、道の駅「よしうみいきいき館」に、到着しました。
ここは四国に渡る最後の橋、来島大橋のすぐ手前です。

ここでひと休みして、最後のロング橋 来島海峡大橋を渡ります。全長4kmを超える世界初の三連吊橋です。いよいよ、しまなみ海道のクライマックスです。

静かな風、落ちていく陽のただ中、渦潮の海の上を飛んでいきます。

名残惜しい瀬戸内海です。

サンライズ糸山を過ぎ、6kmほど走って今治に到着。GIANTショップにレンタル自転車を返却。

今回のレンタル自転車は、Kさんが若干サイズあわないということもありましたが、概ね、満足な走りができたそうです。やっぱり、ロードを借りて良かったようです。

今日のルートはこれ。57.5km。2日間の合計は約120km。

 

ホテルにチェックインして、汗を流してご苦労さん会。今治名物の焼き鳥で乾杯!
大きな怪我もなく、無事に完走、よかった~  お疲れさまでした~。

 

4月25日(月)===のんびり観光の後、松山空港→東京 帰路へ

今治泊の翌朝。しまなみ海道を走りきった達成感で、なんかニコニコしちゃいます。

ホテルでレンタル自転車を借りて、今治タオル本店へ。おみやげを買って、今治城をしのび、今治散策。この後、電車で松山まで移動。駅弁がお昼です。鯛飯、鯛の押し寿司、穴子弁当、どれも美味しかったです。
松山城を見学した後、坊ちゃん鉄道に乗って、道後温泉に寄り、松山空港から帰路へ。
自転車は、輪行袋に入れて空港のカウンターに預けました。10万円以上の荷物限定の保険を付けましたが、引き渡しも直接ですし、丁寧に扱ってもらえるので安心です。数百円プラスするだけなのでお勧めです。

しまなみ海道1日目は雨に降られましたが、2日目は風もなく本当に良いサイクリング日和でした。今回、十分に行けなかったゆめしま海道にはもう一度じっくり行ってみたいです。民宿も最高!また、泊まりに行きたいな。

ほんと、楽しい楽しい、想い出に残るライドでした。
一緒に走った皆様、ありがとうございました~。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しまなみ海道 *その1*

2016-05-06 10:02:16 | ツーリング

しまなみ海道に行ってきました。2日かけて尾道~今治をのんびりと5名で走破してきました。

 

4月22日(金)===東京→尾道 移動

今回はBike Fraiday (BF)で輪行ですが、前日21日の仕事終了後にBFを東京駅へ運び込みました。

東京駅構内の荷物預かりは当日のみで日にちをまたいでは預けられないので、1泊以上保管してくれる佐川急便の荷物預かり所を利用。1泊2日で利用料金1600円。
自転車は折りたたんでもコインロッカーには入らない大きさなので、ちょっと割高ですが、お願いしないと。東海道新幹線の乗り場のすぐ目の前にあって便利です。

22日仕事終了。東京駅に急いで向かい、真っ先に1度改札を出て、BFをピックアップして新幹線ホームへ乗り込みました。
ホームでは、同じく輪行で行くMちゃんが自由席のトップに並んで、お弁当まで買ってくれていたので助かりました。おかげで新幹線の一番後ろの座席裏側の荷物置きスペースに自転車をスムーズに入れることができました。

18:30、「のぞみ」が東京駅を出発。車内では駅弁とアイスクリームを食べてひと安心。
二人ともしっかりと眠ってしまい、下車10分前に隣の優しい方に起こされて、慌てて福山駅下車。危なかった~。山陽本線に乗り換えて尾道へ。尾道に23時過ぎに到着。
尾道駅は自転車モード満開!


ホテルに行く途中のコンビニで買ったゼリーで瀬戸内海到着を実感。

さぁ、明日からしまなみ海道走るぞ~。

 
4月23日(土)===しまなみ海道1日目

私たち輪行組は、自転車を組み立てて、向かいのレンタサイクル屋さんで空気を入れて、準備完了。

輪行組を除く3名は、まずはジャイアントショップへ向かいます。予約していたレンタルバイクを受け取らねば。
レンタルバイクは、1泊2日、尾道で借りて、翌日今治に返却する予定です。
借りる日の2ヶ月前に電話したところ、予約は返却日の2ヶ月前からでないと受け付けないとのこと。あれまぁ、、、で、翌日(2月24日)に再チャレンジ。9時に電話したのに、もう残は4台とのこと。大人気です。やはり、みんなロードで走りたいですものね。
そのレンタルバイクも、当日9時開店の30分前に来て並ばないと受け渡しに相当時間を要することになるとのこと。ホテルを8時20分には出て、1番で受け取りはできましたが、いろいろ調整して、結局、出発は10時近くになってしまいました。

 さぁ、出発です。向島へと渡る船は、サイクリスト満載。

向島に入ると、道路脇にサイクリストのため、しまなみ海道を示す青いラインがずっと書かれてあり、とてもわかりやすいです。以前来た時にはありませんでしたから、しまなみ海道もいろいろと工夫され、整備されているのですね。通行料も無料になっていました。


お天気は、うす曇りで風もなく、走るにはちょうど良い気温。天気予報は晴れ。いい感じです。

15分も走ったところで、あれ?後続が見当たりません。パンク発生とのこと。ではしばらく待っていればくるなぁ、と思いつつ見晴らし台で穏やかな海と美しい橋をうっとり眺めていたら…、

電話が鳴って、CO2ボンベを持っているのが私だけなのですぐにきて~とのこと。あ、すみません、忘れていました。現場に到着すると、ちょっとビックリ!

なんと、自転車同志の接触によるものでタイヤにも穴が開いていました。普通のパンクではなかったんだ。。。。
穴の開いたところに紙を貼り付けて応急処置。



パンク修理完了。最初の橋、因島大橋を渡ります。

この橋は、格子の金網が張り巡らされているので、景色はハッキリとはよく見えませんが、それでも、小さな緑の島が見えたり、島の建物が見えるのでそれなりに楽しいです。

因島では、まず海浜公園内にあるはっさく屋さんに寄って、名物の「はっさく大福」をいただきます。

  
ひと口食べてビックリ!すっごい美味しいです!ジューシーです!大きいはっさくがたっぷり入っていて、餅皮にもはっさくの皮ピールが細かく刻まれ練りこんであります。はっさくの苦みがこんなに美味しいなんて、初めて知りました。絶対、オススメ!

ここは、景色も抜群!

因島の南、土生の港から渡し船で生名島の立石港へと渡ります。

ゆめしま海道です。

生名橋を渡り、佐島へ。

佐島から弓削大橋を渡り弓削島へ。

 

弓削島着13時50分。しまカフェでお昼を食べる予定でしたが、この日、しまカフェは貸切でコンサートとのこと。この島でお昼ごはんが食べられるところは、もうないらしい。。。コンビニもなし。。。どうしよう。。。
そこで、しまカフェのお女将さんがさっと携帯電話を取り出して「お宅、まだ開いてる?え、閉めた?今、5人いてるんだけど、うち、今日は貸切なんよ~」と交渉してくれました。感謝!


そして、閉まっていたお店を再開してくれたイケメンの優しいご主人がお好み焼きを焼いてくれました。
メニューは3つのみ。卵入り、豚肉入り、卵と豚肉入り。当然、最高級品を1.5人前580円でオーダー。シンプルで美味しい!

ソースで誤魔化さない、麺がしまっていて、あと引く美味しさです。
しまカフェのお女将さんが太鼓判を押した通りです。
店名は「ラーメン党」。ガイドブックには載っていない地元御用達のお店です。

さて、弓削島の北側を通って島の東側を回って久司島に上りましょう、と走り始めたところで雨が本降りに。天気予報は晴れだったのに…
上弓削港で足止めです。
公衆トイレ前で雨宿りしていると、地元の方々が気さくに話しかけてくれました。ほんわりとした気持ちになって、旅はやっぱええなぁ~

これ以上走るのは無理、と判断して、まっすぐ瀬戸田の宿を目差すことに。立石港→土生港へまた渡船で戻ります。20分に1本の間隔で船が出ています。
戻った因島では真っ先にコンビニでカッパの上下を買い求めました。私がズボンを、kさんが合羽上を着て雨を防ぎます。kさん、あったかくなったよ~ と嬉しそう。
fさんはコンビニのゴミを漁り始め、、、何すんの?と思ったら、靴カバーを作って履いていました。なるほど~。

因島大橋を渡り、瀬戸田を目指します。

大橋の上でトラブル発生 午前中に補修したタイヤの穴からチューブがはみ出してきています。当然、空気も抜けてきていて十分走れません。手持ちのプラスチック片を使って、とりあえずタイヤ内にチューブが収まるようにします。これでなんとか宿まで、あと10km、もってください 雨の中の修理、ご苦労様です。

無事に瀬戸田の民宿「皇船荘」(みふね荘)に到着しました 良かった~。ちょっと時間に遅れてしまってごめんなさい、そんなんよかと出迎えてくれたお女将さん「疲れたやろ、雨の中、大変やったなぁ、さ、お風呂入んなさい。無農薬のレモン風呂や。」と促してくれました。ありがたい~。お風呂には大小さまざま、黒っぽい、歪んだもの…不揃いのレモンが厚めに輪切りにされて浴槽に浮かんでいます。レモンの良い香り。さっぱりと疲れを癒してくれます。そして暖まる~

お風呂の後は、ご馳走、ご馳走

 

食べきれないほどのお魚料理がならびます。
カレイの揚げ物、鯛の塩焼き、つぶ貝の煮物、アイナメの煮物、貝のお吸い物、巻貝、鳥の唐揚げ、野菜の炊き合わせ…そして大漁のお刺身盛り合わせ!

もう、びっくり
最後は山椒のきいたタコ飯。
幸せすぎるお夕飯に、全員感動!伊集院光さんが大絶賛した宿という話に納得。
お魚、本当に美味しい。私はほとんど完食。食べきれなかったお魚は、明日の朝食に付けてください、とお願い
爆睡へと引き込まれて、この日は終了です。

今日のルートです。約56kmを走りました。お疲れさまでした~。



おまけ<タイヤ購入>
お風呂からあがってお夕飯までのちょっとの間に、
タイヤが穴あいちゃったので買わないと…と、宿近くの自転車屋さんを調べて、河原自動車商会さんに電話すると、700×23cのタイヤは在庫があるとのこと。ほっ。でも、もう閉店、明日は休みです、と。。閉店時間10分を過ぎてます…すみません、申し訳ないですが、今すぐ、お店に伺うので売っていただけませんか、とお願いしたところ「何で来るの?自転車?雨だしもう真っ暗だよ」と。「でも、それしか交通手段がないのでカッパ着て行きます」と言うと「どこ泊まってるの?あ、みふね荘さんね、じゃ、今から届けてあげるよ」とのこと。助かります。しばらくして自転車屋さんが「こんばんは~」と玄関口に。お代は3300円だそうで、私が手間賃含めて3500円で、と言ったところ、そういう訳にはいかないよ、と。すみません、ありがたいです。これで明朝しっかり安心して走れます。

島の方々の親切に助けられっぱなしの1日でした。
本当にありがとうございました

 

*その2*に続く




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しろくまパンライド

2016-03-20 21:46:30 | ぽたりんぐ

 3月12日、待ちに待った物見山経由の”しろくまパンライド”が実現しました!
 9時に秋が瀬公園集合です。
 ここまでは、自走ではなく、車で行きました。しかし、公園に到着する寸前、前輪を家の駐車場に置いて来ちゃった~ということに気づいて呆然…… …当然、前輪の予備なんか持っている仲間はいないので、急遽、家人に届けてもらうことになりました。ありがとう~~
結局1時間近く遅れての出発になりました。皆様、ごめんなさい
 「ま、仕方ないよ」「前輪忘れる人、いるよね」「靴とかもいるいる」皆さん慰めてくれて、優しさに、もう泣きそう。

 気を取りなおして、出発。地元の私が今日は引きます(汗)
 荒川サイクリングロードを北上。上江橋で待ち合わせをしたYさんとも無事に合流。総勢8名、うち女性3名の編成です。

 上江橋を渡り、右岸を走ります。入間大橋を過ぎて、川島町に入り、

 

ホンダエアポートで休憩(ここまで約20km)。補給食をいただきます。
菜の花がきれいです。でも、お天気は曇りでちょっと寒い。


 さらに北上し、さくら堤方向との分岐点を左折。比企自転車道に入ります。
しばらく未整備区間が続きます。一般道も織り交ぜながらウネウネした小道をのんびり走ります。田園風景、気持ちいいなぁ。車もほとんど来ず、安全です。前輪来て、良かった~ 家族ってありがたいねぇ。

国道407号を走り、高坂の駅近くのラーメンやさんでお昼に。
当初、しろくまパン近くでお昼を予定していたのですが、みんな燃料切れです。腹ぺこ。
すみません、出発時間の遅れが原因です。。。。

名物唐揚げラーメン。濃厚な白味噌味、甘めで美味しかった~。からだが温まります。
やっぱりちゃんと食事はとらないと、ですね。

物見山公園まではあと少し。ここからゆるやかな上りが続き、ゴール手前で斜度が少しきつくなります。

走り始めると、リアのギアがトップに入ったまま動きませんあれ~おかしいなぁ…ギアが軽くならないと、この坂はけっこうきついんだけどなぁ…と思いつつも、どうすることもできず、漕いで漕いで、やっと公園に到着。みんなに見てもらったところ、ギアのワイヤーが切れていました

こんなこと初めてで、どうしようと思っていたら、

皆さん、手慣れた様子で、テキパキと緊急処置をしてくださいました。

切れたワイヤーをフレームにくくりつけ、

ギアをトップから真ん中まで動かし、そこから動かないように固定してくれました。

 実は、2週間前くらいからギアがおかしかったのです。
 フロントギアがインナーからアウターに動かなくなっていました。近くの自転車ショップで見てもらって、無事に解決。ちょっとした動きで修正させることが可能だそうです。
 そのショップで、リアのギアも動きがおかしいと指摘されましたが、私のギアが松永さん特別仕様”ジャイアントギア”で、シマノ純正のものではなかったので、もともと調整が難しく、やはり松永さんでないと上手に動かないのだなぁ、と思いつつ、多少の動きの悪さは我慢することにしました。ショップでは上りがしやすいようにと調整をしてくれました。

 ギアの動きが悪くなるのは、ワイヤーが切れる前兆だそうで、ワイヤーは2~3年に1度くらいの目安で取り替えるのが良いそうです。8年も交換していなかったので、もう完全に寿命ですね。

 ギアを真ん中にしてもらったおかげで、その後も、無事に走ることができました。もし私一人でのライド中だったら、もっと悲惨なことになっていたと思います。皆さんに心から感謝すると共に、幸運だったなぁ、とつくづく。やっぱり自転車はみんなで走るといいなぁ。

ここから、しろくまパン(パン工房しろくま)までは約10km。下り坂が続きます。
14:20頃、目的地到着。

帰りの時間が気になり、残念ですが長居は禁物、となってしまいました。
パンも、あまりない… それでも、パンを1つずつ買えて、ちゃんと写真も撮れました。パンはやっぱりとっても美味しかったです。

 Aちゃんが下りは苦手ということがわかったので、帰りはアップダウンの少ない道を行くことにしました。そこで、隣町出身のOさんが、「ここは私がひきましょう」と先頭を引き受けてくださいました。ありがたい!

 一般道を走ります。途中、にわかに雨、いえ雪が顔に当たって痛いです。あれ?今日は晴れじゃなかったの~?でも空は薄明るいのでずっと降り続けることはなさそうです。案の定、20分ほどで止みました。ほっ。

 407号を抜け、また比企サイクリングロードの自動車の来ない道に戻り、のんびりとおしゃべりしながら走ります。
 しかし、今日はとっても寒い。。。。雨にもやられて、からだが冷えてしまったのと、30kmほど休息なしで走ってきているので、ここはやはり休憩をとりましょう。
 川島町のB級グルメ、呉汁名物の「そうま」さんへ。

 「そうま」さんには、自転車の駐輪バーがあり、さらに自転車で来店した方にはソフトドリンク1杯無料サービスがあり、自転車Welcome の優しいお店です。場所もホンダエアポートのすぐそば。お店の方も感じよくて、お昼時から夕食時間までずっと開いているのも安心です。海鮮料理など和食メニューが充実していて、いろいろ選べます。

 さぁ、からだも温まったので、最後20kmをがんばって走って帰りましょう。もう、だいぶ暗くなってきました。荒川サイクリングロードには外灯がないので、声掛け合いながら走ります。ライトの明るい人は暗い人をカバーし、速度もゆっくりで。

 午後6時30分頃、秋が瀬公園に戻ってきました。ライド終了~
103kmを走りました。皆さん、お疲れさまでした。

 Aちゃん、Yちゃんは初の100km越え。自信になりましたね。
お二人とも、まだ自転車に乗り始めて間もないのに、アップダウン、雨中の走行、かなりの季節はずれの寒さ、大変だったことと思います。がんばれたこと、無事に帰れたこと、本当によかったです。

 いろんなことがあり過ぎなライドでしたが、皆さんに助けてもらって無事に終了することができました。これに懲りずにまた、皆様、また走りにいらしてくださいね。どうもありがとうございました。楽しかった~

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Pocket Rocket Petite 完成

2016-03-10 18:54:56 | BIKE FRIDAY

Bike Friday社 の Pocket  Rocket Petite が完成。3月5日に納車されました。

 いろいろ悩んだ末に、やっとこさ…できました。

 まずは、フレーム作成から。

 Bike Friday はセミーダーになります。
 身長と体重、股下寸法を伝え、その他、自分にあったサイズのロードをすでに持っている人は、そのサイズを測ります。私の場合は、2008年に作成したロード Project M がありますので、そのサイズをショップイークルに伝えます。

 (※図はイークルより転載)

  A=58.5cm     B=86cm      D=53cm   F=84.5cm

 その情報をもとに、アメリカでフレームが作成されます。
(現地では2015年12月4日に完成していました。)

出来上がってきたフレームのサイズです。

Main 48cm / Mast 8.5inch(21.6cm) / Riser 11inch(28cm)/ Projection 80mm

 

 Mastの長さは、お好みでもう少し長くしたり短くしたりもできます。

 Petiteは小柄な方限定(体重57kgまで)のため、後ろのステーを見てみると、かなり細いです。

 色は10色以上の中から選択。2色を組み合わせることもできますが、お値段がアップしてしまうので、ここはシンプルに単色で。「忌野清志郎さんと同じオレンジ号で行こう!」と前々から考えていたので、すんなり決定。オレンジは気分がアップしますからね。ビタミンカラー

 苦労したパーツ選び。今まで、サドル、バーテープ、タイヤくらいしか自分で選んだことがなかったので、2ヶ月間、本当に格闘しました。
 でも、なんとか終わって、こうして完成してみると、その試行錯誤の行程がつくづく楽しかったです!! パーツに凝る人の気持ちがちょっと理解できました。追々レポートしたいです。

 ロゴ、可愛いですよね。

   

 完成した車体の重量は9.4kg。これなら十分輪行ができます。

 ショップから自宅まで約35km。ゆっくり走って帰ってきました。

 初乗りの感想は…大変良かったです。全体的に走りが軽いです。

 ロードと同じくらい登りもしっかり上がれます。ギア比が正しかったということですね。これがオーダーの醍醐味だと、友人に言ってもらえました。
 砂利道も走ってみましたが、ふらつくことなく、グリッド感があるというか、きっちりと踏み込んで走れる感じです。ハンドル、シート共に地面からの震動はかなり少ないと思います。
砂利道でも手がつらくなることもなかったです。
  STIも良くなっているのを実感。細身でブレーキングがしやすいです。ただ、フロントの補助ブレーキを装着しなかったので、手を中央に置くことが少なくな り、ずっとSTIを持っている状態だったので、左手のひらが痛くなってしまいました。これは、慣れと握力アップを期待したいところです。
さて、これから、蜜柑号でどんなところに走りにいこうかなぁ。旅気分アーーーップ


**** おまけレポ *********************

 途中、牛込柳町の白河そばでお昼。インスタントではない丁寧に作られた出汁のおつゆがとっても美味しいかったです。店構えは立ち食いそばですが、そういうカテゴリーで語ってはいけません。

お蕎麦よりも人気のおうどん。平麺が美味しいって初めて思いました。天ぷらも季節によって変わるようです。これは新タマネギのかき揚げ。きざみ油揚げ、ごぼう天ぷらなどをのせるのも美味しそうだったなぁ。

カレー、きざみ油揚げ、牛肉の煮汁で味付けされたお豆腐、が盛られたの小ぶりの丼もあって、ガテン系の人たちも大満足なのではないでしょうか。カレーが美味しかった!
新宿界隈の方、是非、お出かけくださいまし。
*************************

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

Pocket Rocket Petite 作成開始

2016-01-10 09:51:39 | BIKE FRIDAY

BIKE FRIDAY社 のPocket Rocket Petite(日本ではポケロケプチと呼ばれている)をオーダーすることになりました。

輪行が楽にできる、今のロードより小さくて軽い、それでいてちゃんと走る自転車が欲しいなぁ、と思いつつも、いつも乗っているロード ProjectM が、たいていの小径車よりずっと軽く(多分9kg強)、輪行もまぁまぁできるので、差し迫った事情はなく、まぁそのうちね~というノリでした。

買いたい小径車は、BIKE FRIDAY社のもの。BIKE FRIDAY社はアメリカのビルダーさんで、日本国内の代理店、ショップはわずか数店しかありません。

以前、BIKE FRIDAY社のTIKIT(ティキット)には友人に借りて乗らせてもらったことがありますが、うーーん、正直、ちょっとママチャリっぽい感覚でロードのようなワクワク感があまりないのです。残念。IKITはご近所をポタリングするにはとってもいいし、走ろうと思えば100kmも走ってくれるすごーーく優秀な自転車ではあるのですが。

となると、スポーツ感覚で乗れて旅気分も味わえる、ロードに近い走りをしてくれるのは、やっぱり、Pocket Rocket(ポケロケ) シリーズだと確信。バイク仲間のJちゃんは、ポケロケで奈良の山中400kmを走破したり、ツールド沖縄に参戦。この時はロード乗りに混ざって走ったものだから「おおっ!ちびっこ頑張れ~」と大声援を受け、拍手喝采を浴びたそうです。実際、タイムも中盤をキープ。Jちゃんの実力ももちろんあるけど、ポケロケ、さすがの走りです!!

さらに、ポケロケは分解してスーツケースにも入れられるのです。飛行機での移動が楽にできます。

しかし、セミオーダーでもあり、海外への発注ということでお値段もそこそこします。なので、まぁ、いいや~ということで眠っていました。

2015年の春に、日本での代理店が新宿にもできたことを偶然「ミニベロロード」というサイトで発見!
職場から簡単に行けるじゃん、ということで、ちょっと覘きに出かけたところ、「7月にPocket Rocket Petite の試乗車が入ってくるので、ぜひ、乗りにいらしてください」とのことで…、8月に実際に試乗に行きました。

試乗した感想 : 小径車は、コーナーを曲がる時に、車輪が小さいため、ハンドルがクイッと曲がりすぎて安定感を失うことがあるとのことですが、このPocket Rocket Petite はそういうこともなく、しっかりと地面をとらえるような走りをしてくれます。コンポもシマノの105で組んであるので、ブレーキングもいいし、きびきびと走ります。20km/hのスピードも楽に出せます。これなら安心です。

Pocket Rocket が体重80kgの人でも乗れるのに対して、Pocket Rocket Petite は、体重57kg以下の人だけが乗れる、さらに軽量のモデルで、完成車体8kg~9kgでできるそうです。体重の軽い人にとって、普通の自転車はオーバースペックで無駄なものを積んで走っているとも言えるそうです。Petite はまさに私のような小柄な者には嬉しい自転車なのです。これで輪行もさらに楽にできます。かなり気に入りました~♪ 

問題は値段です。「8月中にオーダーしてくれれば10%OFFです」とのことで、このセール期間中にとりあえず見積もりをとってみようと頼みました。今はあいにくと円安。オーダーのタイミングとしてどうなんだろう、一体いくらになるのか…。ドキドキ…もちろん、高ければ買えません。

ところが、数日して「あの~、、見積もりが出さなくなってしまいました。申し訳ないです」とのご報告。えっ?! 理由は、BIKE FRIDAY社が「Petiteは、昨年、全世界で4台しか売れなかったのでもう作成しないことに決めた」とのこと。廃番です。えーーーっ、もう作らないの 代理店さんも晴天の霹靂の発表に大慌て!でも、年間4台じゃ仕方ないのかなぁ、せっかく気持ち盛り上がってたのになぁ、、、、

それから半月ほどしてショップから連絡が入り「 BIKE FRIDAY 社と交渉して特別にPetiteを作ってもらえることになりました。大丈夫です」とのこと。話を伺うと、ショップのオーナーさんはとっても頑張ってくれました。Bike Friday社に直談判。「世界的に見ればこのPetite は台数が伸び悩んでいるけれど、小柄な日本人には需要が絶対にあるはず。せっかく代理店になって、試乗車を作って、私自身Petiteのすばらしさを実感して、これから日本市場にPetite を売り出そうと思っていたたところなのに製造中止なんて困ります。日本にとって大打撃ですぜひぜひ製造を続けて欲しい」と訴え続けたところ、Bike Friday社が「では、特別に比較的、閑な冬季に限定でまとめて10台オーダーするなら受けます」という約束をしてくれたそうです!! 良かった~!!なんという情熱でしょう。代理店のイークルさん、すばらしいです

となると、もしかしたら、今年注文しないと、私にあう小径車は手に入らなくなっちゃうかも。。。ということで、今はかなーり不利な円安ですが、このタイミングと経緯でオーダーというのは、きっと何かの縁で節約すればきっと大丈夫と思い、「お願いします」と宣言。10月末~11月初旬にかけてショップと仕様を煮詰めて、フレームのみを発注しました。

私の場合、すでにロードバイクを自分のサイズぴったりにオーダーしてあるので、そのロードバイクサイズをショップに提出すれば、基本的にOK。とっても楽です。

ポケロケは完成車をオーダーすることもフレームのみをオーダーすることも、両方どちらでも可能とのことでしたが、フレームのみのオーダーにしたのは、まず第一にハンドルをカーボンにしたかったためです。(ただ、ポケロケには、ハンドルを2つに分解できてスーツケースに入れやすくできるタイプの優れものがあります。これは、とっても魅力的なので、必要になったら後で注文するかも。)


また、ハブやギアなど、パーツの仕様を細かく自分で選んで決めていけるのがいいかとも思いました。しかし、実際はこれが大変~、、、迷うこと、わからないことばっかり。 

2015年12月下旬にオーダーしたフレームがアメリカから届きました。

ちょっとわかりにくいけれど、明るい感じにしたくてオレンジ色を選びました(写真にあるサドルや車輪などのフレーム以外は借り物)。
さて、これからどういうパーツで組み上げていこうか、うーーん、かなりかなり悩みます。

2007年にロードをオーダーした時は、何もわからなくて、すべてビルダーの松永さんにお任せだったので、楽ちんでしたが、今回は自分の乗り方を振り返りながら、大変だけどいろいろ研究してみたいと思います。

こんな調子なので、完成は2月末かな~??


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カレーうどん

2015-12-06 20:48:28 | ぽたりんぐ

 11月29日、だいぶ寒くなってきたのでカレーうどんでからだを暖めましょう、というライドをKさんが企画してくれました。

 越ヶ谷レイクタウンを車で出発。Kさんの軽自動車に、3人+自転車3台が乗ります。よく乗るな~。集合場所の手賀沼フィッシングセンターには、1時間ほどで到着。ここで取手在住のIさん親子と合流。5名のライドになりました。

 ここから→手賀沼サイクリングロード→利根川サイクリングロード(利根町役場前を通過)→小貝川サイクリングロード→竜ヶ崎市内 と進んでいきます。

 手賀沼では、白鳥、オオバンがみられました。白鳥はずっといるのかしら?オオバンは、黒くて顔の前とクチバシが白くて目立ちます。現在、手賀沼の中で一番多く生息しており、我孫子市の鳥だそうです。

 カヌーで水遊びの人、気持ち良さそう。

 手賀沼はけっこう広いです。ランニングする人、犬の散歩をする人、自転車で走る人…ご近所のファミリーに人気のエリアですね。

一緒に初めて走ったSさんのバイクです。クールしっかり高速で走れますね~

利根川サイクリングロード、広くてとても走りやすいです。
Iさん親子、仲良く走れていいなぁ。。。

ここが利根川と小貝川の合流地点です。(わかりにくい…

小貝川、つくばでは上流を走っていますが、ここは下流なので、とてもゆったりとしています。

お天気にも恵まれて、風もなく、気持ち良く走れました。

さて、お腹も空いて、いよいよお昼です。お目当ては「薬師寺そば」屋さん。12時前に到着できたので、スムーズに店内に入れました。混雑していると1時間近く待たされることもあるそうです。
ほとんどの人が「カレーうどん」を注文です。お蕎麦を食べている人はあまりいないような…。

私は、海老天ぷら入りのカレーうどんを注文。

カレーうどんは、けっこうスパイシーで、タマネギがたっぷり 豚肉もしっかり入っていて、栄養のバランスがとれル感じ。天ぷらの海老もなかなかにおおぶりで、お腹がふくらみます。おうどんの量もしっかりで食べ応えあり
さらに、ちゃんと小さな甘味もついてくるところが、にくいなぁ~ 女性は特にうれしい
大満足~でした。

お昼の後は、まだ時間もたっぷりあるので、珈琲をいただきに参りましょう。Iさんのご推薦で、
COFFEE HOUSE とむとむ に。
木造の大胆なログハウス、丸いどんぐりアーチの天井が高くて、とっても気持ち良いです。
さらに、お値段が良心的で、うれしい。サイホンで淹れた珈琲がカップ2杯で440円。素晴らしい~
私はマンデリンをお願いしました。さっぱりとしていて、とても美味しかったです。
  

ここでIさん親子とお別れして、埼玉組は、手賀沼フィッシングセンターに戻ります。
そして、最後に手賀沼満天の湯の足湯に浸かって、からだの疲れをとりました。気持ちいい~

 

約50kmのライド。


帰りはKさんの運転で越ヶ谷まで戻って解散。運転もせずに、お気楽に帰れてうれしかったなぁ。
今度は、白鳥でも見に行きましょうか~。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

物見山公園

2015-10-19 19:42:32 | ぽたりんぐ

 少し前になるけれど、物見山公園(こども動物公園)まで走ってきました。

 荒川サイクリングロードに大久保浄水場あたりから入り、北上。

 上江橋を渡って荒サイの反対側へ渡り、川島町へ。
比企自転車道(川島こども動物自然公園自転車道線)に入り、
→比企自転車道の案内はここ。地図のうち右下ピンク色の部分を参照ください)、
梅の木古凍貯水池でひと休み。
湖面に太陽電池パネルがたくさん設置されていました。

この自転車道は、民家のすぐ近くを走ったり、ちょこちょこ曲がったりで、安全にゆっくり走れるので、安心感があります。

ケーズ電気、カインズホームを過ぎ、東武鉄道の踏切(高坂駅近く)を渡ります。このあたりは、ご飯もたべられます。(荒サイを走っていると、コンビニ・ご飯処がなかなかなくて、けっこう大変です。)

徐々に、登り坂基調に。そして関越自動車道をくぐると、もう、そこはヒートアップするっきゃないでしょう。
大東文化大学に続く坂が立ちはだかります。距離3km、高度100mを、一直線に行く、まさしくハイライトです。
けっこう、いえ、かなりきついです
このトレーニングのために、自転車野郎たちが大挙してやってきます。
なので「聖地 物見山」なんて言われ方もします。

着いた~、物見山公園疲れた~~。

ここでひと休みして、物見山公園の周りを走って、また大東文化大学の前を通って帰路へ。
帰りは、もちろん、この上ってきた一直線を一気に下れるので、気持ちいい~、楽ちん~

来た道をそのまま走って帰って、往復約100kmでした。久しぶりにたくさん走りました。
楽しかった~
コース案内をしてくださったAさん、ありがとうございます。

今度は、秋が瀬公園出発で「しろくまパン」を目指したいと思います。(往復約100kmかな)。

 

<参考ルート地図>

※川島こども動物自然公園自転車道線を通らないため少し距離が短いです。

秋が瀬公園~物見山公園

秋が瀬公園~物見山公園~しろくまパン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸花

2015-09-23 18:17:17 | ぽたりんぐ

 緑のヘルシーロード(見沼代用水東縁)は、彼岸花が満開です。
 数年前は、ちらほらと土手に咲いていただけでしたが、増える増える…今では、桜並木の下にしっかりと赤いラインを引いています。10kmは続いているでしょうか。見事です。

 

去年は、巾着田に行って真っ赤な絨毯を敷き詰めたような見事な満開の彼岸花を見ました。
ほんと凄かった~。今度、自転車で行ってみたい。川越からなら行けそう…

彼岸花の咲いている時期はほんの1週間程度、コスモスと一緒に咲いているのが見られるのも今だけ。

コスモスの満開は、2週間後くらいかな。

ウォーキング、釣り、サイクリング、写真撮影、ピクニックでお弁当とお昼寝、公園でのキャッチボール…
ヘルシーロードは思い思いのスタイルでのんびり楽しめる人気スポットになっていますね。

最後にさいたまスタジアム公園の美しい緑の芝生を見に行きました。
暑かったので、子供たちがミストシャワーに大はしゃぎ。私も涼しい…

約40km走って、秋の花をのんびり楽しんできました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メロンライド

2015-09-22 10:09:15 | ぽたりんぐ

 9月20日、メロンの森(鉾田市)に出かけました。
 私たちショートコース組は霞ヶ浦に10:00集合、ロングコースの方はさくら運動公園に8:30集合。

 高速が事故のために大渋滞!で、急遽、下道で行ったのですが、霞ヶ浦には30分以上の遅刻になってしまいました。すみません。ロングコースの方は、もうすでにここまで50km以上を走ってきています

  総勢10名。初めてご一緒に走れるMさん・Sさん、久しぶりに一緒に走れるR800さん・ノーラちゃん。
笑顔で冗談いいながら走れて、本当にうれしいなぁ。。。
 お天気もとっても良くて、まっこと自転車日和でした。風もなく青空いっぱい。日差しもさほど強くありません。

 

 みんな晴れやかな笑顔で楽しそう。
 先頭のNさんも、Hさんを気遣って速度をかなり落として走ってくれます。皆さんのサポート意識が高くて、ほんと、安心して走れます。感謝

 メロンの森には、約1時間で到着。ここまで約17km。 
ここで、ハーフサイズのマスクメロンを豪快にいただきます。左下の黒いのはサイコン。(これで1400円です!)
「うわーー、大きい!!食べられるかなぁ」なんて心配の声もありましたが、やっぱり全員完食。
完熟になってから採取するということで、と~っても甘くて美味しいです。感動!!

 

メロンジュースをお店の方から特別にプレゼントされて、「こんな濃厚なメロンのお味は初めて~」とこちらにも感激の声声。
私はあまりに美しく、美味しいので親戚・家族のために2個配送してもらうことにしました。ちょっと頑張りました(笑)

メロンの後は、海を見に。埼玉県人の私が海を見ると、本当に興奮しちゃいます

みんな気持ち良さそう~に海を眺めています。

茨城の海は、豪快な感じです

さて、遅いランチは…「ニューますみ」でお刺身定食。やっぱり海に近いのでお刺身が美味しい。
ここは宴会場もあり、単品もいろいろ美味しそうだったなぁ。
隣の席にいらした方に「あら、競輪の方たち?すごいわねぇ」「あ、腿を鍛えるのが大事なのよね」などいろいろ聞かれちゃいました。質問が可愛い
やっぱり、ちょっと目立つよね、私たち。


秋は美味しいものがたくさんで、本当にうれしいですね~。

ショートコース組は約45kmのライド。ロングコース組は平均150kmくらい走っているのではないでしょうか。
すごいなぁ…

 

 

 
これからもよろしくお願いします。
本当に楽しかった~。皆様、ありがとうございました。

追伸:Hさんが「自転車に乗ったら、体調がとっても良くなりました。ここ数ヶ月ずっと悩んでいたのがウソのようです。自転車がんばろうかなぁ~」と報告してくれました。良かったです。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加