ときどきドキ

気が向いたトキに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

~オリオ2 オイル+ウレタン塗料~ 無垢材の汚いテーブル ビーンズ型のリビングテーブル ナラ材 

2017-03-28 16:52:46 | テーブル
ビボスセラリカをあきらめ、オリオ2というオイル塗装とウレタン塗装を合わせたような塗装に挑戦。
2液混合タイプの塗料で、基本希釈液も必要らしい。少量セットが販売されていたので購入。3,780円+送料プラス代引きonlyで5,000円弱。
このセット、A液140g、B液70g、希釈液70gの計280g、2回塗りで約3㎡塗れるそう。

A液とB液と希釈液を2:1:1の割合で混合して使う。

◆1日目 天板裏面と脚、反り止めを塗る(1回目)

40g:20g:20g=80g作る。塗布目安約1㎡に50~60gとのこと。テーブルは大体面積1.2㎡~1.4㎡くらいと予想。
液は水のような、サラサラな液体。
臭いは、普通にシンナー系、揮発性の溶剤の臭い。我慢できないほど強烈でもない。
外でやったので自分的に臭いは我慢できたが、隣人にベランダ出てこられたらヤバい、困るなと思うレベルだった。室内でやるのは無理。

購入したサイトで塗り方が紹介されていたのでその通りに。

側面先に塗った。


天板裏面、たっぷり塗った。


少し待って(10分くらい)紙やすり400番でやする。擦り込みというらしい。
茶色い研ぎカスが出た。途中から紙やすりの動き重くなる。その後ウエスで拭き取る。


ふき取り後はビボスを塗った時の質感に似ている。

その後20g:10g:10gで計40g作り、脚とそり止めに塗布。120g使用。残り160g。

◆2日目 天板裏面と脚、反り止めを塗る(2回目)

1回で十分きれいになったので、やらなくていいかと悩むが、もう1回やることにした。

オリオ2、前回120g使い、計算上残り160gだが、刷毛が吸ったり、混ぜるごとに缶に滴ったりする分、ロスが出る。肝心な表面で足りなくなるのは困るので、ケチケチ20g:10g:10g=40gで天板裏面だけ、やることにした。
しかし、足りなくて面がべたつき、2回目のペーパーかけ(600番)ができない・・・。
オリオ2は残り計算上120g。ロスを考えなくても、天板表面2回塗れないんじゃない?追加で塗るのはやめ、なんとか拭き取りだけやる。もうベタベタなので布がくっついて繊維が面についてしまう。大失敗・・・
2時間ほど経ったのち、600番のスポンジやすりで磨く。それから2時間おきくらいに3回くらいスポンジやすりで磨いたら、余計なツヤが出てしまったが、くっついた繊維のホコリみたいのも取れたし、失敗はわからなくなった。

オリオ2、かなり吸う。塗布目安として記載されていた量が(280gで2回塗り1.5㎡)ちょうど良い感じ。テーブルの大きさも1.2㎡~1.4㎡と考えていたが、大き目に予想すべきだった。
本日40g使用。残り120g。

◆3日目 天板表面(1回目)

いよいよ天板表面。裏面を塗ったとき、最初に側面にドバっと塗ってしまい、表面の縁にずいぶん塗料が回ってしまったので、もう一度表面と側面を120番、240番とやすりがけをし、表面をならす。

側面を塗らないで始めてしまうと、垂れた塗料でまだらにシミになりそうだし・・・最初に塗るとき、側面はうっすらウエスで塗るべきだったと反省。

オリオ2、36g:18g:18g=72g作る。


けっこうたっぷり塗れた。

10分くらいしてから、400番で擦り込み。茶色い研ぎカスが出る。


ちょっと頑張りすぎて、べたついてきてしまった後で軽く拭き取った。
塗布直後→拭き取り後→

側面はウエスで薄く塗り、3回くらい重ねた。擦り込みはしなかった。天板を拭き取るときに一緒に拭いた。

2時間後、白っぽくなってしまった部分が節部分に所々。まだ天板はべたつきがある。
600番のスポンジやすりを軽く全体にかけたら白い部分は消えた。節部分は硬いし、塗料の吸い込みが悪いのだろう。
エポクリヤーで埋めた節穴部分も変化なく安心。


本日72g使用。計算上残り48g。

◆4日目 天板表面(2回目)

オリオ2、実際の残りはどのくらいか?
A液23g、B液7.2g、希釈液9g・・・合計39.2g。計算上残りは48g。当然少ない液のほうがロスも多いので、2:1:1で作ると、14g:7g:7gで28gしか作れないではないか。
ロスは1割。
もうバランスは崩れるが全部混ぜた。それでも39.2g。天板裏面40gで足りなかったのに・・・

塗布前。なんか白っぽい。昨日の拭き取りが軽すぎたのか?でももうこのままやっちゃう。


こうなったら拭き取りだけで、擦り込み600番はやめようと思った。
塗ったら、結構塗れて、(液のバランス、A液はオイルで、A液のほうが多いからか?)一応600番をかけられた。
急いで拭き取る。

拭き取り後


数時間後また600番と800番のスポンジやすりを軽くかけ、一応完成。
見た目は、1回目の塗布と変わらない。

◆完成

オリオ2の仕上がりは、オイル塗装より濡れ色が薄く、表面はオイルよりちょっと乾いた感じに見える。
臭いは、ずっと外に置きっぱなしの状態で、1日経つとテーブル近づくとまだ臭う。2日経つとかなり臭いも薄まったので、家に入れた。
やはり家だと臭い。家の中でさらに2日経ったら臭いはなくなった。

水はじきがイマイチで、水拭きしても白く残らないのはいいが水がべたっとくっつく感じ。


※反省点
塗料の容量が足りなかった。
側面はドバっと塗ってはいけない。
擦り込みの詳しいやり方と、拭き取りの力具合がわからなかった。
拭き取りは撫でるだけくらいに軽くやると白く残ってしまうので、強めに拭き取ったほうがよかった。
擦り込みは、どのくらいやればいいのか全くわからなかった。研ぎカスで粘ってきて重くなったらやめた。初心者には難しい。塗って拭き取りだけで十分かな?とも感じた。

◆やり直す

数日後、サンプルを購入したガラス塗装のナノクリアスを塗ってみたが、厚塗りしすぎてムラになってしまい、またまたやり直すことにした。

オリオ2をまた購入・・・。
塗装を紙やすりで落とし、240までかける。
今度は、擦り込みの紙やすりの番手を、1回目320、2回目400でやってみた。(前回400、600)
さらに、3回塗りにして、3回目は薄めにウエスで塗って、拭き取りのみ。
前回のように白っぽくならず、ツヤが出た。なんでだろう。
水もはじく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~エポクリヤーで節穴埋め~... | トップ | ~ナノクリアス ガラス塗料... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テーブル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。