虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やおい幻論〔やおい〕から見えたもの(榊原史保美著/夏目書房)

2005年01月04日 | 
 いわゆるやおい・ボーイズラブは苦手なのでほとんどパスしています。でも知り合いの女子中高生でやおい愛読者・コミケ常連さんたちはかなりいます。だからたまに覗かせてもらうけどやっぱりちょっと見ては「きゃあ」でおしまい。最近のものはまともに読んだことがほとんどありません。男性同性愛のものの嚆矢といえるんじゃないかと思う、そして私がまともに読んでいる竹宮恵子、中島梓氏は、彼女たちの作品は今のやおい物とはまったく質の違うものだとおっしゃっています。

 やおい本はちょっと覗くと〔刺激〕ばっかり!という感じがしないでもありませんし、「やおい」という言葉になんとなく後ろめたいような、怪しいような、いけないことである感じは付きまといます。

 この本は、男性同性愛小説の早いうちからの書き手である著者が、それを書かなければならない、書く必然性を持つ人間の立場からの考察と発言。文章硬いし、難しくて、読み進むのはちょっと苦労。好奇心と偏見の目で捉えられる主題だけに、あえて、こういうカタイ文体にしたのでしょうけれど。
 この本によれば、ヘテロセクシュアル(いわゆる普通の異性嗜好)、ホモセクシュアル(同姓嗜好)などと並んで、トランスセクシュアルというややこしいものがあって、それはたまたま女性の身体を持ってしまったけれど男性としての自己意識を持ち(最近認知された性同一性障害というのですね)、それでいて男性が好き、というもの。そういうことになると、じぶんの女性としての身体で男性同士の関係に入っていくことは許せない。したがって、必要なものとして男性同性愛の小説類で昇華していくことになる…でいいのかな?

 私の今までの「やおい」の捉え方というのは個人のセクシャリティに根のある問題というより、世界に対する違和感のあぶりだし方のひとつの方法というものだったので、これはちょっと驚きだった。
 異性関係というのは、どんな関係であれ、男女間の縦=上下関係を伴わずにはいられない。それを排したところで成立し、しかも世間の基準にずれた恋愛関係は、人間誰もが抱えている世界への違和感、その中で人との結びつき、理解し合える関係を求める心を際立たせるための手段かしらんと考えていた。だからこそ、女の子が群がるのか、と。

 自分の足元を見てみれば、同性愛というのは、おのれに直接かかわらなければ理解と許容を示せる現象である。
 例えば「プリシラ」を見てゲイである彼らの悩みに共感し、苦しくてもそうあることが彼らの自然であるということはわかる。だけど、自分の兄弟がそうなったらほんとにショックだろうなあ。それを受け入れるのにむちゃくちゃ時間とたくさんの葛藤を経過しないと無理。それでこの本もぜんぜん身に迫ったものでなくて、結局、別の世界の風俗を見る眼でしか読めなかったようだ。

 でも、こういう切実な「やおい以前のやおい」と、女の子が出ないポルノグラフィー的な読み方してる「ヨミセン」(コミケ用語らしい)の子達とは別だと思う。こちらはこちらで、別個に考察が必要でしょう。

 実は正月に、いきなり「やおい」からもちょっと気がひけるので橋本治から書き始めたのでした。あとはル=グィンの名作「ゲド戦記」全5巻をなんとか自分的に納得してしまいたかったので通読してたけど、結局先送りになりました。ル=グィンといえば、考えてみると「闇の左手」もちょっとそれっぽいとこはあるかも~

登録ブログランキング


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上司は思いつきでものを言う... | トップ | 夜のパパ(マリア・グリーペ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やおい (arudenteな米)
2005-01-04 22:33:16
自分は「表現が耽美なハードゲイ」って感覚しかないですがゲイで思い出すのは映画「キラーコンドーム」と一連のアニパロくらいです。



女子同性愛はファンタジー映画等に引用される事もありますが男子同性愛はいまだコメディ主体なのも世間の目ですかねぇ
謎の世界 (ningyo)
2005-01-05 08:02:53
私の体験範囲では、「やおい」と「やおい少女」「腐女子」理解には全然たりてないみたいです。

薔薇族方面とやおいがまったく断絶してるみたいなのも謎のうちです。



「キラーコンドーム」面白いですか?

またリスト増えちゃいます。
いや~ (arudenteな米)
2005-01-05 08:29:38
「キラーコンドーム」正直アルバトロス配給だったので想像つくと思いますが馬鹿ムービーです。

主題歌は耳につきますが心に余裕があればって所でしょうか?
アルバトロスですか (ningyo)
2005-01-05 14:48:35
思わず納得しました。

アルバトロスは

「えびボクサー」以来ご無沙汰してます。
Unknown (カツミアオイ)
2006-12-24 01:15:41
 こんにちは、TBありがとうございます。
 私自身も腐女子ですが、なぜと聞かれると難しい部分はあります。
 ある意味、反社会的な行為を気の合う仲間同士で、暴力を伴わずにできる快感、でしょうか。(女の子は腕力はないですから)一種の宗教的要素もあると思います。

 でも、フェミニズムの影響もありそうです。
 トランセクシャルはどうだろう…。誰しも、女性的な部分も男性的な部分もあるでしょうし。
こんにちは (ningyo)
2006-12-25 19:02:45
コメントありがとうございます。
やはり私の理解力ではまだまだ足りない部分大ですね。
男女関係をとらえるのに権力関係を持ち込んだのは
フェミニズムだそうです。
私は現在やはりそれ抜きには考えられません。

ユングを持ち出すまでも無く、誰しも男と女を一つの人間の中に持っていますが性別の自己認識はやはりどちらかに決定されているのではないかと思います。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クィア(同性愛)/腐女子向け一覧 (EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど)
 過激度は、☆1個~5個、映画としてのオススメ度は★1個~5個です。  オススメ度は良い悪いじゃなくて、普通の人が見て楽しめそうだ、感動しそうだと主観的に考えてだしました。  五十音順です。  [http://blogs.yahoo.co.jp/katsumi_aoi/26352227. ...