虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きみに読む物語 (2004/米)

2005年02月10日 | 映画感想か行
THE NOTEBOOK
監督: ニック・カサヴェテス 
出演: ジーナ・ローランズ ジェームズ・ガーナー ライアン・ゴズリング レイチェル・マクアダムス

 老人療養施設で暮らす女性に、物語を聞かせる男性。
 それは、一目惚れから始まった若い、激しい恋の物語だった…

 愛の奇跡を描いた現代のある意味でおとぎ話。ジーナ・ローランズ、J・ガーナー共に大好きな俳優さんで、安心してその映画の世界に浸っていられました。「メッセージ・イン・ア・ボトル」と同じ原作者で、「メッセージ…」はちょっとべたべたすぎて引いてしまったけれど、やはりこの優しい物語にラストで自然に、思い切り泣けたのもお二人の演技あってこそです。

 これは、感想を書こうとすると、どうしても見る前に知らないほうが絶対に映画を楽しめるということを書かざるを得ません。

 ------以下はそういう感想です-------

 最近でこれくらい泣けた映画はありませんでした。この極めつけメロドラマなストーリーもさることながら、私が見てきた偕老同穴、比翼連理な老夫婦の記憶に泣かされたのでした。
 大恋愛の末に結ばれた二人の日常というのは、映画の中では写真や、成長した子どもたち、アリーの母のエピソードから暗示的に示されるだけになっているけれど、二人がお互いの愛情にこたえあう、輝かしい日々を持っていることが今の二人から明らか。私が人生の先輩の方々を見て本当に素敵だと思ったのは、こういう過去を共有していて、お互いへゆるぎない信頼があるのが感じられることでした。そういう関係になれるのは、とても幸福なことだけれど、ただ何もしないでそうなれるわけではない…それもわかったのでした。
 若い二人の苦節を乗り越える愛も素敵だった。やはり私は、焦点はアリーの決断にあると思った。アリーの母も同じように苦しみ、彼女なりの決断をした。しかし彼女は「自分は今幸福である」ことを言い聞かせる儀式を持っている。人間にとって本当に自分の望むことを見つけ出すのは、実は大変に苦しい作業であり、捨てて悔いない選択肢なんて実は存在しないのかもしれない。アリーは、母を理解し、そして決断した。
 その人生がこの愛の奇跡で締めくくられるならば、なんと祝福された人生であることか。

 ちょっと残念な点。一目ぼれシーンで、彼女が画面からさほど浮き出して見えないこと。もっと上手に光り輝かせてくれたら、私もノアと一緒に彼女に一目ぼれできたのに。ノア役のライアン・ゴズリング、とてもきれいでしたが、私の目から見るともうちょこっとだけ、心の底の狂おしいほどの炎を感じさせて欲しかった、なんて思ってしまった。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風と共に去りぬ」ほかBS2・... | トップ | 紙飛行機 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正直迷っています (chishi)
2005-02-10 10:04:52
見ようかどうしようか。

なんとなーく、話の展開とラストがわかるので、

今の私にはこれぐらいベタなメロドラマは毒じゃないかなぁ…と(汗)

DVDでも良いぐらいでしょーか?
これは絶対映画館とは (ningyo)
2005-02-11 08:28:45
言い切れないです。

映像きれいだし、音楽も素敵だけど

家でしんみり見るのもいいかな、というもので。

めちゃくちゃ泣けましたけど、

半分以上、この映画見て思い出した

おじ様おば様たちが原因です。
TBさせていただきました (nicoco)
2005-02-15 19:35:30
何故泣いたのか分らないのですが、多分背景の美しさと音楽の良さに・・すごく泣いたのかもしれません・・(;^_^A
ありがとう (ningyo)
2005-02-16 07:45:50
いつもありがとうございます。

ほんとうに映像、音楽素敵でした。

誰でも泣かせてしまうのですから

カサヴェテス監督腕がいいなあ

と思います。
TBありがとうございました (ななな)
2005-02-24 16:07:40
展開は大体わかっているのにそれでもあのラストにはやられてしまいました。

本当に素敵過ぎで・・・

あんな恋がしてみたいなぁとか思ってしまいました。
こんにちは (ningyo)
2005-02-25 08:18:26
わかっていて、それでつぼにはまるのですから本当にうまいです。

こういう期待通りに運んでくれてしかも手垢のついた感じのしない作品が撮れるなんてただものではないですよね。
Unknown (Nob)
2006-03-08 03:40:18
初めまして。

素直に感動できる映画でしたね。

これぐらいにシンプルに描かれた映画って少ない気がします。

音楽も映像も綺麗でよかった!

TBさせて頂きました。
こんにちは (ningyo)
2006-03-09 09:50:30
はじめまして。

TBコメントありがとうございました。

わかっていても泣かずにいられない、

という映画でした。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
きみに読む物語 (ネタバレ映画館)
 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、『今、会いにゆきます』、『ぼくの彼女を紹介します』、『君に読む物語』・・・さてどれが正しい送り仮名でしょうか?  恋人同士で観に行くのはやめたほうがいいのかもしれない。80歳になる主人公と比べたら、彼の愛情の深さにかなうわけが
きみに読む物語 (chat gourmand)
わたしは「記憶」をテーマにした映画に弱い。というのは、この映画を観て気がついたことだが、フランス語の時制に「半過去」というのがある。例えば、「あの人は美しい女性だった」といったときの“だった”がこれに当たるのだが、半過去が使われている文章を聞いたり読んだ
『きみに読む物語』 (京の昼寝~♪)
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるものは失
きみに読む物語 (*Lifestyle.net )
きみに読む物語を観てきました。
きみに読む物語(2/8 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『ひとつの決断で最高のパートナーを得る至福』  私の好きなジャンルの映画であり、公開を楽しみにしていました。  とはいうものの、予告を観ているときは、若い2人の恋愛が主体なのだと思っていました。  ところが、観ていくうちにその考えが短絡的であったことがわか
きみに読む物語 (グリーントマトとマグノリア)
今日「きみに読む物語」観てきました最ーーー高に良かった泣きまくりましたよもうねぇ、全てがツボだね恋愛物好きな人には絶対おすすめです。あと、よく喧嘩するカップルとか。すごく人を好きになる事って、やっぱりいいよねと思わせてくれる映画です。最後のシーンがちょっ
「きみに読む物語」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で2月5日公開の『きみに読む物語』を観て来ました。 『北の零年』にするか『アレキサンダー』にするか迷ったんですが、今回は感動を選びました。 原作は『マディソン郡の橋』をも超えたベストセラー「ニコラス・スパークス」著『The NoteBook きみに読む物語
The Notebook(きみに読む物語) (Tio Tacaブログ [Dreams Come True])
 レンタルするDVDを探していたところ、BlockBusterの店員が「The Notebook、これいいよ。多分レンタルできるから週末見てみたら?」という誘いに乗って借りたのですが、いやーいい映画でした。慌ててネットで調べてみたのですが、日本では5日に公開されたばかりのようです。
きみに読む物語・The Notebook (CinemaCoconut)
永遠の愛の物語・・幻想ではない。誰にでも起きるというわけではないけれど・・起きるであろうと信じたくなる物が存在する。。
きみに読む物語 (Teralinの覚え書き)
号泣というわけではないけれど、じわじわと涙が溢れる、そんな映画でした。 ストーリーは とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている女性はしかし、情熱にあふれた若い時代の想い出をすべて失ってしまっている。そ
#4:試写会:きみに読む物語 (::あしたはアタシの風が吹く::)
1月21日(金)[きみに読む物語]の試写会に行って来ました。 純粋で切なく、そして美しい純愛映画でした。。。 ストーリー:公式サイトより ---------- とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている女性はし
きみに読む物語 (Lovely Cinema)
昨日私が出かけた先は、シネコンではなくて会社です。(涙)休みが1日しかないと・・・なんか調子狂っちゃいますねぇ~~!休みが1日じゃ~たりん! ということで今週は時間がなくて前置きを書いている暇ないので、このへんで本題にはいります。
きみに読む物語 (映画を観たよ)
カップルだらけなんだろうなぁ~と思いながらも 「純愛映画」を一人で行ったんだけど 意外にほとんど女性同士でした。 世の中でブ~ム?の「純愛」でした。 物語は簡単で創造はつきやすいです。 ですがちょっと違うんですよね~。 まず主人公のアリーがさっぱりしてるの。
きみに読む物語 (Diarydiary!)
《きみに読む物語》 2004年 アメリカ映画 - 原作 - THE NOTEB
「きみに読む物語」 (ひらりん的映画ブログ)
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分もの。
きみに読む物語(2004)アメリカ (LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~)
「I Love You」の重さを考えさせられる映画
きみに読む物語 (利用価値のない日々の雑学)
この作品をネタバレしない用にレビューを書くのは大変難しいが、既に、シアターやテレビ、サイトのストリーミング等で予告が流れているので、その範囲で書いてみようと思う。 この物語にはまず、根底に「障害」というキーワードを見つけることができる。最初は階級という
きみに読む物語 (シネマ パラダイス♪)
とても美しい映画でした。映像もお話も。どんな年代の人がみてもホロリときてしまうだろうな~。最近は、死んだ恋人を思う映画が多い中。生きてて永遠の愛がある。って思わせる映画でした。ほんとにそんなものが、あるのかは。。なんともいえませんが。^^;現実味があろうとな
きみに読む物語 (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね~。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷彿と
きみに読む物語 (映画チラシ館)
2004年 123分 監督 ニック・カサヴェテス 出演者 ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー 療養施設でひとり暮らす初老の女性もとにデュークと名乗る男が定期的に通っていた。 1940年代の古き良き時代の
「きみに読む物語」(劇場) (なつきの日記風(ぽいもの))
牧歌的風景、身分違いの恋、親との軋轢、王道を行くラブストーリー、正統派良い話。抑えた演出が胸を打つ。 原題:「The Notebook」 監督:ニック・カサヴェテス 原作:ニコラス・スパークス 出演:ライアン・ゴズリング 、レイチェル・マクアダムス 、ジーナ・ローラ
きみに読む物語 (映画の休日。)
過去を失った老婦人に、愛を思い出して欲しい一心から、来る日も来る日も、物語を読み聞かせるデュークと名乗る老人。読み聞かせるのは、ノアとアリーの出会い、別れ、そして、再会までの愛の軌跡。
きみに読む物語 (ミュージックファクトリーの活動日記)
こんばんわ、maiです。 今日の映画はこれを紹介したいと思います↓ 著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 タイトル: きみに読む物語 バン!!今日はこの映画をご紹介しちゃいます。 この映画は、もともと小説「the notebook」という小説が超売れて、それ
きみに読む物語 (ビデオ鑑賞日記)
  2004年 123分 監督 ニック・カサベテス 出演者 ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー 療養施設でひとり暮らす初老の女性もとにデュークと名乗る男が定期的に通っていた。 1940年代の古き良き.
きみに読む物語 (cinema note+)
20
【映画】きみに読む物語 (としの備忘録 ~最近物忘れが激しい)
としです。
きみに読む物語 (気まぐれ気ままなブログ)
きみに読む物語・・・ご覧になった方いますか? 365通の手紙 白鳥の棲む湖 ・・
きみに読む物語(DVD) (ひるめし。)
憶えているだろうか。きみは、17歳だった―――。 CAST:ライアン・ゴズリング/レイチェル・マクアダムス/ジェームズ・ガーナー/ジーナ・ローランズ 他 ■アメリカ産 123分 公開当時「きみ読む」って略されて純愛ブームに便乗してたね。(「セカチュー」「い ...
【洋画】きみに読む物語 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4演出3/脚本3/撮影3/音響2/音楽3/配役4/魅力3/テンポ2/合計27) 『評論』 教養も富もある富
きみに読む物語 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 アメリカ製作 「きみに読む物語」(★★★☆☆) 監督:ニック・カサベテス OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。 これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。 平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが たったひとつ、誰に ...