論系室だより

-早稲田大学文化構想学部 現代人間論系の教員・助手からのメッセージ-

「ドクタースモール来日特別企画 インターセックス・カミングアウト」

2017年09月02日 | 教員から(著書・論文・イベント等紹介)
みなさま、9月になりましたがいかがお過ごしでしょうか。
本日は、香港のインターセックス当事者、Dr.スモールの講演会をご案内させていただきます。
Dr.スモールは男女どちらでもない身体で生まれてきたために、望まぬ手術を何度も強いられました。

その後、インターセックスの診断を受け、ジェンダーの修士号をとり、インターセックス当事者の権利擁護活動をする中で、
その経験を多くの人に伝えていらっしゃいます。
Dr.スモールのお話は、身体は誰でも男か女に分かれているはずだ、という思い込みを正すものであり、
また、子どもに不要な手術をするなと訴えるドクタースモールのお話は、障害や医療、ジェンダー、セクシュアリティをつなぐとても大事なものです。
コメンテーターには、ジェンダー、障害、セクシュアリティの研究者・飯野由里子さんをお迎えします。
会場では、いらした方にワンドリンクとして香港ミルクティ、鴛鴦茶などが提供される予定です。
どうぞおこしください。

論系室 熱田敬子

-----------------------転送転載歓迎-----------------------
ゆる・ふぇみカフェスピンオフ
「ドクタースモール来日特別企画 インターセックス・カミングアウト」
香港のインターセックス当事者ドクター・スモール。
生まれたとき身体的に男女どちらともつかない状態だったドクター・スモールは、性別を決めるために20数回もの性器形成手術を受けさせられ、大変な苦痛を経験されました。
現在は漢方医として活躍するかたわら、インターセックスについての正しい認識を広めると共に、性別を、周囲ではなく本人が決められる基本的な人権を求める活動しています。
今回はそのドクター・スモールをスペシャルゲストとしてお迎えします。
インターセックスについてのドキュメンタリー短編映画を上映の後、今年7月、自伝を出版されたばかりのドクター・スモールにお話しいただきます。貴重な機会ですのでどうぞお越しください。
日時:2017年9月7日(木) 18:30~ 終了は21時頃を予定しております。
    なお、時間は当日の状況により多少後ろ倒しになる可能性がございます。
会場: 緑が丘文化会館・第一研修室 (住所 東京都目黒区緑が丘2−14−23  交通 東急東横線・大井町線「自由が丘」駅 から徒歩約7分)
入場料:900円 ※ワンドリンク付き
主催:ゆる・ふぇみカフェ運営委員会
※予約なしでもご来場できますが、当日満席の場合、ご予約の方を優先いたします。
コメンテーター:
飯野由里子さん(ジェンダー、 クィア・スタディーズ、ディスアビリティ・スタディーズ)

予約申込フォーム
https://goo.gl/forms/9d8lSwrapRpr2Cd62


Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/671270229736136/?acontext=%7B%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22messaging%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22attachment%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A%7B%7D%7D]%22%7D
細細老師(Dr.スモール)プロフィール:
香港の漢方医、ソーシャルワーカー、臨床心理士。インターセックス当事者であり、「垣根を超えて--インターセックスへの認知と関心」を創設、インターセックスへの社会的認識を高め、他の当事者を支援する活動をしている。
出生時、彼女の性器は男女どちらでもない状態だった。その際男性とされたため、20回近くもの男性器形成手術を受けさせられたにもかかわらず、すべて失敗。36歳の時、体の中に子宮と膣があることがわかり、インターセックスと診断される。のちに、男性器に癌が発生する危険があったために切除し、膣形成手術をおこなって、現在は女性として生活している。
2017年7月に、自伝『性別告白--當我提筆寫「他」』を香港で出版。
Dr.スモールが主人公の短編ドキュメンタリー映画
「インターセックス・ディスガイズ」は下記でご覧になれます。
https://youtu.be/CZftxyYZd_E
お問い合わせ ゆる・ふぇみカフェ実行委員会
メール    yurufemi[a]gmail.com
※[a]を@に変えて送信
https://www.facebook.com/yurufemi.cafe/
https://twitter.com/yurufemi
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【現2年生向け】ゼミ・卒業研... | トップ | 【2年生対象】ゼミ・卒研ガイ... »
最近の画像もっと見る

教員から(著書・論文・イベント等紹介)」カテゴリの最新記事