論系室だより

-早稲田大学文化構想学部 現代人間論系の教員・助手からのメッセージ-

増山均先生「少子高齢社会論」ゼミ(福祉社会論プログラム)

2013年06月10日 | 論系ゼミ紹介!
こんにちは!今回は増山ゼミの紹介をさせていただきたいと思います。

研究内容等は、他の資料やHPでも紹介されていると思うので、今回は詳しい内容や雰囲気について紹介したいと思います。

*雰囲気
 非常にアットホームな雰囲気です。子ども支援や高齢者問題が研究課題なので、比較的穏やかな雰囲気の子が多いのだと思います(*^^)3年生は毎年、グループごとに発表をしたりするので、そこでみんなだんだん距離が近くなっていきます♡4年生になると、卒論構想が始まり、同期のみんなからさまざまなアドバイスをもらいながら、卒論の完成を目指します(^_^)

*ゼミ合宿(8月上旬)
増山先生の御膝元である栃木県の保育園にお邪魔します。園児とともに流しそうめんや竹食器作りなどの交流をします。普段あまり経験できないことなので、とても楽しいし、子どもたちの笑顔には本当に癒されます(*^_^*)また、4年生がゼミ論構想の発表を行います。他にも、レクリエーションを行ったり、みんなでご飯を作ったりもします。いつもは見ることができない、ゼミ生の意外な一面を発見できるかも!?また、増山先生お手製のシャングリアが飲み会の席で振る舞われたりします。


↑ゼミ合宿の夜、みんなで花火♪

*合同ゼミ(6月前後)
増山ゼミの一大イベントの1つです!中野生涯学習大学の高齢者の方々とともに議論を重ね、世代間交流を図ります。学生(若者)と高齢者との異なる視点を交えながら数回にわたり議論・プレゼンを行い、互いの視野の拡張や、価値観の共有を目指していきます。


増山ゼミは、高齢者、子ども、福祉現場の方々など、多くの方と交流する機会があり、課題を捉える際に、様々な視点や立場から考えることができます。なにより、普段接することの少ない、自分とは違う世代の方たちと交流するという貴重な経験ができるゼミです。もちろん、先生や、ゼミ生同士も、たくさん交流する機会があります。
興味のある方は、ぜひ一度、遊びに来てください(^v^)毎週火曜日4,5限、33-702教室で待ってまーす♪

島さん、ありがとうございました。
現代人間論系のゼミ、プログラムについてはこちらをご覧ください。
http://flas.waseda.jp/cms/theoretical_configurations/chs/seminar/

畑山要介(助手)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大藪泰先生著「赤ちゃんの心... | トップ | 夏の文学教室 »
最近の画像もっと見る

論系ゼミ紹介!」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事