本、映画、時々ねこ

好きな読書と映画、そして愛猫について記録します。

お手上げ

2017-03-06 22:41:29 | Weblog

の意味:どうにもしようがないこと。行き詰っていること。give up!ってとこでしょうか。私、今、それです。今年1月1日から、それです。もう、何やっても、やらなくても、ダメダメです。調子わりいですわ。困ったもんだ。今年1年、浮かび上がれない気までしてきて、非常に憂鬱で不愉快ですわ。自分の気を引き立てていくことがこんなにも疲れる作業だなんて、もうしんどいわあ。段々仏頂面になってきて、口は当然、への字です。何故だろ。。なんにも楽しくないわあ。これではだめだと、私なりに努力はしているんだけど、根っこの部分から苦い気がして、上っ面に砂糖をまぶしてごまかしているだけなので、余計に落ち込むです。はてね、これ、どうしたもんかな。暦で、今年1年、あんたは何しても駄目!だから、おとなしくしてなさい!って、書いてあるかも。まだ、今年の分を買ってないので、こりゃ、一度確かめたほうが良さそうだ。でも、その通りなら、なおさら落ち込むわな。ま、諦めもつくだろうけれど。こんな自分なので、回りが全部敵に思えます。ほんと。被害妄想?的なくらい。そして、ちょっとのことに敏感に反応して、勝手にイラついたり、傷ついています。ああ、やな性格。。。一体、どこを正せば良いのだ。何をしくじったのだ、私ってば。こういうとき、私は宇宙の中の自分というものの存在について考える。人間がいつ、どこからやってきて、この生命体の終わりはいつか、死んだらどうなるのか、生まれ変わりというものはあるのか、あるとしたら、私は何の生まれ変わりなのか、などという答えの出そうにないことに思いを馳せるの。そうすると、とてつもなく不安になって、これ以上の不安はないので、今のこのうじうじも馬鹿らしく思えてくるから。これね、子供のころからやってるの。なんかあると、捉えようのないものやことを考えて、自分の抱える問題が如何にくだらんもんかを自分に認識させるのじゃ。今年2ヶ月ちょいの憂いの正体が如何にくだらんか、早くどうでもよくなりたいよお。喜怒哀楽の喜と楽が全くない毎日は辛いんだよお。怒と哀ばっかなんだぜ、ほんとに。今日も怒!っちゃったし。今日も哀しかったし。と、今日の愚痴はここまで。

今、「明妃傳」を見始めているですが、劉詩詩(リウ・シーシー)主演の明時代に初めて女医となった人のお話どす。なんでも、初めてというのは多難困難な道ですが、皇帝との恋愛も絡んでいて、そこは物語なので、まあ、定石というかね、面白くしてあるですね。時代は明朝の第6代から8代、1435年~1464年の間。歴史的にもここは少し変わっていて、第6代の皇帝が一旦は弟に座を譲り渡しますが、また第8代皇帝として返り咲きします。その2代に渡る皇帝はウォレス・フォーが演じていますが、中国のドラマって、出演者の組み合わせがなんだか似通っていて、監督とかによって、使いたい俳優が決まってしまっているかのようです。ま、なんであれ、ドラマの質と俳優の演技がよければ問題はないと。今回は女医ということで、医療関係ドラマ好きなので、飽きずに観ていますよ。でもねん、シーシーちゃんの演技がどこを切っても金太郎なので、いやじゃないけど、成長の跡がねえ。。ま、好きなので許します。はい。

明日は怒は避けたいなあ。。哀のがまし。。喜楽はない、だろうなあ。。はあ~。なんか、無理するの、疲れた。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« in my birthday suit | トップ | 四月、もうすぐ桜! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうゆうエネルギーの流れらしいです (翡翠)
2017-03-17 19:06:42
コメントありがとう(^ ^)
星占術では今年の1月〜3/19までは、精神的に揺さぶりがかけられる期間らしい。アップダウンが激しい時だとか。3/20〜次第に活路が見え始めるが、4月は争いに注意らしい。今はそうゆうエネルギーの流れらしいです。いやでも自分と向き合わされる。
私はまだ停止状態。自分を癒すこと以外何も進まないし、自分ではどうしようもできないことばかり( ; ; )流されるがままです。それでいいらしいです。
もう少しして動けるようになったら、会いたいな〜
お互い自分を大切にしようね。苦しんだこと以上のことがもたらされると信じて。頑張ってる自分を褒めてあげよう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL