気分はいつも、私次第

希(まれに)の好きなモノだけを集めた、わがまま部屋。
私次第の、私のための場所。

『一人二役~殺したいほどジュテーム』

2016-12-07 13:13:51 | 演劇・戯曲・音楽・映画・美術
演劇『一人二役~殺したいほどジュテーム』、見てきました。


えっと、コレは、私の地元にも来たので・・・勇んでチケット購入。
出演は、大地真央さん&森公美子さん、そして益岡徹さん、です。
この3人が、メインとなります。

なんでこんな田舎にも・・・と思いつつも、ラッキー、と思ったのも事実で(笑)
コメディなんですが、それもお初、でして。

それに、チケット代って、その上演地によって異なるのね~と初めて知ったわ。
ウチの場合、隣県とも違う・・・何か理由があるんだろうナァ。

劇場は、我が家から結構遠い場所です。
夫と一緒なので、夫運転で行きました。
それと、18時30分開演だったのですが、なかなか上演時間も長い。
平日だったのですが、多くの観客の方々が・・・
う~ん、大地真央さん目当てか?と思いましたが・・・そのようでした。

粗筋は・・・莫大な遺産を持つ天涯孤独の女性、フランソワーズ(大地真央)
ビビッ!と来た男性リシャール(益岡徹)と結婚したものの・・・
あっという間に、ギャンブル狂でDV男の正体を現す。
完全に自分の遺産目当てだった、と後悔するフランソワーズ。

今朝も朝帰りのリシャール。
しかも、借金の肩代わりをしてくれている弁護士も一緒に。
さぁ、金を出してくれ、といつも通り迫るリシャール。
その場は、なんとか凌いだが、もう限界だと涙するフランソワーズ。
そんな彼女を慰めるのは、家政婦のルイーズ(森公美子)
しかしルイーズにも、秘密があったのだ・・・

ルイーズの恋人ミシェルが、刑務所から仮釈放で出てくると手紙が来る。
焦るルイーズ・・・話を聞くフランソワーズだったが・・・
なんとミシェルは、リシャールの弟だと知る。
加えて、ミシェルは、リシャールと瓜二つだと(双子ではないが)
加えて加えて、ミシェルは、リシャールの罪の身代わりに、刑務所に入っていたと。

もう、リシャールと別れたいフランソワーズ。
そこで一計を案じ・・・ルイーズの協力を得て・・・

と、まぁサスペンス調なんですが、コメディ色も満載。
原作者は、ロベール・トマ。いや、知らない方ですがね(笑)
サスペンスが得意だとか・・・
多分、この物語も戯曲で読むと異なるのだろうが
役者さんが演じるからこそ、コメディが際立って面白くなるんだろうナァって。

大地真央さん、初めて生で拝見しました。
いや、お顔が小さい小さい・・・
隣で夫が「お人形さんのようだ」と言っていましたが、同感同感(笑)
フランス人形、が動いているわ~ってな印象ですね。

物語は、噂どおり、二転三転。
どこまで転ぶのか・・・
エッ、コレが結末じゃないの~とか
そんな思いで、最後まで見ていましたよ。

えっとね、途中で歌を歌って下さいました。
多分、それは戯曲に無いと思うが・・・
大地真央さん&森公美子さん、出ているのだから・・・期待するわよネェ。

満足できる作品だと思いました。
ドタバタしているが、決して騒いでいるだけではない。
さすが、って感じですね。
「面白かった?」って聞かれたら、「うん、面白かったよ」と言える作品です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って、ココから、本心本心・・・
本心というか・・・本心だ(笑)

コメディも初めてですが、スターが出るのも初めて。
昨年『夜への長い旅路』に出演の麻美れいさんを見ましたが、
まぁ、この作品で、いきなり歌うわけにもイカンだろうし・・・

大地真央さんが、出ているからなのか?
まぁ、ラストに格好良くなる役だからなのか?
いきなり、宝塚風になってしまいました。

私は、正直、ビックリ。
でも、周囲は「キャ~待っていました」てな感じ。

スターに求めるのは、当たり前だが、こういう演出ですよねぇ。

・・・・しかし、私には馴染まなかった・・・残念ながら。

もっと、この二転三転の余韻を楽しみたかったのにナァ。
それが、凄く残念でした。
ラストだけ、ショータイムになってしまった・・・

今後も、演劇は見に行くと思いますが
作品も勿論、役者さんもしっかり考えなければ、と思った次第です。

あぁ、ショーが悪いとは言っていませんよ。御理解くださいね。
ただ、私には・・・合わなかったってことです。

でも、本当に、こんな田舎で上演して下さって、有難う御座います。
と、声を大にして、お礼を言いたいと思います(ペコリ)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓穴を掘って、掘って | トップ | 変なことで、ちょっと得意に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。