Too old to work, Too young to die.

田舎でログハウス生活にチャレンジ

蝮草 の名前の由縁

2017-07-17 21:23:26 | ガーデニング
野生オダマキの種の収穫ついでに、
春先に見つけた蝮草の様子を見てきました。

「ナ〜ルホド」
茎が気味の悪い蛇柄だったんですな〜
それで「蝮草」などと言う不名誉な名前が付けられてしまったんですね。
近くにツリガネソウが咲いているのを発見しました。

蓼科高原では、既に蝉の声がヒグラシに変わっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セロリを収穫 | トップ | ガーデニング道具入れ小屋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。