**心も身体もらくに暮らそう**                       

心と身体の大切さに気づいた専業主婦のつぶやき と
子なし夫婦二人の生活を選んだ私達の日々のあれこれ

旦那に理解してほしいこと

2013-05-30 09:10:21 | マイホーム:間取り/収納




我が夫


防犯対策には うるさいのに


防災対策には あまり 関心を もってくれない






食料や水の備蓄を増やしたいと願い出るも

大丈夫大丈夫と


なかなかとりあって くれない



なので

月々の生活費の中から

私がちょいちょい 購入して います



結構家計に響くのですが

私の中では 優先事項なの

そうそう 削れない





それから

家具の固定



これは もっと やっかい




突っ張り棒のタイプは

揺れに弱いというので



L字金具で 家具と壁を固定したい 奥さんなのですが




新築の家の壁に

穴をあけたくないという理由で 

しぶる。




あとは 仕事が忙しいから

また今度


と いって その場を はぐらかす







大地震を経験した方のブログなどを読んで

今だからこそできる 防災の備えを しておきたいと おもい



旦那に協力を求めているのですが・・・




にっちもさっちも いかねぇ







そもそも

家を建てるときに


家具は全て 創り付け か

市販品でも 壁に固定してほしいと 提案したのに



却下されたところから

意見の相違が あったというものだ






と いうわけで


私は 私にできることを 

精一杯 やることに した






それは


** 整理整頓 **




大きな揺れがあったとき

せめて 物が散乱しないように

したいから ネ!







震災当日

姉は自宅マンションの10Fに いた


キッチンの扉の無い棚に置いてあった

ナベなどのキッチン雑貨は

すべて 飛び出て 落下したそうです



和室の隅に置いてあった 甥っ子の学習机は

揺れとともに 部屋の中央辺りまで 移動してきた そうです




幸い

リビングとダイニングの収納は

壁に創り付けされていた壁収納だったので


大きな被害は

まぬがれたとのこと



家具の固定

それも 壁に固定するということは



ホントにホントに

大切なことなんだと おもった




※家具を壁に固定しても

 家具の中身が飛び出す可能性が あります

 観音開きの扉、引き戸、扉無し

 色々な棚についても 物が飛び出さない 落下しない工夫を

 する必要が ありますネ





旦那に なんとか 理解してもらって

夫婦で防災対策を する ゾ!!
















この記事をはてなブックマークに追加

思い出して 実践 ・・年賀状収納

2011-12-19 12:49:47 | マイホーム:間取り/収納
※ ガテゴリー《マイホーム・収納》 に 入れるほど

  たいそうな 収納の話ではないですヨ







さて、コレはいったい 何でしょう







角度を変えて、アップの図








正解は 年賀状です

年賀状を束ねて

ガムテープを背表紙がわりに貼って 束ねたものです








白のガムテープが見づらいので

色つき紙テープでガムテの場所をポイントしました








上から見ると こんな感じ ↓








背表紙がガムテープなので

こんな風に広げても ハガキはバラバラになりません









以前は コチラの↓ 100均で購入したハガキファイルを使用していましたが






収納するときも

中身を処分するときも

一枚一枚ハガキを出し入れするのが手間でした




で 昨夜

この手間を省きながら ハガキ収納をしたいな~ って考えていたら



昔読んだ収納・整理本に紹介されていた

この収納方法を 思い出したの



・・本の名前は 忘れてしまいました




で 即 実践



結果、


今後の定番整理方法に 確定しました







一応 私が実践したことを 書いておきますネ



収納は

ハガキをまとめて ガムテープ背表紙をつければ 作業完了



中身は わかりやすくするために

親戚・会社関係・友人 というように

簡単にグループ分けしてあります



我が家では 旦那・私で 各々一冊作り

それぞれの中身を 上記のようにグループ分けして 束ねました 




仕上げに 背表紙に 《 ○○年 誰宛分 》 と 記入







今後は 年賀状収納と処分が スッキリ・ラクチン・簡単 に なりますワ 



この記事をはてなブックマークに追加

上棟から42日目・・1Fの様子

2010-06-29 12:00:05 | マイホーム:間取り/収納
新居の1Fです

廊下無しの ワンフロアー な つくりです

・・玄関に“廊下”とありますが
  1.5帖ほどの玄関ホールです 廊下とは言えませんワ


1F間取り図




ワンフロアー・廊下無し なつくりなので

玄関ホール・階段・洗面入り口
和室・キッチン・ダイニング入り口の全てが

リビングに接しています


その様子が コチラ ↓


リビングからみた 洗面入り口→階段→玄関ホール






ダイニングからみた キッチン(一部)・リビング・玄関ホール・和室




私はとっても怖がりなんだけど

このワンフロアーな1Fなら 安心して過ごせそうです


たいてい、
見えない部分に不安や恐れを感じることが多いのですが
 
この1Fは 一目で全てが見渡せるのでネ


そういった悩みが なくなりそうです


*~*~*~*~*


上棟から42日目

建具が入っていました

和室の押入れ開き戸・障子
各部屋のドアや引戸 などなど

内装の変化を見るたびに
テンションが上がります


この記事をはてなブックマークに追加

収納・・その後

2010-05-09 15:32:03 | マイホーム:間取り/収納
新居は 備え付け収納が 少ない


そりゃもう 激少


で、どうするのかというと


その答えは コチラ↓



 ~ 旦那の案 ~


 現在のアパートで使っている

 8年間使用した収納家具を持っていく


         


まあね、

気をつけてきれいに使っていたから

新居に持ち込んでも浮かないとは思う





見た目のスッキリ感にかけるし

デッドスペースもできちゃうの



アパートで使用している家具は

家具の上と天井の間に 
30~50センチほどの隙間がある

この 間 が 嫌なのだ~


家具の上にホコリたまるし


天井と家具の間があいているから

見た目のスッキリ感にかける


さらにそこはデッドスペースとなる


・・隙間を埋める収納を買えばいいんだろうけど
  予算の関係で、旦那くんから反対されました



新居の家具は 

見た目スッキリ、無駄スペース無し


が 理想だったんだけどなぁ




ああ   念願叶わず  



こりゃもうね、

あるもので精いっぱい頑張るしか 

ないようです



そうそう、以前

床下収納を増やすって案が出てましたっけ


その結果、 一箇所 増えました 


キッチン内の床下収納が

1箇所から 2箇所に なったヨ


・・・和室の一畳床下収納は 却下されたけどネ



新居の収納、引っ越してからが 勝負デスな





*** ちょっと毒吐 ***


掃除、収納、家事全般を私に一任している旦那よ

今後も家事を一切しないなら


新居の家事にかかわる部分には 


口出しすんじゃねぇぇぇぇぇぇ


私の意見を尊重しろやぁぁぁぁぁ



うちの旦那、家事しないくせに

口出しすんのよ


あーもー ウザイ ムカツク シャーラーーーーーーーップ









この記事をはてなブックマークに追加

そういえば書いていなかった・・間取り

2010-04-14 14:06:51 | マイホーム:間取り/収納
図面をのせるのは
なんとなーく気が引けるので

箇条書きで紹介しまーす

*~*~*~*~*

土地面積 :35坪
延べ床面積:91.22㎡ (約27坪)

   1階:52.72㎡
   2階:38.50㎡

   ※ 駐車スペース:2台分


【1階】 

・玄   関 :1.25坪

・階段下収納

・洗 面 所 :1坪 (床下収納1箇所)

・浴   室 :1坪

・ト イ レ :1帖

・和   室 :4.5帖  (押入れ・床の間有り)
 
・L D K :17.33帖 

       リビング  約8帖 
       ダイニング 約5.5帖 
       キッチン  約4帖 (床下収納2箇所)



【2階】

・主 寝 室 :6帖 (クローゼット1.5帖)

・洋 室 1  :5.25帖 (収納0.5帖)

・洋 室 2  :5.25帖 (収納1帖)

・トイレ

・廊下に腰高の物入れ

・バルコニー


【その他】

グルニエ :約3帖



こちんまりとしたお家です

ちょっと狭いかな?って感じるけど
夫婦2人で暮らすには
ちょうどいいんじゃないかと
思います

・・このくらいの広さなら
  お掃除もラクラクできそう

  お家の中・外、
  隅々まで目が行き届くのも
  コンパクトハウスの良いところ

  
老後や体調不良時のことも考えて
生活の拠点は1階に集約

1階フロアだけでも生活できるような
間取りにしました


以上 新居の紹介でした




この記事をはてなブックマークに追加