日高見製作所 業務日報

「鉄分」欠乏中。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春なのに

2008年02月22日 23時59分19秒 | 日記
 レイルマガジン誌の編集長が運営しているブログ、「鉄道ホビダス 編集長敬白」「あの“ロクイチ”にもついにその刻が…。」という記事がアップされておりました。

 その中に以下のような一文がありました。

(ここから引用)
「また、「お召機」であるEF58形直流電気機関車(田端運転所所属)の61号機についてはE655系交直流電車投入に伴い廃車対象として保留車となるが、その後「解体or保存」については未定である。」

(引用ここまで)

 現存する機関車の中で唯一、「お召し列車を牽引するため」に製造されたEF58 61号機。1953年に製造されてから、半世紀以上の長きに渡り活躍してきたロイヤルエンジンも、ついに廃車への秒読みが始まります。
 いつかこんな日がやってくるだろうとは思っていましたが、いざ目の前に突きつけられると、やはり大きな衝撃を受けるものです。。
 また「『解体or保存』については未定である」というのも、衝撃を大きくする作用をしてくれます。
 ロイヤルエンジンは解体にはならずに横川か大宮、もしくはどこかの機関区に保存されるものと思っていました。しかし、JR東日本の発表からは「解体」の可能性もある、ということになります。

 また、JR東日本の田端機関区に配置されているEF81やEF65の一部が保留車に、寝台特急に使われていた24系25型客車31両が廃車、「夢空間」3両とジョイフルトレインの先駆けとなった「ゆとり(元サロンエクスプレス東京)」6両も検査期限切れをもって廃車になるとのこと。

 また、JR貨物では信州のEF64や東北のED75の運用が大きく変化するらしく、国鉄型機関車にとっては「春の嵐」が訪れようとしています・・・。


※本日添付の画像は、横川機関区跡地に保存されているEF58 172号機


2月28日追記
いぶきダンナさんのブログ「茶の間にて」に、EF58 60号機の写真が掲載されています。
荷物列車を牽引する姿をぜひ、ご覧下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「湊」が俺を呼んでいる 2... | トップ | 鹿島臨海鉄道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
EF5860 (茶の間にて)
いつもお世話になっている二枚橋さまのブログ「日高見製作所 資料室」からの情報によ