手さぐりブログはじめました!

足の向くまま、気の向くままに!

泥炭?って

2017-09-30 08:43:04 | 日記




 サロベツ原野で船の様な掘削装置でかつてここで泥炭なる物を採取していた。
 泥炭・・難しく書く気は無いが、文字通り推測すれば泥状の炭だ。

 採取して乾燥させれば燃料として使うことも出来るが、今のご時世では手間が掛かるのでそんな世帯は無さそうだ。
 ただ、土壌改良材として使われたり、身近なものではウイスキー醸造に使われているとか。
 余市のウイスキーにはここでは無いが、石狩地方の泥炭が使われているとか。







 これが採取の方法だそうで、たまにはこんな真面目?な投稿をしてみよう。

 昨日の知人からの着信だが、選挙では無かった・・マグロを送るとの内容だった。
 何しろ時たま変わった送り方をするので、礼を言いながら「冷凍で!」と念を押した。

 去年は知人に生のカニを送ってしまって、貰った方は面食らったそうだ・・今年は大きな鮭一匹送っていた。
 旅行の途中に礼の電話が来ていたが、電話の向こうで持て余しているのが感じられた。

 *さっきBSの北海道特集をたまたま見ていたら「塩別つるつる温泉」が取り上げられていた・・格安の日帰り温泉併設の宿なんて書いてしまったが、TVを見ているととてもそんな風には見えなかった。
 TV番組って凄いっていうか恐ろしい?と思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今時珍しいお膳での夕食

2017-09-29 09:26:01 | 日記




 我々が泊るホテルでは殆んどがバイキング形式の夕食なんだが、一か所だけ写真の様なお膳での部屋食だった。
 決して豪勢なメニューでは無いが、ボリュームが有った・・翌日からしっかりと体重が増えていた。

 部屋での夕食なんて滅多に無い・・前に地域振興券を使って半額で鬼怒川に泊まったことが有るけど、それでも此処より高かった気がする。







 実は日帰り温泉に併設の宿泊所で料金の割にこんな待遇だ・・部屋だってこの部屋と寝室は別個だ。
 見た目さえ?気にしなければこの様な処で充分かも知れない。
 我々の懐具合を考慮して宿探しをしてくれる幹事役に感謝です。
 
 寝不足の原因になっていたメンバーから朝方に着信が有って留守電に伝言が入っていた・・はて何だろう?、来年の相談だったら早過ぎる。

 まさか選挙?・・選挙と言えば、兵庫県のクラスメートからきっと電話が来るだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間調整で寄った小樽のニシン御殿

2017-09-28 06:58:17 | 日記




 夕方のフェリー迄時間が有ったので「ニシン御殿」と言われている贅を尽くした建物を訪ねた。
 山形から稼ぎに来てニシン漁で財をなしたサクセスストーリーの頂点に立つ建物。







 建物の規模なんかは新潟で豪農の館を見ているので驚きはしなかったが、中の柱や調度品などは金に糸目を付けずに求めたらしく豪勢だ・・但し、きんきらきんの成金趣味で無いのは流石だ。

 余りにも普段の生活とかけ離れていると”ほー!”で終わってしまうのが情けない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛獣の後ろの八海山と椅子

2017-09-27 07:45:26 | 日記




 猛獣と猛獣使いの後ろに隠れて見えなかったが、そこにはこんな風景が有ったのだ。
 ここにガーデンチェアなど置いて、ひっくり返って八海山を眺めていたらさぞかし長閑だろうなんて思ったりする。
 脇にテーブルなんぞ置いてウイスキーでもちびりちびりやったら美味しかろう・・やっぱり酒か?

 近くに普段飲んでいる八海山の蔵元が有ったりするので、ここの冷酒なんかもいいかも。
 無粋な我が身、芸術よりもこっちの方が性に合っていそうだ。







 とにかくこの辺はバブルの産物、スキー場と高層マンションのオンパレードだ・・それ以外は何も無い?なんて書いたら怒られそうだが、年金だけでのんびりと暮らすならこの辺りはお勧めかも知れない。
 我が地方なんてマンションどころか、田圃の真ん中で人の事なんて言えたもんじゃない。

 昨日、年賀状だけの付き合いになっていた昔の知人から突然電話が来た・・朝晩涼しくなって来たので人恋しくなったのだろうか?
 山形県境近くで100K位離れているが、近くの温泉に入りがてら訪ねてみようか・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八海山をバックにトミオカホワイトの世界へ

2017-09-26 16:28:48 | 日記




 昨日は舞子高原のホテルに泊り、今朝は場違いとも言えそうな白の世界の美術館へやって来た。
 後ろに見えるのは「八海山」だ。

 今朝も早やから飲んでた帽子を被った”猛獣達”はエンジンフル回転だ!
 体中の血液がビールと入れ替わったのでは思われる位の飲み方で、越後の猛獣ならぬ猛将「上杉謙信」もこんな飲み方だったのだろうか?

 この猛獣達との付き合いもだいぶ長くなって慣れたのか、いくら吠え掛かってもこちとらはマイペースで飲んでいる。
 昨晩もカラオケに行ったらしいが、飲んだら寝るが一番の為、さっさと寝てしまった。
 日体大の相撲部(実際は無いそうだが)と五分に飲んだら潰れてしまう。







 ここはスキー場の中に有るホテルで、今はオフシーズンの為格安だ・・但し飲み代は別の為高くついたかも。
 ホテルの側にリフトの乗り場が有って冬は賑わうことだろう。
 宿泊客は我々より相当上と思われる年代のジッチャン、バッチャンが多かった・・平日来てくれるお客は大事にしなくてはなりません。







 部屋から反対の山側を撮影した・・霧が掛かって幻想的に思える。
 こんな山の中なのに「カニ食べ放題」が売り・・但し、中身の余りないスカスカの足だった。
 だけど同じバイキングでも湯之谷よりは見た目も良く、豊富なメニューだったので良しとしておこう。

 ここで毎年誘って貰っている河口湖行きの案内を頂いた・・暮れは忙しそうだ、留萌のニシン漬けも予定してるし、これから少し節約しなくては・・だね。

 投稿は猛獣と猛獣使いの皆様から了解を貰っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加