手さぐりブログはじめました!

足の向くまま、気の向くままに!

無駄にしたくない悩みの旅行券

2016-02-28 08:15:25 | 日記




 大昔”三公社五現業”の公社とは?との問いに日本専売公社、日本電電公社に日本交通公社と書いて×を貰ったとの笑い話が伝説的に残っている。(正解は日本国有鉄道)

 交通公社とは今のJTBなんだが、女房の退職記念にと子供達から旅行券を貰っていた。
 それを使って萩、津和野へ行こうかとパンフレットを見れば、羽田発のコースで朝は早く帰りは遅いではないか。

 これでは新潟から新幹線を使い、その上に前泊、後泊が必要になってしまう・・別の旅行社だけどほぼ同料金で新潟空港発着のコースが有るのです。
 多少JTBの方が豪華?かも知れないが、わざわざ羽田迄出向く理由も無い・・これではいくら何でも無理して選ぶことは無いだろう。

 昔と違って今は色んな旅行社が有るし、航空券と宿のセットなど多種多彩だ・・ただ最初はツァーで行く方が安い上にお任せで楽と思う。
 
 どうしたらいいものか?”無駄にしたくない、悩みの旅行券”だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無駄にならないプレゼント

2016-02-27 09:05:03 | 日記

               



 昨日三条にあるキャンプ用品メーカーからカタログが届いた。 
 優待と書いて有ったので何かくれるのかと思ったら、商品の写真の下に価格が印刷されている・・要は欲しかったら「買って」と言う事の様だ。

 三条、燕は洋食器と磨きの町だ・・写真の「お猪口」は5000円と書いて有る。
 これで一杯やったらきっと美味しいのだろう。


               



 この会社はよくぞ考えたものだ・・優待を受ける皆に現物を送ったら相当な額になるだろうし、不要な人にはありがた迷惑なだけ?だろう。

 かって子供向けキャラクター会社から優待品を貰っていたことがある・・幼児(それも女の子用)向けのグッズだった。
 我が孫は男の子だったので喜んでももらえない・・正直ありがた迷惑だった。

 とてもこんな「お猪口」は買えないけど、昨年退職した女房がどこからか「磨きのマグカップ」を貰っていたのを思い出した。
 どこかに仕舞い忘れていたのだが、これを機会に探してビールでも入れて呑んでみようかと思う。

 *記念品・・記念に残るものと考えるのが一般的だが、どうせ忘れ去られてしまうのなら、何時でも使える「お金」が一番喜ばれると思うね。
 頭の固い?総務担当者殿・・記念(記憶)に残るのは一瞬のみで後は邪魔と言うか忘れ去られるだけ、それなら使い道は相手に任せて役立ってもらうのが一番と思いませんか?
 (入社当初は総務だったけど、はみ出し者だったのだろう、きっと)

 *忘れ方にも色々あって、仕舞い忘れならまだいい方で、貰ったことすら忘れてしまうならさっさと使える(役に立てる)お金がベストだろう。
 これを書いていて思い出したのだが、自分が退職の記念に貰った品はずっと車のトランクに入れっぱなしで、去年廃車の時に見つけ又どこぞへ仕舞ったのだった・・これが無駄にならないプレゼントなら遥か前に役立っていたことだろうに・・・。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界から台湾へ

2016-02-26 11:06:06 | 日記

               



 日本の家電メーカーが台湾の企業に買収されることになったそうだ。
 これも時代の流れと言うのだろう。

 我が家のTVは一時騒がれ、人気になったそのメーカーの「世界の亀山モデル」なのだ。
 今度は世界から台湾の○○モデルにもなるのだろうか?



               



 新潟のBRTだってスェーデンの会社と思って調べたらドイツのフォルクスワーゲンの傘下だそうだ。
 イギリスのジャガーやランドローバーはインドのタタモーターの傘下、スポーツカーのランボルギーニはワーゲンのグループとかで世界の車業界は幾つかの大手のグループに連なっている様だ。

 時流に乗れず経営判断を誤るといくら万を超える社員を有していても存続が危ぶまれると言う事だろう。
 昨年不適切会計が発覚した売り上げが6兆円を超える企業が有った・・当日株価は前代未聞のストップ安となって未だに低迷している。
 
 歴代のトップの指示だそうだが、これは犯罪以外の何ものでもあるまい・・今では時効だが恥ずかしながら在職中に不適切な売上計上の世界にいた事がある。
 嘘の世界とは虚しいもので目標をクリアしても達成感はわかないし、周りには「嘘と本当?」の区別が付かなくなってしまった者もいた・・その後始末も何度か覚えがある。

 いつか帳尻を合わせられるとでも思ったのだろうか、どんなに偉くても目先しか見えなくなっていたのだろうか?・・多くの社員を不幸にし、大切な株主にもそっぽを向かれてしまう。
 僅かな株数だったが、このストップ安は痛かった・・これが言いたかった、大馬鹿野郎と!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱しやすく、冷めやすい性格なもので

2016-02-25 08:17:36 | 日記




 先日、旧黒埼町木場の文化財センターを訪ねてみた・・来場者は私一人。
 縄文時代から弥生時代への移り変わりと沼垂の柵(渟足柵)の外側のヒントでも有るのかと訪ねたのだった。

 展示場の入り口には太い掘立柱の残骸を展示・・じょんのび館の近くの田んぼから発掘されたもの。
 展示品は土器やら茶碗の欠片が大半で観ている内に段々つまらなくなって来た・・残念ながらヒントは見つからなかった。

 ただ新潟市赤塚の情報大学近くの産廃処理施設の発掘状況が面白かった・・水辺に囲まれた集落跡で幾世代にも亘る遺跡の様だ。
 
 角田山の裾野には幾つもの古墳、遺跡が有って北方の産物が発見されていることから、当時交易が有ったのは確かだろう。
 過去から偉い歴史家の説が出ては覆されて来ているが、全く歴史に疎い素人が推測してみたい・・角田山の裾野付近の何処かに交流の湊が埋もれてはいないだろうか?
 そして当時の舟なんかが発見されたら凄いと言うか楽しいことだろう。

 歴史なんて推測から始まると思っている・・過去の歴史学者や言語学者の説だって覆るのだから、素人の推測が有ってもいいではないか。
 (やはり、タイムマシンに頼るのが一番だ)

 *土器と茶碗の欠片ばっかしで飽きたので、外の武田家住宅を撮影して帰って来た。
 青森の「三内丸山遺跡」と「十三湊」迄行けるか距離を検索したら600キロ超でちと遠い・・JR東日本の乗り放題期間はと思ったら、丁度北海道行きとぶつかっている。
 
 なにかいい手段は無いものかと思うのだが、なにせタイトルの性格故にその内冷めてしまうのだろう。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく話題にならなくなった新潟のBRT

2016-02-22 14:35:03 | 日記

                    



 ようやく話題にもならなくなった新潟のBRT(連結バス)。
 導入前から反対意見が多く、導入直後はトラブル続きで話題になったものだった・・ようやく慣れたのか、諦めたのかは分らないが、この頃はTVに出る事も無くなっている。

 トラブルが続いていた頃の市長のコメント・・自分を棚に上げて運行の新潟交通に反省を求めての姿に、地元の放送局のアナウンサーが苦言を呈していたのを思い出した。
 「公設民営」のバスなのに市のトップが他人事の様な発言には呆れた市民が多かった様だ。

 用が有って市内まで出かけたが、たいして広くない道を曲がって行った。



               



 右折はまだいいだろうが直角道路の左折も平気で曲がって行った・・昔ホンダ車に後輪が前輪と逆に曲がる車が有ったと思うが、このバスもそんな機構なのだろうか?
 今時の車なので相当にコンピュータ制御されているのかも知れない。

 便が良くなったと言う話は聞こえてこないし、田舎からの我々は利用する事も無い事だろう。
 今更返品も出来ないだろうが、せめて市民の足として役立ってくれればいい。

 *いっそ観光用として新潟駅から岩室温泉迄とか、ビッグスワン、月岡温泉、福島潟等へ走らせることが出来たら楽しいかも知れない。

 *話題にもならなくなったと書いた途端に夕方TVで取り上げられていた・・BRTの是非を問う住民投票の署名が六万人近くに達したとのこと。
 未だにこんな状態とは情けないと言うか残念なことだ・・反対の人達ばかりではなかろう、もっと有効利用を考えられないものだろうか?
 例えば、電車が無くなって久しい白根迄国道を朝夕走らせたら学生なんか助かるし話題になるのではと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加