手さぐりブログはじめました!

足の向くまま、気の向くままに!

鬼が笑ってもいい、来春の楽しみを移植

2016-10-19 06:57:30 | 日記




 チューリップの球根を移植した。
 まだずっと後にしようと思っていたのだが、ホームセンターに球根を買いに行ってレジで精算をした時の事・・自分の計算より少ないではないか。

 聞くとこの大粒の球根は一個50円なんだが、30円に値引きしてるんだとか、余らせるより早めに処分価格にしたのだそうだ。

 何時も遅く行って残り物を買っていたのだが、思わずラッキーと思ったのだ。



                    



 今年の我が家のチューリップだが、開花が他所より遅くてがっかりした覚えが有る・・もしかして去年の移植が遅かったのが原因だったのかも?
 もう処分価格にもなっているし、今年は早々に植えてみることにした。 

 植え方は真ん中に大粒の球(背も高く花も大きい)を植えて、廻りを普通の球にした・・左は今年の写真で右が去年の植え方。
 色も左から黄、赤、桃、・・




上の写真は今年の花で、意識して並べた訳では無かったのだが、大中小と変化が有って見た目も色鮮やかで気に入った。



               



 これも今年の花なんだが、同一色だけだとカラフルに感じない・・今年の経験と反省から大きさと色はランダムにした。


                    



 自家採取の球はこのプランターと、余っていた鉢などに植え、残りは裏のスペースに植えた・・これは花が咲いたらカットして花瓶にかざろうと思っている。
 今年は去年の倍の球根を購入した・・花の咲きそうも無い小粒は処分しよう。

 来春の事で鬼が笑いそうだが、笑ってもいいのだ、先の楽しみが有るっていいことだ!

 今日は二回目の歴史講座・・さてどんな内容だろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来春収穫の冬菜を移植 | トップ | 日体大相撲部?は存在しない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む