手さぐりブログはじめました!

足の向くまま、気の向くままに!

玉ねぎのとう立ちを減らすには?・・焦らず時季に丁度良い位の苗を移植するって・・

2016-10-15 18:54:14 | 日記




 今日はスカスカだったネギを引っこ抜いて来た・・だけどメーンの畝は残っていて、跡地に何を植えるか決めていないが石灰に肥料と準備万端だ。

 手前のキャベツに次のネギ、そして大根と見た目には家庭菜園としてはまあまあだろう。







 その奥だって準備は整っている・・出来具合は別としてやる気十分だね。

 一応仕事?はしたことにして日帰り温泉に行くことにした・・今日は久し振りに岩室の「よりなれ」に行ってみた・・300円也。
 (何時ものじょんのび館は通常850円で回数券使用で600円・・広いサウナが魅力なんです)
 今日の「よりなれは」空いていて露店風呂(ここだけ温泉)はほぼ貸し切り状態で、サウナは無いが安い分だけ良しとしよう。

 *1、とう立ちの原因を検索すると、植え付け時季が早過ぎた・・人より早ければ良いかと思って植えたのが間違いで、生育が早過ぎたのが原因の一つみたい。
 
 2、
 苗が太ければ植え付け後の根付きと見た目が良いのだが、これも過ぎたるは猶及ばざるが如しだとか。
 (タマネギがトウ立ちする1番の原因は、太く育った大苗が冬の低温にあって花芽を作ってしまうからで、この花芽が育ったものがトウ立ちなんだとか)

 結局、太からず、細からず、を丁度いい時季に植えるってことだ・・何事も焦らずってことか。

 *チューリップだって去年より一か月も早く植えて(一つのプランターだけだが)しまった・・年のせいか?
 健さんの畑だって既にネギが植えて有ったと聞いた・・俺ばっかしでは無いみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貰い物のカボチャ、ただ今熟... | トップ | 何でこうなるの?何年経って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む