手さぐりブログはじめました!

足の向くまま、気の向くままに!

夏の忘れ物

2016-10-12 10:35:53 | 日記




 朝起きて早々と葉っぱの落ちた桜の幹に見えたもの・・アブラゼミでは無いか、そう言えば大分前から留まっていた様だ。

 昨日から一気に肌寒くなって何を着たらいいのか分からない・・ジャンバーを羽織っているけど、それでも寒く感じる。







 アップして撮影したが、きっとセミの足が幹をしっかりと掴んでいるいるのだろう・・生きているとは思わないが凄い根性だ。
 日清戦争中の話らしいが、喇叭手(らっぱしゅ)の”死んでもラッパを離しませんでした”なんて話が伝わっていて、「正露丸」のラッパのマークはここから来ていると言う説が有るのです。

 家族に笑われたが、朝テーブル(炬燵兼用)に布団を掛けた、もちろん電気などは入れないが膝が暖かくていい・・夜なんかひざ掛けなんかで横になると足が飛び出て寒いのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無料(配布予定)のジャガイモ | トップ | 涼しくなったら青虫も見えな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む