手さぐりブログはじめました!

足の向くまま、気の向くままに!

未だに盛りの菜っ葉の隣にナスを植える

2017-05-06 10:05:29 | 日記




 和納の畑を横から撮影・・真ん中の菜っ葉は川流れ菜でまだまだ盛りだ。
 菜っ葉の右の畝にはナスを植え、左の畝にはキュウリを植えようかと思っている。

 この区画には両側に木々が植わっているので隣の区画より畑としては狭い・・土手側の椿は前の耕作者が植えたのだろうが、伐採せずにこのままにしておこう。

 そろり菜っ葉も食べ飽きて来たので、近々倒さなくては・・この畝にはトマトやオクラを予定。
 左の黒マルチには5本のキュウリが植えられるのだが、最盛期には処分に困る位採れる・・実は一人1本有れば足りる。
 何を植えようかと悩むところだが、これが家庭菜園ってもんか?







 勝さんから貰ってここに植えた柿の木・・今年は実を付けてくれるだろうか?
 去年は実を付けたと思ったら大風でほとんど落ちてしまった・・果たして甘いのか渋いのか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑への途中にハコスカとすれ違う | トップ | 今年は貴重なたけのこ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
富有柿 (katsu)
2017-05-06 17:48:33
毎年送ってくれる方に下記メールを送ったことがあります。
「お届けした柿のなえ。言い出せなくて恐縮しています。食べた富有柿の中にたまたま種があったらキープしておきまして、別の柿を食ったらそれにも種があったらキープ。
分けないで柿の種20個位をごちゃ混ぜにして植えまして、一冬超して春になったら予想していなかったのに芽が沢山出てきてしまいました。
近所の人にも面倒なので、それに発芽しても何柿かわからず。一括で富有柿として処理してしまいましたことをお詫び申し上げます。」
従って食ってみなければ・・・・・
渋柿と言うことに・・ (新潟の父ちゃん)
2017-05-07 07:57:01
あはは!やっぱし。
渋柿と言うことにしておきます。
甘ければラッキーと思い、渋ければ「おけさ柿」として渋抜きをして食します。
そんなことよりもまず実をつけて欲しいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む