二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

昔ペンタックスSPというカメラがあった ~フィルムカメラとの別れ(6)

2016年09月19日 | Blog & Photo
ペンタックスSPというカメラが新品で売られていたときのことは、さすがに知らない。いま調べたら、1960年発表、1964年発売だそうである。F1.4の標準レンズ付きで52,000円とはずいぶんリーズナブルなお値段だった(^^♪
ベストセラーになったせいで、現在でも中古市場でまずまず使える個体がお安く見つかる。

わたしが覚えているのは、ペンタックスではME、MXがカメラ店で現役であったころ。
オリンパスからはOM-1につづきOM-2が発売になり、人気を博していた。大学1年か2年のころ、あれこれと迷ったすえ、連写一眼のCMで売りに出されたキヤノンAE-1を買ったのが、写真の世界へのデビューだった。
28ミリF2.8、200ミリF4は、銀座の中古ショップでお古を買った。
木村伊兵衛さんにあこがれ、そのころ暮らしていた東京下町を撮り歩いた。

わたしがSPを買ったのは、じつははるか後年。
臨時収入があったとき、前橋にある中古ショップで、レンズつきで、たしか1万円ほど。スナックへいけば、一晩で飛んでしまうお値段であった。2004年か5年ころであったと思う。
このころ、お古のフィルムカメラを6~7台売ったり買ったりした。



さっき調べてみたら、SPにイルフォードを装填したのは8月15日のこと。約1カ月かかって、36枚を撮りおえたことになる。





こうして眺めてみると、いかにも「往年のカメラ」。
タクマーレンズはスクリューマウントのため、MX、LXなどには装着できない。
M42星雲ともいわれ、汎用性は高いようだが、そろそろ限界値がきているだろう。
わたしの50ミリF1.4は、Yフィルターをつけているのと同じくらい黄変が激しい。









先週高崎のビックカメラへ立ち寄ったとき、XP2をもう一本買っておこうかとためらったが、36枚撮りで1000円以上していたのでやめた(ノД`)


モノクロフィルムとはいっても、カラーネガと同一のプロセスで現像できる。キタムラで一時間待ち、INDEXプリントまでついてくる。
現像はしてもらって、フィルムスキャンする。
やや諧調が「ネムイ」のは、使用期限切れのためだろう。あるいは露出計がわりにつかったキヤノン5Dの設定が、-1/3だったのが原因かな?

フィルムカメラは、カメラマニアなおっさんには愛玩物となる。気が向くと、ときおり空シャッターを切り(その音にしびれる)、巻き上げレバーを操作し(感触に陶然とする)、ピントを合わせて遊ぶ。
ニコンF3はシャッターが故障したけれど、まだNewFM2があり、キヤノンF-1、F-1Nがある。そちらにはカラーネガを使用する。36枚撮りが、冷蔵庫に、6~7本眠っている。
さらに二眼レフがある。


「この秋は、佐渡へでもいこうかな」
先日、佐渡の写真集を紀伊國屋の店頭で眺めていたとき、
「案外穴場だったりするかもしれない・・・カメラ数台を携え、昭和ロマンを訪ね歩くには」な~んて妄想してしまった(^^♪



※mixiアルバム「ペンタックスSPとXP-2(フィルム写真工房特別篇)」はこちら。
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000100681511&owner_id=4279073
(全体に公開)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白萩屋敷 | トップ | 曼珠沙華と近・現代俳句 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。