二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

スナップショットとポートレイトの極意について考える

2017年05月20日 | Blog & Photo
(こういうスナップが撮れると、しばらくのあいだイイ気分にひたれる)


写真術。
その中心に存在するのは、スナップショットという撮影の手法である。アンリ・カルティエ=ブレッソンというフランス、パリ在住の写真家が、小型軽量のバルナック型ライカを使って、たくさんの秀作を世に送り出したことは、写真史に少しでも関心があれば、知らない人はいない。活動を開始したのは1930年代。
しかし、第二次大戦の影響もあって、写真集がまとめられたのはずっと遅く、1952年。
『決定的瞬間』(英題:The Decisive Moment「決定的瞬間」の意、仏原題:Image à la sauvette「逃げ去る映像」の意)が、歴史に刻まれたそのタイトル。

人間は、これによって、新しいまなざしを手に入れたのである。
スナップショットは、動きやまない人びとの活動のある瞬間を、ストップモーションとして切り取り、見る者(鑑賞者)に提示する。
そこからなにを看取するかは、基本的に見る者にゆだねられる。なにを感じ、なにを考えるかは自由だけれど、より深く鑑賞眼を働かせるには、ある程度基礎知識、教養を必要とする。少なくともわたしは、そう思っている。

ゴールデンウィークで、わたしは桐生市に二回、藤岡市に一回、ローライフレックス3.5Fという二眼レフを抱えて(抱えるという表現がぴったり)出かけた。
ブローニーフィルムの現像には、かなり時間がかかる。
ようやくスキャンナップを了えたので、何枚かここにPIC-UPしてみよう♪

トップにあげたのは藤岡市で撮影している。藤が丘という公園は、市民憩いのスポット。藤の名所で、とくに連休中は多くの行楽客で賑わう。



これもそのとき撮影。階段を下りてくる親子連れに、わたしの眼が吸い寄せられた。
お若いママが着ている横縞のシャツに、視神経が反応したのだろう。



突然眼の前にあらわれ、去っていった女性。
黒を基調にした個性的なファッション、赤い口紅が、最新型の小型車みたいで、眼を奪われた。



こちらは桐生市で開催されたふれあい祭りの一こま。
なにを売っていらしたのか、覚えていない。歯科衛生士さんが着用するようなピンクの前掛けとステキな笑顔。ピントは後ろの女性に合っている。



これもふれあい祭り。
くっきりした個性のお二人の若いママがステキだった。自然な表情、しぐさが撮りたかったから、むろんお声はかけていない。シャッターを押した直後、左の女性から「あ、いま写真撮った?」と話しかけられたので、「はい」といって会釈したら「ありがとうございます」といわれた。



さてつぎの二枚は、広い意味でのポートレイト。
男性たちはガードがかたく、撮影しずらいので、「写真を撮らせて下さい」と頼んで立ち止まっていただいた。



帽子をかぶり、サングラスをかけ、赤い自転車に乗っていたとてもファッショナブルなお父さんとは、この場所でカメラ談義(*^-^) 胸からぶら下がっているのは、レンズユニット交換式というユニークな仕様のリコーのGXR。ライカマウントも持っているとおっしゃっていた。



フジのX-T2を持って、埼玉県からスナップを撮りにきていらしたお父さん。
装着レンズはたしか、XF23ミリF2。「ちょっと短すぎて使いにくい。つぎは35ミリのF1.4かF2を買おうと思っている(フジのXシリーズ35ミリは換算50ミリ)」といいながら、撮れたてほやほやの一枚を、この場で見せて下さった。
地元紙のコンテストにでも応募するための作品づくり・・・というわけだ。


レンズ交換のできない二眼レフという、一見とても不自由なこのカメラは、「置きピン」という手法さえ身につければ、スナップに最適なカメラだと、わたしは思っている。アイレベルのファインダーでは、被写体を直視することになる。当然のごとく、警戒心を呼び起こしてしまうのだ。

かつてこう書いたことがある。
《まだたいして撮影はしていないけれど、この二眼レフをネックストラップでさげて、街角に立って現実を眺める。そのときわたしの身体は、他人あるいは被写体からみると、まるで半透明のように静かな気配につつまれている。
通行人はわたしの存在に気がつかないかのように、通過していく。
もう40年も写真を撮っているというのに、二眼レフがもたらすこの静かな気配、なんともいえない静謐感ははじめての経験となる。

わたしの存在に気がつかないかのように・・・キーワードは、たぶん、そこにある。》

はじめて二眼レフヤシカを買ったとき、わたしはすぐに、このことに気が付いた。
一昨年あたりから話題となったV・マイヤーの写真群が、わたしの直観が正しかったことを、じつに見事に実証してくれた♪


■二草庵摘録
http://blog.goo.ne.jp/nikonhp/e/02a7ac05e5fe84f0853a324d281ad2dc
(人物写真の二次使用はかたくお断りいたします)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偽ライカ/ファースト・インプ... | トップ | ソシアル・ランドスケープ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。