二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

涙はとうの昔に枯れている

2016年10月19日 | Blog & Photo
こういう日の丸を見るとギョッとする。
右の文字は「皇威を八紘に輝かす」とでも読むのだろうか? 
無辜の庶民が、こうして兵隊さんを戦地に送り出した。戦地はそのまま、死地でもあったろう。

前橋の住吉町にある小さな私設資料館の展示物。
この周辺では大空襲により、五百数十人の命が奪われた。
戦争の傷跡は、探せばいたるところにある。日本中、いたるところに。
「昭和史」を学ばねば・・・と、この種の資料を見るたび痛感するのは、わたしばかりではあるまい。
ここにお名前をしるした人の生き残りが、ひっそりと下町に暮らしている。そのことを、人に告げることもなく。

涙は・・・涙はとうの昔に枯れている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和の味がなつかしい「食堂... | トップ | 「アサヒカメラ」11月号がエ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。