二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

記憶遺産を旅する

2016年10月11日 | Blog & Photo
何を見ても何かを思い出す」というのは、アーネスト・ヘミングウェイの未発表短編集のタイトル(高見浩訳)。
中身は読んではいないけれど、数年前から、このことばがとても気になるようになった。こういう心的現象は、熟年あるいは老年になった証拠ではないだろうか? 
歳をとるにしたがい、だれしも、記憶遺産がふえていく。

「少しでも若く見られたい、若くありたい」と人びとは願い、そう振る舞う。
「退屈? ボンヤリしているようにみえるからね。そんなことないの。思い出すことが山ほどあるから」といって、ある女性がほほえんだ。
20年前、30年前・・・あるいはもっと昔を、彼女の心は散歩している(^^)/

夕焼けに眼を向けながら、夕焼けなんて見てはいない。
彼女は彼女の「記憶遺産」を旅している。
それは老年の最大の愉しみの一つだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫と踊れば(ポエムNO.2-83) | トップ | ヤシカマットとV・マイヤーの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Blog & Photo」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。