二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

午後の紅茶いかがですか?(ポエムNO.2-93)

2017年03月19日 | 俳句・短歌・詩集
菜の花が風にゆれて
いちめんのいちめんの菜の花が 風にゆれて
畑にいた小鳥たちがパッと
砂利を空に放りあげたように飛び立つ。
谷川俊太郎さんも たぶんこんな
早春の風景に舌つづみを打ったことがあったに違いない。

ぼくはクルマで移動し
利根川のほとりをあとにする。
探し物はデートするためのお金であったり
三角州に流れついた老婆の悲嘆であったり
まだ若かったころの ミニスカートをはいたきみであったりする。
銀のスプーンで ちょっぴりシナモンを振った紅茶をかき混ぜながら

ぼくはきみのなつかしい面影や
もうくたびれてしまった歯ブラシや
四万温泉でなくした財布に挨拶を送る。
「あのう 午後の紅茶いかがですか?」と
あの日のきみが あらたまった
貴婦人のような優雅な声でいう。

そんなシーンもまたたくまに過ぎ去って
五年前 十年前にそのままうずくまっている黄色い帽子をかぶった記憶が
ぼくの隣りに寄り添ってくる。
「あのう 午後の紅茶いかがですか?」
ティーカップの中で菜の花がゆれる ゆれる。
ぼくの眼のふちについた涙を嘲笑うかのように。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴヤへの旅、その準備 | トップ | 『オスマン帝国―イスラム世界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。