二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

D・キーン「百代の過客」とその周辺 ~読書の愉しみ♪

2016年09月17日 | エッセイ・評論(国内)
「百代の過客」がきっかけを与えてくれたので、日本の伝統文学への関心が、ここへきて再燃している。
「百代の過客」ドナルド・キーン
「古池に蛙は飛びこんだか」長谷川櫂
「俳句の世界(発生から現代まで)」小西甚一

この順番で読みはじめ、「古池に蛙は飛びこんだか」のみ読みおえ、他の二冊はまだ最後のページまではたどり着いていない(^^;)

そういう状況ながら、本の感想をちょっと書いておきたくなった。



■「百代の過客」
これはすでにレビューを書いてUPしてある。
キーンさんといえば「源氏物語」の研究家だと、なんとなくわたしは思い込んでいたが、そうではなかった。
本書はたいへんな労作である。文学の香などほとんどない、古文書のたぐいまで眼を通し、的確な批評をつづっている。文学史上有名な“作品”ばかりでなく、うもれてしまった日記など80編を読んで紹介し、感想をつづる。この本の背景には、長いながい、研究者の執念と汗がつまっている。

この労作のおかげで、われわれは伝統文学としての日記を、再認識する。すぐれたものより、無味乾燥と称してもいいようなものの方が、はるかに多い。キーンさんの忍耐強さに脱帽しない読者はいないだろう。
あきらかに、学者としての側面が目立つ。
しかし・・・第一級の批評家の“作品”であることは、見逃すことができない。
D・キーンによる日本人論。あるいは男性論・女性論。そして日本文化論。
それらが渾然一体となって、本書ができあがっている。

日記は紀貫之「土佐日記」からはじまる。
最高傑作は、だれもが認める「おくのほそ道」である。
もっともっと多くのページを、芭蕉論についやしてもらいたかったと考える読者は、わたしだけではないだろう。
芭蕉については「野ざらし紀行」「鹿島詣」「笈の小文」「更科紀行」「おくのほそ道」「嵯峨日記」を取り上げている。
散文と詩の融合という意味で、「おくのほそ道」を、ダンテの「神曲」に比しているあたりは苦笑をさそう。しかし、規模が違いすぎるとはいえ、それほど評価が高い・・・ということだ。
わたしは源氏は苦手なので関連本すら読んだことはないけれど、芭蕉が遺した俳諧とその世界には、若いころから興味をいだいて、いろいろな本を読んできた。
山本健吉さん、安東次男さんの仕事は、その中心は芭蕉におかれていた。
そういう先達の仕事もしっかりと踏まえ、じつに見事に的を射ている。本書は比較文学的な手法の、最高の成果のひとつだろう。

評価:☆☆☆☆☆



■「古池に蛙は飛びこんだか」
本書は発想がとてもユニーク。いままでだれもいわなかったことに、あるいは過去の論争に、一石を投じた書であろう。
ただし、あまりに論旨のくり返しが多い。半分の紙幅があればいえることを、つらつらと書いているのはどうしたことか?
「ああ、またそれですか」
途中で投げ出したくなったが、新聞記事を読むようにすらすら読めたから、読了できた。
・古池に蛙は飛びこんだか
・切れ字「や」について
・一物仕立てと取り合わせ
・田を植えて立去ったのは誰か

このあたりは、ほんとうにおもしろい。
「アハハ、へえ、そうか」と、思わず膝をたたいてしまう。発想の転換がもたらす機知とユーモア。
わたしは現代俳句には関心がないので、俳人としての長谷川さんは、まったく知らない。
だが、エッセイに作風が反映しているとすれば、その俳句的世界と特質を想像することができる。

評価:☆☆☆

■「俳句の世界(発生から現代まで)」
小西甚一さんといえば、高校生のころ、古文の参考書を使った覚えが、かすかにある。
いまウィキペディアを調べたら、つぎの記載があった。
《学者として壮年期に日本学士院賞を受賞したが、同時に大学受験指導普及に熱心で、大学受験ラジオ講座の講師を務めたほか、自ら著した学習参考書『古文研究法』(洛陽社)は単なる参考書を超えた国文学入門書としてファンが多く、ロングセラーとなっている。》

本書は「通史」として連歌、俳諧、俳句の歴史を叙述してある。
大学の先生方がお書きになるこの種の本は、ほとんどその全部がつまらないが、本書は違う。日本文学に関心がある人ならば、途中で投げ出すことは、まずありえない。

小西さんは、「国文学」という閉鎖的な社会の住人ではない。世界的に通用する普遍的な価値観を背景にもった人が書いたから、おもしろいのだ・・・と、わたしは考えてみた。
履歴に《スタンフォード大学客員教授、ハワイ大学高等研究員、アメリカ議会図書館常任学術審議員、プリンストン大学高等研究員》とある(ウィキベディア)。

小西さんの語り口は、いまでも十分魅力的。
「寒雷」同人をしておられたというから、俳句も詠んでいたのだろう。実作者としての感受性が、学者らしくないことばをしばしば吐かせる。裃をぬいで、親しげに俳聖芭蕉を友人あつかいしたり、読者にすり寄ってきたり♪
論の展開はまことに合理的で、明晰な論旨がつらぬかれている。

さっき芭蕉論を読みおえたばかりで、これから第五章「芭蕉以後」にとりかかる。わたしは蕪村と子規を、小西さんがどんな論点から論ずるのか、期待している。本書は俳諧、俳句にことよせた詩論として、見逃すことができない内容も備えている。
とくに、子規と、子規以降の近・現代。
それが衰弱のときなのか、隆盛のときなのか?
「固唾を飲んで見守りたい」というと、大げさかな(笑)。

評価:☆☆☆☆★(4.5)
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草刈りの前後 | トップ | 男の仕事場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。