二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

夕景(ポエムNO.2-84)

2016年10月15日 | 俳句・短歌・詩集
ありふれたコンクリートの突堤から
一人の釣り人が釣り糸をたれている。
永遠のほうへ。
西空で金色の魚が跳ねる 跳ねる。
手がとどかぬ遠い とおい過去に向かって。

キュイキュイ キュイキュイ
極彩色の鳥が空間を引き裂いて鳴き
荘厳な神々の夜がはじまる。
釣り人の眼の縁を移動するオリオン!
やがて 人びとのこころを濡らす雨が降ってくる。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上信電鉄根小屋駅 | トップ | X-T2の少女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。