二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

「バルザックがおもしろい」(藤原書店)がおもしろい!

2017年07月01日 | エッセイ・評論(国内)
先年お亡くなりになったフランス文学者山田登世子さんと、同業者鹿島茂さんの対談3本と往復書簡を収めた軽装本「バルザックがおもしろい」(藤原書店1500円+税)を、まもなく読みおえる。

このお二人は現代日本を代表するバルザシアン、フランス文学に多少とも関心をもっておられる方なら知らない人はいないだろう。
お二人とも翻訳ばかりでなく、すぐれた評論・エッセイを手がけていて、山田さんなら「娼婦 誘惑のディスクール」「モードの帝国」、鹿島さんなら「馬車が買いたい!」「パリ風俗」あたりが代表作。

藤原書店が刊行した《バルザック「人間喜劇」セレクション全13巻別巻2》の「プレ企画」として、バルザシアンお二人がバルザックの魅力について熱く、熱く語った本。

とはいえ、わたしはバルザックは、中短編を5~6冊、長編では「ゴリオ爺さん」しか読んでいない(^^;) 
書庫には長編小説が何冊も寝かせて(?)あるという体たらく。
この1年あまり、フィクション離れ症状がつづき、手にはとってみるものの、さて! と読みはじめることができない。読みはじめたら、夢中になってしまうに違いないのだけどね♪ 
わたし自身おのれの心底がよくわからない。“フィクション離れ”にカツを入れたいのだが、果たしてどうなることか? 
読みたい本、読まねばならない本が、書庫に山積している(ノ_-。)
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩年の思想 ~モンテーニュ... | トップ | ビッグポニー玩具店 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。