二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

撮影が難行苦行だったころ

2017年05月14日 | Blog & Photo
撮影が難行苦行であったころを、このニッカがしのばせてくれる(~o~) 

左がピント用、右が視野確認用の小さな穴。眼鏡をかけているから、非常に見えにくい。
∞マークがあるのは名ばかりの視度補正レバー。

おまけにスローシャッター=1/25以下は作動しないことがわかった(^^;) 
フィルム装填にも失敗し、まるまる1本空送りし、あちゃ〜〜w|;゚ロ゚|w こういう初歩的な失敗はライカM3以来だから、14-5年ぶりだろう。
M4以前のM型も、やっぱり裏蓋が開閉せず、フィルム装填に難がある。
こんな使いにくいバルナック型で路上スナップなんて、神業だねえ、ブレッソンさん♪

いま実戦に投入するというなら、バルナック型には外付けのビューファインダー必須・・・といっておこう。
デジタル時代のデジタルカメラしか知らない人たちには、遠いとおい昔語りにすぎないけれど「(゚ペ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日除けテントがつくり出す空... | トップ | 必須アイテムといえる食品は? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。