二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

やさしい笑顔と出会える町 ~まつり日の前橋を歩く

2016年10月08日 | Blog & Photo
いつものようなパワーが出ないのは、仕事がやや立て込んでいるだけではない。
愛猫テンちゃんが死んでからというもの、足許からときおり虚無感がはいのぼってきて、やる気を殺いでしまうからだ。
しかも、出がけにオリジナルストラップがぷつんと切れて、ローライ3.5Fが磁器タイルの上に落下するというアクシデントまでェェェェ(☍д⁰)
過去には何台も落下させ、高価なカメラを買い替えたこともある。まあ、損傷は少ないから、今回は助かったけど。



これまで、5回6回とまつりのたびに出かけているけれど、当然ながら、その都度、違った人々と、違った雰囲気の写真が撮れる(^^♪
また、今年2016年の撮影ほど、人びとの笑顔が胸に響いたことは、かつてなかった。
悲しいこと、つらいこと、いやなこと・・・そういうものをかいくぐり、かいくぐりしながら、1年が経過する。
くぐり抜けて、まだ傷が癒えないうちに、まつり日がやってくる。元気が出ないので、今年は中止も考えていた。



だけど、やってきてよかった。
撮影についやした時間は、正味2時間ばかりだけれど、
モデルになっていただいた方々から、やさしい・・・やさしい笑顔がもらえた(^ー^)



そういうものが、傷を癒してくれる。
大きくため息をつく。深呼吸しながら大空を仰ぎみて、それから、また歩き出す。ローライのダイキャストボディは、重いけれど、頼り甲斐がある。
使いなれたオリンパスOM-D5と、換算28-84ミリの軽量ズームの取り合わせ。



お声をかけたり、かけられたり。
午後から急ぎの仕事が入っていたので、事務所へ引き上げねばならなかった。
一つのシーンから、つぎのシーンへ。
やさしさって、なんだろう?
手をのばせば届きそうな距離まで、テンちゃんの魂が下りてきている気がする。
たまに、カタンと音がする。振り返って眼で確かめようとすると、なにも・・・な~んにも見えない。
だけど、テンちゃんは、きっとそこにいるのだ。

年1回の秋のまつり日(^^♪
いつまでもめそめそしているわけにはいかないよな。
やさしい笑顔、100万ドルの笑顔を、いつもありがとう、ありがとう。あらためて厚く御礼申し上げます、テンちゃんともども。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そして・・・そしてすべては | トップ | 猫語を話す(?_?) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Blog & Photo」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。