ニコ、酒場で戯言

Always look on the bright side of life.

なべ presents

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

来々軒@幡ヶ谷 「ラーメン+マンボライス」

2013-07-06 00:00:00 | ラーメン(東京)
今日のノス活。
兼 来活。

先日本八幡の来々軒で拝んだ
開店祝いで寄贈された来々軒
ファミリーの鏡。

祖であるとされる浅草来々軒とは
違う、かといって、数多ある傍流とも
違い、上記したようなファミリーツリーを
持つ神田を祖とした来々軒。
アナザー来々軒。

神田のお店はもう無く、台湾人のご主人
トウさんも無くなっている。

その神田“本店”は、戦後すぐの
創業。この幡ヶ谷は昭和41年。

さて、ノステリアスはこのあたりに
して、メニューを眺めると、
さすが、西洋、中華料理と冠した
お店だけあって守備範囲が幅広い。
本八幡も西洋、中華料理とあった
ので、アナザー来々軒の本質は
このスタイルなんだろう。

が、目に飛び込んできたマンボライスの文字。
ふんわりとしたタマゴと刻んだ
チャーシューがライスに乗るまかない
から始まった人気メニュー。

う~、マンボ!
あの踊りが流行った当時につけられた
名前だそうで、実に微笑ましい。

と、ラーメンを待つ間にマンボライスを
ググったら、キタコレ。
神田に、らいらいけんマンボハウス
という店があった。
これだ!!!
と、すでに無いお店だが、
浪漫に浸るのであった。

ちなみにびっぐさんの
ブログにはマンボハウスの記事
あった!さすが!
しかも、マンボライスもあったらしい。

まかない、というのは
この神田時代のものだったに
違いない。

う~、うマンボ!
冗談はさておき、こういう多種扱う
老舗の安定感たるや。
ちょっと味付けが強めだが、
その分食わします。

前回も書いたように神田は、
浅草来々軒の果ての地。
このらいらいけんは関係ないと
知りつつ、スピンオフであったら
楽しいだろうなと妄想をしてみたり
する。





 

 

TEL 03-3466-5503
住所 東京都渋谷区西原2-28-1
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つけめん丸長 桜台店@桜台 「... | TOP | むさしの@九段下 「春菊天そば」 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
マンボ~( ^o^)ノ (お尋ね者♪(--#))
2013-07-06 10:00:13
吊られて(・∀・)

とのさまランニウ汁(=^..^=)ミャー

ヲカン♪o(^-^)oワクワク
Unknown (なべ)
2013-07-07 01:15:57
マンボっていうメニューの料理、
結構あるんですって。時代ね。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics