戦場ヶ原からこんにちは

日光自然博物館がお送りする奥日光の自然情報+αです。

戦場ヶ原コース状況

2017年01月17日 | 自然情報

雪がたくさん積もった戦場ヶ原を歩いてきました!(16日)

今回歩いたのは三本松~赤沼~戦場ヶ原~北戦場~光徳入口~三本松のコースです。

※スタートからゴールまでスタスタ歩いて約4時間かかりましたので、計画をしっかり立て、時間に余裕を持って散策してください。

木道上の積雪は30~40㎝。コース上で木道が見えている場所はありませんでのスノーシューを履いて散策できます!

現在は木道上の雪やトレースで木道の場所は分かりますが柵もそろそろ埋まりそう...

戦場ヶ原内は木道が分かれている場所もありますので隙間に落ちないよう注意が必要です。

少し腰が引けたのは青木橋、小田代橋。左右の柵が埋まり、歩いている高さが柵の上...という状況。

雪の壁がかろうじて橋の場所を教えてくれていますが、落ちないためにも「端」には近づかないようにしましょう!

北戦場~光徳入口までは歩いた人が少なく、トレースも不十分。

今後の積雪によってはトレースも埋まってしまう可能性がありますので、ポールを目印に木道から外れないよう注意が必要です。

散策中、サルにばったり遭遇。

この時期は食べ物が少ないため、餌探しも一苦労のご様子。かろうじて埋まっていないスズタケの葉をムシャムシャ食べていました。

 

― 注意 -

積雪があっても戦場ヶ原内は立ち入り禁止です。雪の下では植物たちが春を待っています。立ち入らないようお願いします。

ご紹介したコースは赤沼~泉門池まで目印となるリボンやポールはありません。現在はトレースがあるため道がわかりますが、

今後の積雪によって道がわからなくなる可能性がありますのでご注意ください。

目印となるリボンやポールがあるコースは下の画像をチェック!

 

(Rin)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり気になる。奥日光の... | トップ | 湯元スノーシューコース一部... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (たか)
2017-01-17 19:23:06
どういう靴が最適かアドバイスをいただければ。
防寒ブーツで行ったことがあるんですが「重い」の一言です。外は寒いけれど、歩くと汗をかきます。どういう服装がベストなんでしょうか。

Unknown (日光自然博物館(Rin))
2017-01-18 09:06:08
たか様 コメントありがとうございます。
靴は重くても暖かいスノーブーツがオススメです。寒くても軽い方が良いのであれば登山靴にスパッツ、または長靴やスニーカーにオーバーシューズを履く方法もあります。
服装は温度調整をしやすいように薄手の服を重ねると良いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL