戦場ヶ原からこんにちは

日光自然博物館がお送りする奥日光の自然情報+αです。

新・山の上からこんにちはvol.211

2017年05月19日 | 新・山の上からこんにちは

こんにちは、日光自然博物館です。

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、
カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

■ 今朝の奥日光は 9℃ (博物館周辺 8:00時点)

今回は、定番コースの湯滝から戦場ヶ原の木道を抜け赤沼に至るコースを歩いてきました。

先週までは中禅寺湖畔のアカヤシオの話題で持ちきりでしたので、今回は戦場ヶ原周辺にも春が訪れていることをお伝えしようと思います。

スタートして数秒、さっそく春を告げる生きものと出会うことができました。

ビロードツリアブ(タチツボスミレで吸蜜中)です!

もふもふとした毛並みと吸蜜のための細長いストロー状の口、ぬいぐるみのように愛らしい姿が、私は大好きです。

 

あるサクラ類には、控えめな真っ白い花が咲いていました。

つるつると光沢のある新芽と相まってとてもきれいで癒されました。

 

さらに、ふと気まぐれに、ある新芽を触ってみるとねばねばっとした手触りの不思議な植物と出会いました。

トウゴクミツバツツジでした!アカヤシオなどと共に栃木県の花に指定されています。

さわってみたからこそ、この植物のいろいろなことを知る手がかりを見つけることができました。五感を使うことは、大切ですね。

まだ花は咲いていませんでしたが、日当たりの良い部分では膨らんだ紫色のつぼみが見られ、満開に咲く姿が待ち遠しいです。

 

他にも、キビタキやウグイスなどの夏鳥のさえずりや、

プルプルとしたゼリーのようなヤマアカガエルの卵(下の写真)など、

春の訪れを知らせる自然のサインはたくさんあります。

これから戦場ヶ原を訪れる方は、春のサイン探しにチャレンジしてみてはいかがですか?(足)

◆ 自然観察会情報 ◆

★「春の中禅寺湖畔ナイトハイク(プレDCイベント)」

 平成29年5月20日(土) 19:00~21:00 〈5月16日(火)締切〉

 前日・当日も申し込みを受け付けています!

 夜の湖畔で何が待つ!?ワクワク夜散歩!

◆ 企画展情報 

★「武田久吉展~日光の山々で躍動した若き日々~」in日光自然博物館

 平成29年4月29日(土)~7月9日(日)(5月まで月曜休館)

 登山家・植物学者であり「尾瀬の父」と呼ばれた武田博士。その原点となった少年時代の日光との関わりを紐解きます。

★「植物画展」in中禅寺湖畔ボートハウス

 平成29年4月29日(土)~7月9日(日)(5月まで水曜休館)

 「花遊びの会」のみなさまが描かれた力作の数々を、ぜひご覧ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この花も、あの花も!(湯ノ... | トップ | 下から上までツツジ三昧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL