毎日スキンケア!

毎日☆お肌のお手入れを意識するためのブログ

30代の半ばあたりから…。

2017-04-25 | 「すきんけあ」のススメ

Tゾーンにできたわずらわしいニキビは、分かりやすいように思春期ニキビという呼ばれ方をしています。15歳前後の思春期の頃は皮脂の分泌量が非常に多く、ホルモンのバランスが不均衡になることが理由で、ニキビができやすくなります。
顔の表面にできると心配になって、ふっと指で触れたくなってしまうのがニキビというものですが、触れることで余計に広がることがあると言われることが多いので、絶対に触れないようにしましょう。
見た目にも嫌な白ニキビはどうしようもなく爪で潰して取りたくなりますが、潰すことが元でそこから雑菌が入り込んで炎症を起こし、ニキビが余計にひどくなる危険性があります。ニキビは触らないようにしましょう。
しわができることは老化現象のひとつの現れです。どうしようもないことだと考えるしかありませんが、今後も若々しさを保ちたいとおっしゃるなら、しわを増やさないように努力しましょう。
ウィンターシーズンにエアコンの効いた部屋の中で長時間過ごしていると、肌が乾いてしまいます。加湿器の力で湿度を上げたり窓を開けて換気をすることで、適切な湿度をキープするようにして、乾燥肌になってしまわないように気を配りましょう。

お風呂に入っている最中に体を闇雲にこすって洗っていることはありませんか?ナイロンタオルを使ってこすり洗いし過ぎると、お肌の防護機能が駄目になるので、保水能力が衰えて乾燥肌に変化してしまうという結末になるのです。
「レモンの汁を顔につけるとシミが無くなる」という噂話をたまに聞きますが、ガセネタです。レモンはメラニンの生成を促す働きを持つので、前にも増してシミが発生しやすくなると言えます。
乾燥季節になると、外気中の水分が減少して湿度がダウンすることになります。エアコンを筆頭とした暖房器具を利用することで、前にも増して乾燥して肌が荒れやすくなるようです。
30代の半ばあたりから、毛穴の開きに頭を悩ませるようになってくるはずです。ビタミンCが含まれた化粧水については、お肌をぎゅっと引き締める作用があるので、毛穴トラブルの解決にぴったりです。
おかしなスキンケアを続けて行ってしまうと、ひどい肌トラブルを起こしてしまいかねません。それぞれの肌に合ったスキンケア用品を使用して肌のコンディションを整えてください。

最近は石けん利用者が少なくなったと言われています。それとは反対に「香りを重要視しているのでボディソープを愛用している。」という人が増えてきているようです。好みの香りの中で入浴すればリラックスすることができます。
強烈な香りのものとか名高い高級ブランドのものなど、数え切れないほどのボディソープが製造されています。保湿力がトップクラスのものを選択すれば、入浴後であっても肌がつっぱりにくくなります。
妊娠していると、ホルモンバランスが乱れて、シミが目立ってきます。出産後しばらくしてホルモンバランスが整えば、シミも目立たなくなりますから、そこまで怖がる必要性はありません。
シミがあると、本当の年齢以上に老いて見られる可能性が高いです。コンシーラーを利用すればきれいに隠れます。それにプラスして上からパウダーをしますと、つるつるとして透明感のある肌に仕上げることができます。
加齢により、肌も抵抗力が低下します。その結果、シミができやすくなると指摘されています。老化対策に取り組んで、多少なりとも肌の老化を遅らせるようにしてほしいですね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そもそもそばかすが多くでき... | TOP | 元から素肌が秘めている力を... »

Recent Entries | 「すきんけあ」のススメ