中学受験 家庭教師 けん・たかくらの部屋

首都圏で中学受験の国語と社会を教えています。

56 転塾の基準はなんですか タケ子さん⑨

2017年04月24日 00時04分20秒 | 日記
おはようございます。けん・たかくらです。

先日、お話しした面白い記事ですね。


【4541132】上位クラスがしんどい

投稿者: 四月病  (ID:yZFZKzjL9.w) 投稿日時:17年 04月 18日 15:53

もしかしたら過去にも同じようなスレがあるかもしれませんが、
最近、気持ちが煮詰まってしまっていて、こちらで聞いていただけたら、と思いました。

Wアカに通っている小4娘がいます。
今回の春期講習から初めて最上位のSSクラスに上がりました。
もちろん本当のゴールは遥か先なのですが、地頭も要領もそれほどよくない娘が、
コツコツ努力してきたことが結果に結びつき、親子でとても喜びました。

ですが、実際に授業が始まると思っていた以上にハードで、娘より、私の方が気持ち的に参っています。

まず、課題がさらに増えました。
それまでも宿題は、習い事や遊ぶ約束などの時価の合間に、
私が計画をたてて何とかこなしてきたのですが、さらに教科書2冊分増えました。

そしてSSのお子さんは漢字などの小テストも満点に近い点数が当たり前なので、
漢字の書き取りも適当にできず、本当にやってもやっても終わらない、といった感じです。
まだ、2つスポーツ系の習い事をやっていて(一つは年度末で引退予定)
クタクタの日も、10時過ぎまで宿題をやらせることになり胸が痛いです。

あと、娘の校舎のSSクラスはメンバーの移動が少なく、不動の少数精鋭といった感じで、
さらに、たまたま女の子の割合が極端に少ないので、娘以外のお子さんがすでに仲良くなっていて、
まったく仲間に入れないようです。

これは、塾は勉強をするところで友達を作りに行くところでない、と話しましたが、
やっぱりそこは9歳なので、ぼっちは寂しいし、居場所がないのが辛いようで、
下のクラスに戻りたいと言い出しました。

私としてはせっかくいただいたチャンスだと思うし、レベルの高い授業は、
娘の力を伸ばしてくれると思うので、このままSSで頑張ってほしいのですが、
課題のことも含めて親子で押しつぶされてしまいそうになっています。

塾版にしなかったのは、いろいろな学習塾に私のような悩みをお持ちの方、
かつて持ったことのある方がいらっしゃるのではないか、と思ったからです。
共感でもお叱りでもよいので、ご意見お願いいたします。


【今日のポイント】

投稿者は悩んでいらっしゃるようなので「面白い」は、ちょっと不謹慎ですかね。
ただ、ここに書かれている早稲アカの宿題の多さは、再三再四、私が述べてきたこと
ですので、これから塾選びの人には参考になると思う。

早稲アカは①四谷の教材、②栄光の教材、③自塾の教材と
とにかく教材の種類が多いんです。
これが宿題の量の多さにつながります。

どうしてこんなに多種類の教材を使うのか?
はっきりした理由はわかりません。
熱さを演出するためなのかな?とも思うのですが、なんかバカっぽいですよね。

これにYTとりましょう。NNとりましょう。週5日通いましょうが加わりますので
消化不良にならずに対応できるのは、Sコースの上半分くらいの子たちだけ
なんじゃないだろうかという気がします。

偏差値という数字をあげて、サピックスが有利だよという話をしてきましたが
数字だけの問題ではなく、中味の点でもそうなんです。

こういうことは、いろいろな塾の子を教えてみて初めて学習できることですので
一般の保護者の方には、なかなかわからないと思う。

熱さとか面倒見の良さとか実態のよくわからない空気みたいなもので
塾選びしない方がよいと思いますね。

続きはまたあらためて。


大量移民をしたスウェーデンの現状

ジャンル:
受験
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 首都圏三大塾合格実... | トップ | 番外編 フランス大統領選挙① »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL