サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

西日対策。意外な成功事例

2017年06月19日 18時25分31秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


YKKAPの目隠し『ウィンバイザー』
アルミ製が一般的ですが、半透明のポリカーボネート製のものもあります。



※メーカーカタログイメージより


明るさを保ったまま、
外からの視線を適度にさえぎる目的で作られた製品です。


今回はこれを日よけ対策として採用してみました。


これは正直少し冒険でした。
というのも、この製品、先にも書きましたが


明るさを保ったまま程よい目隠し


が目的で作られた製品だから。


さて、お客様のご要望は以下の通り。


・西日のまぶしさ低減
・可動ルーバーなど操作する手間のかかるものはNG。
・暗くなるのはNG


・・・
なんとも難しい課題でした。


西日の対策をしながら、
暗くし過ぎるのはNGで、
操作の必要がない(基本つけっぱなし)のもの。


いろいろ探した結果が
ポリカタイプの目隠し設置でした。


西日対策としては弱いんじゃないかなぁと思いながら、お客様にもその点了承いただいたうえでの工事となりました。


結論から言うと
『予想外によい』
ということがわかりました。



その後の様子を伺いにちょっと寄ったところ、
朝も光が入り暗くならず、
夕方の西日は、目隠しポリカパネルが光を拡散させて不快を感じるほどの直射がなくなったとのこと。


もちろん、西日対策としての期待度(どれだけ暗くしたいか)はその人によってマチマチですから、100人が100人ともOKというわけではないと思いますが、状況によって西日対策として提案できる幅が広がりました。


ちなみに写真は撮り忘れ・・・


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LIXILリフォーム用サッ... | トップ | 内窓 和紙調ガラス 違い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL