サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

LIXILリフォーム用サッシ リプラス 

2017年06月16日 20時31分20秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


LIXILが今年3月に発売したリフォーム用サッシリプラス
古い引き違い窓を、外壁、内装を触ることなく90分程度で新しいサッシへ入れ替えることができるカバー工法を採用したサッシです。


先日その施工研修会へ参加してきました。





座学。
熱弁をふるうメーカーH氏。
困ったときはいつもスパーンと回答を出してくれる頼もしい存在。
今日もキレッキレでした


座学の後は実機を使った施工研修。
ポイントとなる点はしっかりと抑えてきました。


今までのカバー工法は基本的に新築用サッシを流用していたので、納まりや見た目にちょっと
(正直言うとちょっとどころではなく)
難があったのですが、リプラスはリフォーム専用枠をということで、納まりも見た目も今までのカバー工法とは比べ物にならないほど向上しているのが最大の特徴。





このリフォーム専用枠という流れは近々業界の主流になるでしょう。
競合メーカーであるY社、S社、それぞれリフォーム専用枠を開発してくることは時間の問題と思われます。
じゃないとまったく勝負にならないほどリフォーム専用枠のメリットは大きい。


やってくれましたねLIXIL。


ただ、断熱目的の場合はまだまだ内窓のほうがコスパがいいので、リプラスが真価を発揮するのは、


①サッシの動きが悪いので根本的に新しい窓へ取り替えたい
②結露をなんとかしたい。
③あったかくしたいが内窓はイヤ。


というシーンになると思います。
何が何でもリプラスがいいよ、というわけでは決してありません。


リフォーム専用枠。
リプラスは今後のサッシリフォームの流れを大きく変える製品になると個人的に感じます。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぱっと取り替え 勝手口ドア | トップ | 西日対策。意外な成功事例 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL