サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

サッシリフォーム 内窓と真空ガラススペーシア

2017年06月14日 19時46分44秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


6月ですが、今日は寒さ対策の内窓工事の現場より。


冬になるとリビングの大きなサッシから隙間風がピューピュー吹き込むのが悩みだったTさま。


こういうときはサッシの取り替えか内窓を設置すると効果てきめん。
いっしょに隣接するダイニング、キッチンのサッシもリフォームすることになりました。


今回は内窓設置と真空ガラススペーシアへの取り替え。


隙間風がつらかったリビングの大きな引き違い窓。
冬になるとカーテンの少しほつれた糸が隙間風でヒューヒュー揺れていたそうです・・・。
次の冬にはもうこんなこともなくなるでしょう。





さらにリビングにある出窓のサッシにも内窓。



そしてキッチン出窓は使い勝手を考慮してガラス交換。
今回も真空ガラススペーシア
ガラス交換の場合、弊社はこれが標準。





ちなみに内窓はYKKAPのプラマードU。
組み込んだ硝子は日本板硝子社のペアマルチスーパークリアS。


このように、内窓とガラスを別のメーカーから仕入れて組み合わせをしているのは魚津市内おそらくウチだけでしょう。
他のサッシリフォームショップの多くは、内窓を完成品で仕入れるのがほとんどだと聞いています。
この場合YKKAPならプラマードUにYKKAP製のガラスが組み込まれてきます。


弊社は内窓、ガラス、それぞれ専門メーカーから、その場にもっとも適した内窓、ガラスをチョイスして弊社で組み合わせています。


手間はかかりますが、その手間は必要な手間であり、逆にその組み合わせを楽しんでいるぐらいです。


内窓組立の手間。
いいものへのこだわり
この二つを天秤にかけた結果、どちらにふれるのか。



その結果が内窓に組み込まれるガラスにも表れているのだと思います。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防音工事 内窓プラスト 12... | トップ | ぱっと取り替え 勝手口ドア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL